【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『Мумий Тролль(ムミー・トローリ)のミュージック・バー』

2019-03-08

IMG_9838

ウラジオストクで1983年に結成された人気ロックバンド Мумий Тролль(ムミー・トローリ)のミュージック・バー。トヴェルスカヤ通りの一等地にあります。ロシアのロック・ミュージック界に新たな一時代を築いたレジェンドのひとりと言われています。バンド名はフィンランドの作家トーベ・ヤンソンの『ムーミン・トロール』をもじって名付けられたそうです。

IMG_9842

IMG_9843

IMG_9845

△店内はこれまでリリースされた曲や各国でのライブでの映像、記念写真などムミー・トローリのミュージアムのようで、ファンにとっての聖地になっています。ムミー・トローリが活躍しはじめた頃、とにかくその斬新さは際立っていたそうです。まだウラジオストクが閉鎖都市だったころ、ラジオでソ連では知られていなかったヘヴィ・メタルなどの外国の音楽を聴き、刺激を受けたとインタビューで語っていました。

IMG_9839

IMG_9844

△大きなタラバ蟹が!出身地ウラジオストクを中心に極東シーフード料理が24時間楽しめるのが自慢です。

IMG_9853

IMG_9854

△デザートのアイスクリームもホタテの貝の上に・・・!

IMG_9847

△日本を紹介する広報誌『Япония(日本)』の2018年春号が各テーブルに置かれていました。リーダーのイリヤ・ラグチェンコさんのロング・インタビューが掲載されています。初来日は16年以上も前で、北海道のロックフェスティバルに参加しました。代表作を函館大学の学生が翻訳し、日本語で歌ったのだそうです。その後も日本のミュージシャンとの交流はつづき、2017年には単独来日公演。

unnamed

さらに彼が日本のロック界の父と称するX JAPANのリーダーYOSHIKIさんとは長い親交があり、2018年には日露交流年の枠内で、X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』がロシアで劇場公開される際に、ムミー・トローリの映画『SOS Матросу』と同時上映されて話題になりました。YOSHIKIさんと一緒に曲を書いてみたい!きっと若い世代にも相互理解を深める興味深い試みになるのではともインタビューで答えていらっしゃいました。

△ヒット曲  『Владивосток 2000』(ウラジオストク2000)

レストランで友人から聞いた話によると、イリヤ・ラグチェンコさんのお祖父様は、1950年代後半のニキータ・フルシチョフの時代に沢山建てられたフルシチョフカと呼ばれる建築様式のプロジェクトを進めた有名な建築家のひとりだそう。フルシチョフカの特徴は、5階建てくらいの小さなアパートで、低予算のため安価なコンクリートブロックが使われており(煉瓦は高級だったため)、エレベーターはありません。モスクワを中心に改装工事が進められ、今ではあまり見かけなくなってきたけれど・・・と写真を見せてもらいました。

Мумий Тролль公式サイト https://www.mumiytroll.com/

«Мумий Тролль Music Bar» mumiytrollbar.com/

住所 Tverskaya St, 7, Moskva