イギリスはクロテッドクリーム!ロシアは生クリーム⁉︎イギリスとロシアのアイスクリーム事情 2

2021-06-26

家庭でたのしめるアイスクリームでイギリスらしいのは、やっぱりクロテッドクリーム(clotted cream)味。

IMG_4097

クリームティーやアフタヌーンティでお馴染み!ジャムとともにスコーンに添えられているクリームです。

IMG_9722-450x600

△しっかりとしたコクがあって焼き立てふわふわのスコーンによく合います。イギリスの南西部のデボン州とコーンウォール州のクロテッド・クリームが特に有名です。

8502eeb1-e4a4-4cd4-a787-f09cd747fc9f

△コーンウォールでは今年2021年にはG7サミットも開催されました。

IMG_5642

IMG_5649 IMG_5750

IMG_5646 IMG_6003

△コーンウォールは海辺の保養地で、クロテッドクリームそのものはもちろん、クロテッドクリーム味のショートブレッドやファッジ、紅茶など、パッケージも可愛らしくてティータイムに嬉しい美味しいものがたくさん!

IMG_4152

IMG_6416 IMG_6418

△コーンウォールのブランド、ケリーズ(KELLY’S)のアイスクリームも。

息子が通う現地校の今年の修学旅行先はフランスの予定でしたが、コロナの影響でデヴォンへ変更になりました。親元を離れてお友達と共同生活しながら、カヤックやジップライン、アスレチックなど・・・森と海辺で5日間のアドベンチャー!私はクロテッドクリーム味のアイスクリームを食べながらロンドンで待っています。

さて、ロシアらしい定番の味といえば・・・やっぱりプロムビール(生クリーム)味!ミルクともバニラともちょっと違う濃厚さが魅力、もちろんクロテッドクリーム味とも違います。

ロシアで食べたい!アイスクリーム 〜まとめ〜

フィンランドで挑戦したサルミアッキ味(☆【北欧フィンランドのなかのロシア】ヘルシンキの街の真ん中に・・・ロシア皇帝像!?ソ連版ムーミンって?)、故郷の津軽では嶽きみ味(【今日のロシア】嶽きみソフト)・・・その土地ならではの味、気になりますね。