【イギリス国内旅】『007 ロシアより愛をこめて』イアン・フレミングはロイター通信ソ連支局長!ドーヴァーからディール、サンドイッチ・ベイへサイクリング

2021-08-08

ロンドンのセントパンクラス駅から列車で1時間・・・ドーヴァーへ海を見に行きます。よく晴れた日には、フランスが見えるそう。船で海峡を渡れば、憧れのオリエントエクスプレスも待っています。(【英国のなかのロシア】アガサ・クリスティーの記念碑と『オリエント急行殺人事件』

IMG_7777

△列車で1時間も出かけると海が見え森が広がり、あっというまに美しい田園風景と全く違う魅力に溢れた小さな町に出会えるのは島国の日本と同じですね。

IMG_7792

IMG_7787

綺麗な海・・・!風がとっても強く波が高い!昔、ドーヴァー海峡を泳いで横断するTVのバラエティ番組がありましたよね。後ろにはホワイトクリフが見えます。

IMG_7782

△『007 ロシアより愛をこめて』などジェームズ・ボンドが活躍するスパイ小説シリーズのイアン・フレミングゆかりの地でもあります。イギリスで生まれたフレミングは、大手通信社のロイター通信で勤務した際に、支局長としてソビエト連邦時代のモスクワに赴任していました。

IMG_7783

△三日月(クレセント)型の建物や通りも、イギリスで見かけます。ドーヴァー観光は明日のお楽しみにして、今日は列車で小さな町ディールへ。

IMG_7797

△ディールの海を眺める場所に並ぶベンチ。イギリスには、公園や海辺などに可愛らしいベンチが並び、そこにはその場所を愛した人の名前が刻まれています。自分の最も愛した場所に自分の名前を記念したベンチを残し、亡くなった後もそこにまたたくさんの人が腰を下ろして風景を楽しむことができるなんて素敵ですよね。

IMG_7802

△せっかくのお天気なので自転車を借りて海辺をサイクリング!

224a12f5-72fc-43f4-b413-de7c28c1b4b9

IMG_7852

IMG_7856

IMG_7830

△可愛らしい石造りのお城を見つけたので立ち寄ってみることに。English Heritage の会員なら無料です。ディールの町のディール城(DEAL CASTLE)、地方の町にお城があるのも日本みたいです。

IMG_7808 IMG_7813

IMG_7814

△海風を感じながら休憩。ここで、クリームティーをいただきました。

IMG_7841

IMG_7840

IMG_7822

さらにペダルを漕いで・・・サンドイッチ・ベイへ!

IMG_7849

△貝殻を広い、波打ち際で海の音を感じて・・・広い海と空を独り占め!サンドイッチを持参してここでランチもいいかも!?

IMG_7865

△サイクリングの後のアイスクリーム、最高!

IMG_7868

△イギリスならでは!“オイスター”という名前のアイスクリーム。イギリスでは、名物アイスのなまえはもちろん、交通ICカードの名前にもなっているオイスター(関連→“The world is your oyster(世界はあなたの思いのまま)”ロンドンはオイスター!ロシアはトロイカ!)。かつてテムズ川河口でローマ時代から牡蠣がとれたからとか、シェイクスピアの『The Merry Wives of Windsor(ウィンザーの陽気な女房たち)』のなかの台詞“the world’s mine oyster, which I with sword will open.(世界がこの手のなかの真珠貝のようなものならば、剣で開けてみせよう)”に由来する格言“The world is your oyster(世界はあなたの思いのまま)”つまり真珠貝(pearl oyster)から真珠を取り出すように、人生は自らの力で切り開いていくことができる、世界は可能性に満ちているというイメージから来ているとか・・・(☆【イギリス国内旅】ストラトフォード=アポン=エイヴォンへシェイクスピア巡礼の旅!そして名物ジャイアント・スコーン

a6c91be8-a373-49e8-9545-d138540d098a

IMG_7873

△海辺のテラス席でフィッシュ&チップス!やっぱりシーフードが美味しい!明日はドーヴァーの街を散策して、カンタベリーへ向かいます。