【イギリス国内旅】ストラトフォード=アポン=エイヴォンへシェイクスピア巡礼の旅!そして名物ジャイアント・スコーン

2021-08-12

IMG_8520

イギリスの国民的詩人であり、世界で最も優れた劇作家の一人と称されるウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)の人生を辿ることが出来るストラトフォード=アポン=エイヴォンでの1日。

IMG_8411

夏はバーミンガムスノーヒルからシェイクスピア急行で訪れることもできます。(【イギリス国内旅】運河とスチームエンジン!産業革命で発展したバーミンガム、図書館とシェイクスピア急行

IMG_8460

△シェイクスピアセンターでは、シェイクスピア関連の見どころを網羅した共通券も(Shakespeare Birthplace Trust)。ここで家系図や生涯についての年表などを見てから、隣接している生家へ。

IMG_8461

IMG_8421

IMG_8427 IMG_8429

IMG_8436

IMG_8434

IMG_8440

IMG_8445

IMG_8449

IMG_8457

ここで生まれ、言葉を覚え、文字を学んで、このかまどで焼いたパンを食べて、この床や階段を駆け回り、窓からの景色を眺め、ベッドに横たわって本を読んだり、革手袋職人だったお父様のお手伝いをしたりもしたのかしら・・・子ども時代や家族の時間に想いを馳せます。

IMG_8470

IMG_8521

△つづいて、シェイクスピアの妻アン・ハサウェイの家へ。年上のアンに求婚し、結婚後は3人の子供に恵まれました。

IMG_8525

IMG_8524 IMG_8527

IMG_8529 IMG_8540

IMG_8534

IMG_8543

△ウィリアムのウィルはwill(意志)・・・このノートと筆ペンで書きだしたらずっと言葉にできなかったもやもやも希望の形になりそう。

つづいて、シェイクスピアが晩年を過ごした家ニュー・プレイス。

IMG_8482

△当時のお屋敷は残っていませんが、その敷地にある広いお庭を歩くことができます。

IMG_8492

あちらこちらにシェイクスピアの作品をテーマにした彫刻も

IMG_8489 IMG_8496 

△シェイクスピアの孫娘が住んでいた家では、当時の屋敷をイメージする展示もあります。

IMG_8505

△ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのシェイクスピア劇も堪能できます。スワン・シアターでは、コロナウイルスの影響で開放的な夏の野外劇場が。

IMG_8510 IMG_8511

△時間が合わず観劇できませんでしたが、場外トランク席から・・・

IMG_8512

△イスラエルから贈られた街頭(【イスラエルのなかのロシア】〜まとめ〜

IMG_8565

△シェイクスピアに関連する場所は、市内をまわる乗り降り自由のオープントップのバスツアーも便利。

IMG_8594

△シェイクスピアが眠るホーリー・トリニティ教会

IMG_8571

IMG_8572

△羽ペンを手にするシェイクスピアの胸像

IMG_8575

△家族でここに眠っています。

IMG_8579

△右がシェイクスピアの墓、左が妻のアン・ハサウェイの墓

IMG_8586

IMG_8598

教会はエイヴォン川のほとりにあり、川沿いは美しい緑地や遊歩道が広がっていて市民の憩いの場となっています。世界中からシェイクスピア巡礼の旅に訪れる観光客のため、シェイクスピアを愛するこの小さな街は可愛らしいお土産やさんやカフェ&パブも多く、街歩きも楽しめます。

IMG_8412

IMG_8414

IMG_8599

△子どもたちがチューダーの世界を味わえるTudor World

IMG_8474

IMG_8463 IMG_8467

一年中クリスマスショップではロシアで定番の教会の玉ねぎ屋根のような形のクリスマスツリー飾りやテディベアショップではマトリョーシカ も見つけました。

IMG_8602 IMG_8604

△ジャイアントスコーンで有名なカフェ「ホブソンズ(HOBSONS)」

IMG_8607

△店内の美味しそうなショーケースの上には・・・サモワール⁉︎

IMG_8608 IMG_8611

△イギリスの定番クリームティー(スコーンとクロテッドクリーム&ジャムと紅茶)についているスコーンと比べると・・・この通り!たっぷりクロテッドクリームの挟まったジャイアントスコーン!!

IMG_8615 IMG_8616 

△ストラトフォード=アポン=エイヴォンからロンドン・マリルヴォン駅へは列車で約2時間と少し。車やバスでもアクセスできます。(駅や観光スポットにはスーツケースなど大きな荷物を預ける場所がないためご注意ください)

さて、ロシアが世界に誇る国民的詩人といえば、やはりプーシキンでしょうか!世界でもっとも偉大な文豪といえばイギリスではシェイクスピア、ロシアではドストエフスキー?それともトルストイ?4大悲劇といえばシェイクスピアですが、4大戯曲といえばチェーホフですね。

【モスクワで出逢う偉人シリーズ】〜まとめ〜

モスクワでもシェイクスピアの詩に出会える場所があります。シェイクスピア劇もさまざまな劇場がレパートリーにしています。

【モスクワ通信】新たな一面を発見!モスクワのなかのイギリスをピックアップ