【今日のロシア】ロシアの書店でみかける日本の本は?

2014-03-09

私も息子も大好きな『ぐりとぐら』の誕生50周年展に行ってきました。姉の中川李枝子さんが物語を、妹の山脇百合子さんが挿絵を、姉妹で創り出すほのぼのした世界は昔から憧れそのもの。

photo:02

ぐりとぐらを読むと、必ず食べたくなるカステラ(あるいはホットケーキ)。

世界で翻訳され親しまれているぐりとぐら、各国語の絵本も展示されていましたが、英語、デンマーク語、エスペラント、中国語、朝鮮語、フランス語、タイ語、オランダ語、クメール語、スペイン語の10言語で、まだロシア語はないようでしたひらめき電球

日本の絵本では、どんなものが翻訳されているのでしょうか。

日本人作家ですと、村上春樹さんの著書は大人気で特設コーナーを見かけたりします。

IMG_0022122-thumb

△左から村上春樹さん『ねじまき鳥クロニクル』、ハリーポッター、星の王子様

ロシアの声のレーヴィン日本語課長は、黒柳徹子さんの『窓ぎわのトットちゃん』や松本清張シリーズ、晩年には藤沢周さんの作品を翻訳し、私の帰国の際にサイン入りでプレゼントしてくださいました。

IMG_002127-thumb o0146024012370360096

△藤沢周さん           △黒柳徹子さん

iPhoneからの投稿

カテゴリー: 今日のロシア