【イギリス国内旅】“リトル・ヴェニス”で川下り、世界遺産!英国国教会の総本山カンタベリー大聖堂

2021-08-08

ドーヴァーからカンタベリーへやってきました。“リトル・ヴェニス”とも称され、チューダー様式の建物と街中を流れる川を手漕ぎボートで川下りするパンティングが楽しめます。

IMG_7992

IMG_7937

IMG_7963

△古く趣ある建物と橋をくぐり抜けていきます・・・朝一番だったので川の透明度は水底がみえるほど!水草が揺れてその間を魚が泳ぎ、水鳥たちがあちらこちらに巣を作っています。

IMG_7958

IMG_7967

IMG_7979

IMG_7986

△ロンドンで満開の美しさを堪能した藤の花。ここで2度目の満開を見られるなんて・・・!

IMG-8877

IMG_7980

△舟の上からお庭が見えたFRANCISCAN GARDENへ

IMG_8015

IMG_8004

 

IMG_8003

IMG_8006

IMG_8017 IMG_8021

IMG_8039

△ユネスコの世界遺産にも登録されている英国国教会の総本山カンタベリー大聖堂へ・・・

IMG_8041

とにかく圧巻のステンドグラスの数々・・・!

IMG_8044

IMG_8055

IMG_8062

△そして、ハリーポッターの世界を思い出させる美しい聖堂の回廊・・・

IMG-8876

△『カンタベリー物語』を書いた“イギリスの詩人の父”ジェフリー・チョーサー像も。

IMG_8083

△幽霊が出る部屋があるというカフェ。イギリスには幽霊が出るといわれる場所がたくさんあります。

IMG_8022 IMG_8023

IMG_8024

IMG_8028 IMG_8030

△川下りで小舟から見えた劇場には、

IMG_8026

IMG_8027

△シェイクスピアに先駆けてエリザベス朝の演劇の基礎を築いた人物とされる劇作家クリストファー・マーロウの像も。映画『恋に落ちたシェイクスピア』を思い出します。『ヘンリー6世』などの作品をシェイクスピアと協力して共著で書き上げたという説もあり・・・その生涯は謎に包まれています。

unnamed-2 unnamed-3

△ショッピングモールの名前にも、マーロウ!ここでも藤の花が満開! 

IMG_8076

△古い城壁に囲まれています。

IMG-8875

IMG_8078

IMG_8085

ちなみに、カンタベリーはロシアのウラジーミルと姉妹都市になっています。

関連

☆ウラジーミルについてはこちら→

☆モスクワにある英国国教会についてはこちら→【モスクワ通信】新たな一面を発見!モスクワのなかのイギリスをピックアップ

☆ロシア正教の総本山はこちら→【ロシア正教】キリル総主教によるクリスマス礼拝に参列!救世主キリスト聖堂へ

☆モスクワ川下りについてはこちら→【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『モスクワ川クルーズへご案内!』

☆ステンドグラスが美しいモスクワの地下鉄駅についてはこちら→☆【メトロに乗って】シリーズ 〜まとめ〜

☆城塞のあるロシアの都市→クレムリン(城塞)のあるロシアの都市 〜まとめ〜