【英国のなかのロシア】劇場で踊りつづけるバレリーナ!黄金のアンナ・パブロワ像

2021-09-04

(2021.4) ロンドンのヴィクトリア ・ パレス劇場(Victoria Palace Theatre)では、金色に輝き華麗に踊るロシアのパレリーナ、アンナ・パブロワ(Анна Павлова)像を見ることができます。

IMG_4256

アンナ・パブロワは、サンクトペテルブルクで生まれ、マリインスキー劇場の看板バレリーナとして活躍しました。当時、大興行主セルゲイ・ディアギレフが創設したバレエ・リュスが20世紀ヨーロッパを席巻し、ロシア文化が芸術家たちを熱狂させましたが、その象徴的な存在となったダンサーが、このアンナ・パヴロワとヴァーツラフ・ニジンスキーでした。そのキャリアのなかで海外での公演に魅力を感じるようになったパヴロワは、1911年には自らのバレエ団パヴロワ・カンパニー (Pavlova Company) を作って、翌年1912年にロンドンに移住。イギリスを中心に世界を巡演して夢を叶えました。1922年 には、日本公演でも大成功を収め、日本にバレエを普及するきっかけを作りました。この公演を鑑賞した芥川龍之介も『露西亜舞踊の印象』のなかでその感激を記しています。

ロンドンではこのヴィクトリア ・ パレス劇場でデビューしたことを記念して銅像が設置されたのだそうです。

IMG_4257

特に知られているのはアンナ・パヴロワのために作られた『瀕死の白鳥』 (英語: The Dying Swan、ロシア語: Умирающий лебедь)という約4分の小品です。カミーユ・サン=サーンスの組曲『動物の謝肉祭』の第13曲『白鳥』にミハイル・フォーキンが振付をしたものです。 

IMG_4258

IMG_4261

『パブロワ』の名がついたバーもあるようなので、劇場が再開したらぜひ足を運んでみたいです。この劇場では以前、映画でも大人気だった『Billy Elliot( 邦題:リトル・ダンサー)』のミュージカル版が上演されてロングランヒットとなっていました。パブロワが舞うこの劇場で踊ることができたら・・・ビリー役の少年たちも夢が膨らみますね。

IMG_4255

劇場の前には、ビック・ベンならぬリトル・ベンも置かれていました。(関連☆ただいま改装中【英国のお気に入り】イギリスで一家に一本!?HPソースの限定ラベルとバーコウ前下院議長☆蜂たちのビックベンくまのプーさんに会える!ハリーポッターの爬虫類館がある!ロンドン動物園) 

海外巡演を通してロシアのバレエの美しさを世界の人に届けたアンナ・パヴロワの名前は、今はデザートととしても残っています。オーストラリア生まれと言われていますが、ロシアでも、イギリスでも、そして世界の都市で見かけます。

ロシア&世界で出会ったデザート“パヴロワ”関連ブログ

 【モスクワのレストラン】夏はテラス!女優ユリヤ・ヴィソツカヤがプロデュースする«FOOD EMBASSY»

 ☆【旧ソ連圏 バルト3国 エストニアのなかのロシア】海辺のチャイコフスキーのベンチとハープサルの想い出

 ☆【旧ソ連圏 バルト3国 ラトヴィアのなかのロシア】歴史を反映した建築巡りで楽しむ!首都リガの旧市街&運河沿い

ではここからさらに、ロンドンの北へ、アンナ・パヴロワの暮らしていた家を訪れてみましょう!

 

関連

【ロンドンで出逢う偉人シリーズ】バレリーナのアンナ・パヴロワ