【ロシアナの本棚】【ロシアナ映画館】『戦争と平和(Война и мир)』

2020-05-22

ここしばらく、レフ・トルストイの長編小説『戦争と平和(Война и мир)』の世界に飛び込んでいます。世界で最も優れた小説として挙げられることも多く、また最後にやっぱりこの1冊と愛読書にしているロシア通の方も多い作品です。

IMG_6785

映画版もまた素晴らしく、何度かブログでもご紹介したロシアの映画配信サイトivi.ruでは無料でご覧いただけます。(【モスクワの新型コロナウイルス対策】あなたの家が映画館に!オンライン映画ならivi.ru)(戦争と平和(Война и мир)はこちら)

война и мир

△『戦争と平和(Война и мир)』1965年ソ連映画版 セルゲイ・ボンダルチュク(Сергей Бондарчук)監督。ロシアでなければ感じられない風景や味わえない生活の様子、醸し出せないロシア人の雰囲気や表情など、何をとってもやはり“本物”で見応えがありました。今も変わらぬクレムリンや聖堂の前を馬車が走り、今は美術館や博物館として公開されている宮殿の中で晩餐会やダンスパーティが催され、展望台になっている雀が丘から馬に乗ったナポレオンがモスクワを眼下に見る・・・モスクワやペテルブルクのかつての情景が丁寧に再現されていてどのシーンも目が離せません。撮影のためにロケットも飛ばしたという伝説が残っていますが、ソ連が国を挙げて取り組んだ戦争シーンも大規模で圧倒されます。監督・脚本・主演のボンダルチュク監督の並々ならぬ情熱も感じましたし、ナターシャ役のリュドミラ・サヴェリエワ(Людмила Савельева)にも終始うっとりでした。この作品からソ連の銀幕のヒロインとなるサヴェリエワは、まさにナターシャそのもの・・・!

国と国の間の戦争はもちろん、人と人の間でも、複雑にからみあった関係性が赦し合うことで心のなかに平和を導くシーンが繰り返し何度も描かれているのが心に残りました。

Война_и_мир_2016 sensoutoheiwa._AC_

△『戦争と平和 War&Peace』2016年イギリスBBCドラマ版。オンラインでは、ivi.ruやAmazon videoなどで有料でご覧いただけます。NHKでも放映されて好評を博しました。イギリスBBCが2年の歳月をかけて壮大なスケールでドラマ化した自信作とあって、引き込まれました。ドラマなので映像やモチーフはより印象的に描かれ、全編にわたる戦争の目を背けたくなるような辛いシーンも迫力とスピードのある展開でしっかり表現されています。登場人物の多さもよく指摘される『戦争と平和』ですが、確かな演技力のある俳優たちがその個性的な登場人物たちに息を吹き込み魅了します。喜怒哀楽を抱えながら生き生きと人生を歩んでいく複雑に絡み合った人間関係の中を、まるで一筋の清流のように美しいラブストーリーが紡がれていきます。主人公ピエールはトルストイ自身が投影されていると言われていますが、一見して全く似ていないピエール役のポール・ダノの姿にラストシーンでトルストイが重なってみえました。

(※英BBCでは、1972年にも日本未公開のTVドラマシリーズが制作されており、アンソニー・ホプキンスが主演しているそうです。)

War_and_Peace_poster

△『戦争と平和』1956年 アメリカ・イタリア合作映画 King Vidor (Кинг Видор)監督

主演はオードリー・ヘプパーン(Одри Хепбёрн)!ハリウッドの人気女優として輝かしい活躍見せていたヘプバーンにとって、初のカラー・ワイドスクリーン作品への出演で、英国アカデミー賞と米国ゴールデングローブ賞にノミネートしました。1954年の舞台共演後に結婚した夫のメル・ファーラー(Мел Феррер)との競演ということも大きな話題になり、ヘプバーン本人にとっても特別な作品と紹介されていました。ナターシャとピエール、アンドレイの3人の物語をトルストイの舞台設定や台詞のエッセンスをもとにして、ハリウッドらしいエンターテインメント作品に仕上がっています。オードリーの美しさはもちろん、ハリウッドが『戦争と平和』をプロデュースするとこうなるのね・・・!という楽しみ方もできます。

ソ連映画版と英BBCドラマ版ではそれぞれ演出の違いもあり、心に残る台詞も多くて、原作ではどのように書かれているのか、いよいよ改めてまた本も読まなければと思っております。

長引くステイホームを乗り切るコツのひとつは、いつもより時間をかけてお料理したり、夕立の後の虹を発見したりと、生活のなかにちいさな幸せを見つけること。そしてもうひとつは、もしかしたら逆に、偉大すぎる芸術作品のなかに飛び込んでしまうこと、かもしれません。

自宅での巣ごもり生活を思いだすたびに、『戦争と平和』の感動を思い出せたらなと思っています。

関連

【モスクワで出逢う偉人シリーズ】文豪トルストイ