ロンドンでお花見!ここは日本!?スイスコテージの桜小道

2021-03-30

イギリスに春を知らせる黄水仙のお話(英国に春を告げるDaffodil(黄水仙)!ロシアで春を告げるのは・・・?)、そしてロンドンの桜とロシアの桜のお話(桜満開!イギリスはアーモンドチェリー、ロシアはチェリョームハ)をご紹介しました。イースターホリデーが始まり、ピクニック日和!スイスコテージにまるで日本のような桜並木があると聞いて行ってみました。

IMG_3668

IMG_3675

本当に日本みたい!ロンドンでも公園やお庭で咲くさまざまな種類の桜を楽しめますが、日本のような並木道は珍しいです。ソメイヨシノではないものの、ほんのりピンク色で青空とのコントラストがまさに日本!地下鉄スイスコテージ(Swiss Cottage)駅出口の図書館(the Swiss Cottage Library)から劇場(Hampstead theatre)までの小道です。学校やナーサリーなども多いエリアで、子供たちの笑い声が響き、緑地でピクニックしたりスケードボード場で過ごす人たちも。

IMG_3716

IMG_3717 IMG_3720

ロンドンなのにスイスコテージという名前のついたこのエリアは、1804年に建てられたスイスコテージ駅前の建物“Ye Olde Swiss Cottage”から名付けられたようです。スイスのアルプス地方などでみられるログハウス風の建物(Swiss chalet)をイメージした建物でThe Swiss Tavern→Swiss Inn→Swiss Cottageと少しずつ名前を変えながら親しまれてきました。コロナウイルスが落ち着いたら、パブとしても人気のあるこの建物で美味しいビールが飲めるそうです。

ロンドン関連

ロンドンはチューブ!モスクワの地下鉄はメトロ

ロシアの桜関連

【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『日本庭園の桜、満開!』

【ロシアのなかの日本】桜!桜ではない!?春の植物園 2019

【ロシアのお菓子】春を味わう!ロシアの桜 Черёмухаのケーキ