モスクワ通信『ロシアで味わいたい!ビーツいろいろ』

2019-10-23

(ロシア文化フェスティバルblogより)

ロシア料理と言えば・・・ビーツ(свёкла)の赤が美しいスープのボルシチ!‘’食べる血液”とも呼ばれ世界で注目されているスーパーフードのビーツは栄養価が高く、形はカブに似ていますがカブの仲間ではなく、ほうれん草などと同様のアカザ科の野菜で、実だけでなく赤い茎や葉も美味しく頂くことが出来ます。

IMG_2540-600x450

△ロシアのおふくろの味ボルシチ(борщ)は、家庭ごとお店ごとに違う美味しさなので、ぜひいろいろ味わいたい!

IMG_5608-600x450

△“冷たいボルシチ”とも呼ばれている夏の人気スープ、スヴェコリニク(свекольник)。スメタナを混ぜたビーツのピンク色が綺麗!

IMG_8047

△角切りにしたビーツとジャガイモや人参等の野菜を塩やオイルでシンプルに混ぜたヴィネグレット(винегрет)や、

IMG_2538-600x450

△ビーツの毛皮を着せてケーキのように重ねた伝統サラダの“毛皮を着たニシン”(селёдка под шубой)は、どちらもソ連時代から食堂の定番サラダです。

D8C94DCF-8CAB-4E4B-8F1D-65B7113957A7-450x600

△ビーツはサラダはもちろんジュースなど生でも食べることが出来ます。ロシアの野菜ジュースにはやっぱりビーツ!優しい甘さが特徴です。

7ef211aba1c4e3cfc20f465c0f9fe0f3-600x449

△ロシアの人気ファーストフードのひとつ“ロシア風クレープのブリヌイ”のお店でも、ビーツの赤いソースが印象的なИлья Муромец(イリヤ・ムロメツ:ロシアの勇者の名前)は昔からの看板メニュー。

2FD0583A-5AF0-4EE9-B71A-0AF5D1834861-450x600

△ちいさな角切りビーツと香ばしい胡桃がごろごろ入っているビーツ・パンもありますし、

IMG_7542

△ひまわり油で揚げただけ!素材そのものの旨味を生かしたビーツ・チップスはお土産にも喜ばれそう。

IMG_7831

IMG_7919

△もちろん、ロシアのスーパーではどこでも生ビーツや茹でビーツが必ず売られていますし、

IMG_3035-450x600

△郊外の菜園つきの別荘ダーチャで収穫した新鮮ビーツをロシア人にいただくことも。

A779BF3E-DBF2-48DF-B503-05D8A44DB53E-450x600

A6F1BBD7-4C71-422E-AA2B-0488AA4A0C4E-450x600

△今流行のお洒落なレストランでは、凍ったビーツをサラダに乗せてくださる“ビーツの雪のサラダ”なんていうメニューも!
IMG_E8607

△2019年に登場したボルシチ・ラーメンは、日本×ロシアの新しい魅力!

モスクワへいらしたらぜひ新鮮で美味しいビーツを満喫してくださいね!