ビートルズの聖地!?アビーロードの横断歩道と『Back in the U.S.S.R.』赤の広場野外ライブ

2021-03-16

数多くの名曲が世界中の人々に愛され続けているイギリス出身の伝説的ロックバンドThe Beatles(ビートルズ)。ファンにとって聖地のひとつになっているのが傑作アルバム『Abbey Road』のジャケットに使用されているAbbey Road(アビーロード)の横断歩道です。

IMG_2652

IMG_1406

IMG_1399

△スタジオやショップもあるようです。

IMG_1400

IMG_1398

IMG_1414

IMG_1416

IMG_1415

最寄駅にもビートルズにちなんだお土産が・・・!ロシアにもロシア版モノポリーがありましたが、イギリスでもさまざまなイギリス版モノポリーがあるようです。(☆【ロシアのお土産】ロシア版モノポリーで遊んでみよう!

1968年には『Back in the U.S.S.R.』もリリースされました。冷戦時、西側プロパガンダと見なされていたビートルズの楽曲は、ソ連国内で自由に聞くことができませんでした。禁じられていた西側のジャズやロックなどの音源を、使用済みのレントゲンフィルムに焼き付けて製作された”ろっ骨レコード“も残っています。そんななか、私の勤務していたロシア国営国際ラジオ局『ロシアの声』(現在の『ラジオ・スプートニク』、旧『モスクワ放送』)日本語課の伝説のDJ西野肇さんが、担当していた音楽番組でビートルズを流してしまった武勇伝は今も語り継がれています・・・

【今日のロシア】アジア・インサイト ロシア芸術に沸いた街~ウラジオストク~& 人口流失は防げるか~ロシア極東~

【今日のロシア】ソ連カルチャーカルチャー2~バック・トゥ・ザ・USSR!レポート後半

2003年に訪露したポール・マッカトニーが赤の広場で開催した大興奮の野外コンサートには、プーチン大統領も訪れたそうです。