モスクワ通信『日本庭園の桜、満開!』

2018-05-07

日本ではGWですが、ロシアも春の連休を迎えております。

モスクワには2つの植物園があり、中心部の日本国大使館の近くにモスクワ大学付属の薬草園が、また北部にロシア科学アカデミー付属の本園があり、そのなかにある日本庭園では、ちょうど桜が見頃を迎えております!

スクリーンショット 2018-05-02 22.46.52

△日本庭園の入り口は、ロシア人の大行列!連休最終日にはなんと1時間半待ちでした。植物園は無料ですが、日本庭園へは入場料(大人300ルーブル)が必要です。冬期は休業で、5月から9月まで訪れることが出来ます。

スクリーンショット 2018-05-02 22.47.01

△待ち時間に石庭で遊ぶ子どもたち

スクリーンショット 2018-05-02 22.47.08

△入り口の脇に咲く桜の下でお花見を楽しむ姿は、まるで日本にいるよう。

スクリーンショット 2018-05-02 22.48.29

△1987年7月10日に開かれたロシア初の本格的な日本庭園。造園は(株)中島総合庭園研究室の中島健氏、設計は建築家の足立丈夫氏、茶室や東屋、橋などは渡辺富工務店の指揮によりソ連の学生たちの協力によって作らたそうです。

スクリーンショット 2018-05-02 22.47.44

△園内は、池泉回遊式の庭園になっています。100種類以上の日本の植物が北海道から運ばれたそうです。

スクリーンショット 2018-05-02 22.50.18

 

△雪見灯籠や十三層塔があり、茶室では茶会が催されることもあります。

スクリーンショット 2018-05-02 22.49.22

△こちらは1986年に当時の安倍晋太郎総理によって植樹されたロシアで初めての桜の木。

 

スクリーンショット 2018-05-02 22.49.47

△そしてこちらは、2013年に安倍晋三総理によって植樹された桜の木。

 

スクリーンショット 2018-05-06 1.43.17

△70年代にモスクワに日本庭園を創設することを発案したソ連科学アカデミー会員ラピン氏と当時の重光晶大使の記念碑。

スクリーンショット 2018-05-02 22.52.28 スクリーンショット 2018-05-02 22.51.40

スクリーンショット 2018-05-06 1.46.17

 

新緑と白樺のコントラストが美しい植物園内では、日本庭園以外の場所でもところどころで桜を見かけました。ピクニックを楽しんだり、ローラースケートやサイクリングを楽しんだり、みんな待ちに待った温かな春の日光を堪能して過ごしていました。

スクリーンショット 2018-05-02 22.55.39

スクリーンショット 2018-05-02 22.55.58

 

さて、モスクワ市内中心部では、今さまざまな場所で満開の桜をイメージした演出で街が彩られています。

スクリーンショット 2018-05-06 23.50.48

また、春のウィンドーディスプレイやポスターにも、桜をあしらったものが増えています。

スクリーンショット 2018-05-02 22.58.15

ロシアでも日本のように“春は桜“が定着していくのでしょうか・・・!

http://www.gbsad.ru