【英国のなかの日本】トトロがロンドンで舞台化⁉︎本屋さんFoylesへ寄り道

2021-04-10

IMG_4302

△5日間のスクール・トリップに持っていく本やカードゲームを探しに、本屋さんFoylesへ立ち寄りました。

△1903年創業

△息子が学校に通い始めた頃、音読の宿題として毎日渡されていた懐かしいシリーズ!

「あ、これはお誕生日会にクラスメートからもらったやつ」「みてみて!同じの持ってる!」「ハリーポッター、25周年のアニバーサリー・エディションが出てる」子ども用の本のコーナーに知っているものが増えて、時間の経過と成長を感じます。

もし、今、息子がもっと小さかったら、ペッパ・ピッグとかくまのプーさんとか、機関車トーマスとか、同じイギリスでもまた違うものが見えていたのでしょうか。

△大好きな『不思議の国のアリス』もプラチナ・ジュビリー記念の装丁で。(関連☆【プラチナ・ジュビリー】お祝いムードのロンドンより

△トップ・トランプも色々な種類があります(関連☆【英国のお気に入り】ホリブル・ヒストリーズで楽しむテムズ川クルーズ)。ポータブルのチェスやモノポリーとも悩む・・・!

 

△日本の本も特集されていました!

△宮崎駿監督の『トトロ』はこの秋、ロンドンで舞台化されるそう!

IMG_38431-450x600

△ハイゲート墓地で創始者フォイルズ氏の本の形のお墓に出会いました。(☆【英国のなかのロシア】西にマルクス、東にリトビネンコ!彫刻庭園のようなハイゲート墓地)こうして点と点が線になって、今のロンドンと繋がっていきます。

 

ロンドンの本屋さん関連

まるで宝探し!Daunt Books Marylebone

【イギリスのなかのロシア】〜ロンドン〜シャーロックホームズ博物館、パディントン駅、本屋Waterstones〜

ロシアの本屋さん関連ブログはこちら

【モスクワの本屋】ドム・クニーギ(Московский дом книги 本の家)

【水の都サンクト・ペテルブルク】血の上の救世主教会、ドム・クニーギ、カザン大聖堂

【ロシアの本屋】『霧のなかのはりねずみ』ノルシュテイン氏のサイン本ならМ♡СКВАへ