2030年までに電気自動車化をめざすイギリス!街がクリーンなのはロシア!?

2020-10-29

イギリス車といえば、ロールス・ロイス(Rolls-Royce)やベントレー(Bentley)、ランドローバー、 MINI – ミニなど。

IMG-1679

モスクワでもロンドンでも日本車は大人気ですが、ロンドンではロシア車は見かけません。モスクワでわ、タクシーにも使用されよく見かけていた韓国車(Hundai、KIA)や、日本車の Toyota Camryもロンドンではほとんど見かけません。ロシアよりもよく見かける車は・・・電気自動車!

IMG_8530

△充電している車もよく見かけます。イギリスでは2030年までにガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止して、気候変動対策として電気自動車にしていく計画を発表しています。

【モスクワの交通事情】車につけるマークと駐車システム

【モスクワの交通事情】ただいま充電中!電気自動車のカーシェア

IMG_6916

△電動のレンタルサイクルや電動バイクも。

【モスクワの交通事情】快適シティサイクル!モスクワ自転車事情 2018

モスクワ通信『モスクワ散歩の進化系!?街中で人気の乗り物』

 

ヴィーガン発祥の国として多くのレストランやスーパーにヴィーガン表示を見かけたり、街にはたくさんのチャリティーチョップやリサイクル回収BOX・・・イギリスは世界に先駆けてエコ・フレンドリーに取り組んでいます。ただ、先進国イギリスへきて唯一気になったのは、街中のポイ捨てが多く、あちらこちらにゴミがあること・・・!

意外に思われるかもしれませんが、モスクワは街中がとても綺麗に清掃されていて、モスクワ観光に訪れた両親はゴミひとつない地下鉄や建物の外壁の美しさに驚いていました。(☆【モスクワの街角】夏にみかける散水車&清掃車、そして噴水車!?【モスクワの街角】街の手入れ)清掃員の方もたくさん見かけますし、フードコートではちょっと目を離すと食べ終わる前のトレイをてきぱきとお片付けされてしまい「あれ、消えた!?」なんていうことも。(関連☆【ロシアのファーストフード事情】 2017 〜まとめ〜)ロシアでは2017年〜2020年の間にゴミの分別はようやく広がっていっているという印象ですが、(【モスクワの住環境】2017年、ゴミの分別は・・・?)電気バスも走るようになり(☆【モスクワの交通事情】エレクトロブス(電気バス)Электробус!)、エコの文字を見かける機会が増えています。(【モスクワの流行】エコ 2019)エコバッグなども流行してきました。(【モスクワの流行】〜健康志向とオーガニック、そしてエコへ〜