【今日のロシア】ワールドデリカテッセン日進

2013-02-11

日本でロシア料理を作るとき…困るのがその材料ですよね(^^)

photo:04

大きなスーパーなら国産の生ビーツや缶詰めビーツ(まるごと&スライス)、ハーブのディルやサワークリームは手に入るようになりましたが、意外と困るのが、生ニシンひらめき電球加熱用はあるのですが、塩漬けや酢漬けにできる生食用はあまりないんです!

photo:05

▲こちらはカナダ製の瓶詰め。玉ねぎやディルも入っていて便利ひらめき電球

缶詰めや瓶詰めの加工ニシンでさえ、スーパーにもデパ地下にも意外とありません!
(アンチョビや燻製ニシンはあり)

photo:01

▲日進のお買い物袋。ロシア大使館も近いのでよく大使館員も訪れています。

都内を探してみたところ、
IKEAさんでスウェーデン製瓶詰めが、
コストコさんでカナダ製、
そして、ロシア人の知人によると
ワールドデリカテッセン日進さんに、
ついにロシア製が!

photo:02

▲ニシンのオイル漬け
表示もロシア語!

photo:03

▲ニシンのディルゼリー漬け

ほかにもロシア食材はないかな?と
探してみたところ…

photo:06

隣に懐かしいВЕРЕСさんの瓶詰めを発見!
ナスやキノコ、ズッキーニなどを
煮込んだもので、
パスタソースやラタトゥイユに
よくつかってました(^^)
http://www.veresfood.com/

photo:07

こんなお手軽ボルシチの素も発見!!

photo:08

ロシアのビールБАЛТИКАもあり!
1~9番まで種類があるのですが、
3番クラシックなお味と、
9番アルコールが強いものがありました。

珍しい食材が多くて、
歩いているだけで楽しいです。

iPhoneからの投稿