【今日のロシア】『ナンジャモンジャ』日本語版、発売

2016-05-01

ロシアのカードゲーム『ナンジャモンジャ(Toddles-Bobbles)(Головоноги)』の日本語版が、すごろくやから発売されるそうです。(以下、すごろくやさんHP、“Table Games in the World”さんより転載)

メーカー: Простые Правила(Simple Rules)
発行元: студия дизайна ≪ARTU≫ (デザインスタジオARTU)
作者: Лебедева Алёна (レベデワ・アリョーナ), 発行年: 2015年(初版2010年)
4才~大人, 2~6人用, 所要15分, ルール難度:★ (1)

スクリーンショット 2016-05-04 17.04.01

 

 

スクリーンショット 2016-05-04 17.04.11

『ナンジャモンジャ』は、頭と手足だけの謎生物“ナンジャモンジャ”族12種類のカードが中央の場に次々とめくられるたびに、思い付きの名前を与え、後で同じものが出たら、その名前をいち早く叫ぶことで場のカードを獲得し、集めた枚数を競うゲームです。

ナンジャモンジャ:展示用写真

大きな頭に手足が生えた“ナンジャモンジャ”族は、なんでもかんでもすぐに忘れてしまいます。彼らに新しい名前を付けてあげましょう。

1人ずつ代わりばんこに、山札からカードを1枚ずつめくっていきます。
もし、現れたのが初めて見るナンジャモンジャだったら、ふさわしい名前を付けて全員で覚えます。「とんがりくん」「サマンサ」など、思い付きで、何でも構いません。

もし現れたのが以前に名付けられたナンジャモンジャだったら、いち早くその名前を叫びます。いちばん先に叫べた人がごほうびとして、それまでめくられたカードをもらいます。

こうしてゲームを続けていき、山札が尽きたらゲーム終了。集めた枚数がいちばん多い人が勝ちです。
任意選択式ルールとして、全員の獲得ナンジャモンジャを見比べたり、ペナルティーが発生したりするルールを混ぜると、より高度に遊べます。

ナンジャモンジャ・ミドリ:箱 ナンジャモンジャ・シロ:箱 ナンジャモンジャ・ペアセット:箱

△「ナンジャモンジャ・シロ」と「ナンジャモンジャ・ミドリ」(各1296円)、そして両方がセットになって12人まで遊べる「ナンジャモンジャ・ペアセット」(2592円)の3セットが同時発売されます。 

すごろくやさんのここがオススメ: おかしな名前を付けたり、最初のうちに「簡単」と侮っていたら途中でまったく思い出せなくなったりと、笑いが絶えずに盛り上がるゲームです。手軽に遊べる、子供から大人まで幅広い年齢層向けとして超おすすめです。 

すごろくやさん店内ではサンプルもご覧いただけるそうです。

 

 

スクリーンショット 2016-05-04 17.20.25

 

△ロシア語は2010年に発売。これまで数万個を売り上げたそうです。想像力や認知力を養う知育玩具としても効果的であるとして、ロシアの児童心理学者による推薦も受けている。

 

 

2015年末にはテレビ朝日の深夜テレビ番組『ガムシャラ!』のなかでジャニーズJr.の皆さんがプレイする様子が放送され、ますます人気が高くなり、いよいよ日本語版が発売されることになったようです。

 

必要なのは・・・ネーミングセンス!?それとも反射神経でしょうか!?

 

☆ロシアの子どもたちが実際に遊んでいるホームビデオ?なんだか楽しそう!

☆YouTubeでおもちゃの遊び方を紹介した動画

 

 

カテゴリー: 今日のロシア