世界遺産のキュー王立植物園〜春のアルバム〜ブルーベル!水鳥の赤ちゃん!日本庭園の桜!

2021-05-01

ロンドン南西部にある世界遺産の王立植物園キュー・ガーデンズ (Kew Gardens) へ春を探しに・・・

広大なガーデンにはたくさんのゲートがありますが、今日はLion gateからまずは日本庭園へ向かいます。

IMG_4675

△「グレート パゴダ(Great Pagoda)」と木陰で優雅に羽根繕いをする孔雀。ホランド・ガーデンでも孔雀がいて驚きましたがここにも!

2021-05-15 10.01.36 IMG_4677

IMG_4678

IMG_4682

IMG_4685

IMG_4688

 

桃山時代に建造された京都 西本願寺 勅使門の複製。1910年にロンドンで開催された日英博覧会のために造られました。

IMG_4690

IMG_4693

IMG_4691

IMG_4694

IMG_4697

IMG_4695 IMG_4696

△美しく咲くマグノリア

IMG_4698

IMG_4699

IMG_4700

日本庭園から北へ・・・ブルーベルが群生する森へ。あちらの木陰、こちらの木陰・・・ふんわりと青いヴェールのように咲くブルーベルに誘われるように奥へ。

IMG_4706

IMG_4702

IMG_4705

IMG_4753

IMG_4755

IMG_4762

IMG_4710

△キューガーデンのサイトに登録すると、見頃を迎えたお花の情報が送られてきます。

IMG_4712

IMG_4714

△おまんじゅうのようにぽってりと座って日向ぼっこする水鳥たちに癒されます。

IMG_4716

IMG_4723

IMG_4726

IMG_4728

IMG_4731

△ぴよぴよと可愛らしい声で鳴く赤ちゃんたち連れて歩く水鳥の親子もたくさん見かけました。

IMG_4744

IMG_4743

e23a1ddb-1295-43d5-b977-51a23b6cea6d

△初めてみて驚く植物や街角で見かけて気になっていた木など、名前をチェックして調べることができるのも嬉しい!

IMG_4745

IMG_4749

IMG_4760

IMG_4763

△「チルドレンズ ガーデン(The Children’s Garden)」もとっても素敵!

IMG_4774

IMG_4768

IMG_4769

△アフタヌーンティーも素敵ですね!

IMG_4779

IMG_4783

IMG_4784

IMG_4766

園内最古の建築物キュー パレス(Kew Palace)は、英国王室で最も小さな宮殿です。

IMG_4785

IMG_4786

IMG_4787

IMG_4789

IMG_4795

△薬草園。この宮殿はジョージ3世の療養のために使われていたそうです。

IMG_4794

IMG_4791

IMG_4792

IMG_4800

△アーティストWolfgang Buttressによる巨大な蜂の巣のインスタレーション「ザ ハイブ(The Hive)」

IMG_4801

IMG_4802

△「プリンセス オブ ウェールズ コンサヴァトリー(Princess of Wales Conservatory)」ダイアナ妃の名が冠されています。

IMG_4803

△ロック ガーデン(Rock Garden)

IMG_4805

IMG_4806

IMG_4807

IMG_4810

△「パーム ハウス(Palm House)」

かけあしでのぐるり一周でしたが、さすが世界遺産の王立植物園!見応えがありました。広いガーデン内は、エリアごとに全く違う雰囲気が楽しめ、どの季節に訪れてもそれぞれの美しさを誇っています。訪れるたびに新しい発見と新たな植物との出会いが待っています。立派な日本庭園はもちろん、30本の桜が満開になる「Cherry Walk」など桜の美しい場所、そして「盆栽ガーデン(Bonsai garden )」「民家ハウス(Minka House)」など日本風の名前が付けられた場所も多く驚きました。ガーデン・アフタヌーンティーやピクニックも気持ち良さそう。

IMG_4672 IMG_4673

△ヴィクトリア ゲート(Victoria gate)から最寄りの地下鉄キューガーデン駅までは徒歩約5分。

IMG_4669

ロンドン市内中心部からはovergroundの地下鉄ディストリクトラインで約30分です。(ただ、この列車は信号機トラブルなどでよく遅延してしまいますので要注意!)

IMG_4666

IMG_4667

IMG_4668

IMG_4666

IMG_4667

IMG_4668

秋には日本関連の催しもあるようなので、またぜひゆっくり訪れたいです。

ロシアの植物園についての関連ブログ

【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『日本庭園の桜、満開!』

【ロシアのなかの日本】桜!桜ではない!?春の植物園 2019

【モスクワの植物園】2017都会のオアシス!薬草園

【ヴァイオリン備忘録】植物園のなかのコンサートホール

植物園の周りのレストラン関連ブログ

【モスクワのレストラン】夏はテラス!女優ユリヤ・ヴィソツカヤがプロデュースする«FOOD EMBASSY»

【モスクワで子どもと楽しい!】サマーキャンプ体験!«RIBAMBELLE Green»

【モスクワのレストラン】グルジア料理«Мадам Галифэ»(マダム・ガリフェ) 2017

【モスクワのレストラン】子どもは無料!?ペリメニ専門店 «ЛЕПИН и ВАРИМ»

【モスクワのレストラン】植物園を臨むテラスで過ごすЧАЙХАНА No.1(チャイハナ・ノーメル・アジン)

【モスクワのカフェ】«UPSIDE DOWN CAKE»

【モスクワの植物園】隣接のフラワーショップ«Plantarum»