【モスクワのなかの英国】実はロシアにもいる・・・名探偵シャーロック・ホームズ!そして、英国大使館の詩の小道

2021-01-13

 イギリスといえば、名探偵シャーロック・ホームズ!ロンドンにはシャーロック・ホームズの博物館もありますし、本や映画、ドラマなどの舞台となった場所を訪ねたり、著者アーサー・コナン・ドイルゆかりの場所を巡るのもファンにとっては楽しみのひとつです。

2021-01-13 23.01.41

△2010年から放送されている英BBCの人気ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』

IMG_88693-600x450

△シャーロック・ホームズ博物館のあるBAKER STREET(関連☆モスクワの地下鉄はメトロ、ロンドンはチューブ!

さて、そんなシャーロック・ホームズ、実はロシアのモスクワにもいるんです!

unnamed

△煙草を呑みながら事件を推理するホームズと、横でメモを取るワトソンの銅像。

IMG_9484

ふたりの間に腰掛けて、ワトソンのメモ帳に触れると願いが叶うと言われているそうで、ベンチのワトソンの隣とメモ帳を持つ左手がピカピカ光っていました。

IMG_9485

△一方、ホームズのパイプに触れるとトラブルに巻き込まれるので要注意!?

IMG_9488

ホームズ&ワトソンの銅像がひっそりと置かれているのは、在ロシア英国大使館の建物(左手前)の白い塀の前の小さな緑地です。目の前は、モスクワ 川に面するスモレンスカヤ・ナベレジナヤ通り。

IMG_9489

IMG_9494

IMG_9491

IMG_9493

IMG_9476

IMG_9471

△モスクワ川クルーズの遊覧船が行き来して(関連☆【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『モスクワ川クルーズへご案内!』)、遠くにモスクワ・シティが見えます。

IMG_9544

IMG_9542 IMG_9537

そして、この銅像から正面エントランスへ続く塀は、イギリスとロシアの詩人や作家たちの作品の豪華競演になっていて、この小さな詩の小道はもうひとつの見所になっています。

IMG_9514

△白い塀に一定の間隔で埋め込まれた金色のプレート。イギリスとロシアの詩人による作品が交互に並んでいます。

IMG_9536 IMG_9538

△英国を代表する作家のWilliam Shakesepeareは、英語とロシア語の両方で紹介されていました。

IMG_9509 IMG_9510

△英国のT.S.Eliotとロシアのプーシキン(☆【モスクワで出逢う偉人シリーズ】国民的詩人プーシキン

IMG_9511 IMG_9512

△英国のWilliam Wordsworthとロシアのエセーニン

IMG_9513 IMG_9515

△英国のJohn Miltonとロシアのデルジャヴィン

IMG_9516 IMG_9517

△英国のDylan Thomasとロシアのブローク

IMG_9518 IMG_9519

△英国のW H.Audenとロシアのチュッチェフ

IMG_9520 IMG_9521

△英国のGeorge Gordon, Lord Byronとロシアのヴィソツキー

IMG_9522 IMG_9523

△英国のCarol Lumensとロシアのパステルナーク

IMG_9524 IMG_9525

△英国のWilfred Owenとロシアのアフマートワ

IMG_9526 IMG_9527

△英国のGeoffrey Hillとロシアのマンデリシュターム

IMG_9528 IMG_9529

△英国のAphra Behnとロシアのツヴェターエワ

IMG_9530 IMG_9531

△英国のRobert Burnsとロシアのレールモントフ

IMG_9532 IMG_9533

△英国のJohn Keatsとロシアのオクジャワ

IMG_9534 IMG_9535

△英国のRudyard Kiplingとロシアのネクラソフ

IMG_9539IMG_9540IMG_9541

△英国のPhilip Larkin、ロシアのタルコフスキー、英国のTed Huges

さて、あなたは何人知っていたでしょうか・・・?私はロシアの詩人では、ガヴリイル・デルジャヴィン(Гавриил Романович Державин)を初めて知りました。英国の詩人では、お恥ずかしながら、シェイクスピアとワーズワース以外は存じ上げない方ばかりで、これから英国生活のなかで出会ってい毛たらと思っております。

IMG_9315-450x600

△シャーロック・ホームズ像のことは、モスクワの街角に新しい発見を届けてくれる愛読書『路上のミュージアム』(宮崎朋菜、鈴木玲子、豊田菜穂子・著 群像社)で教えてもらいました。

2007年に完成したこの銅像は、ロシアTVドラマ版の『Шерлок Холмс и Доктор Ватсон』(レンフィルム、1979年)でホームズ役を演じたワシーリー・リワーノフ(Василий Ливанов)とワトソン役のヴィタリ・ソロムニン(Виталий Соломин)の顔をモデルにしているのだそうです。名探偵ホームズに関する作品のなかでも最高傑作のひとつに数えられており、主演のワシーリー・リワーノフはエリザベス女王から大英帝国勲章を贈られました。

ちなみに、ホームズとワトソンの間に座って、ワトソンのメモ帳を触りながら心の中で唱えた私の願いは・・・後日叶いました!もしモスクワへいらしたら、ロシアの名探偵ホームズとワトソンに相談して解決してもらうのも良いかもしれません。

IMG_3908-450x600

ちなみに、 2019年にロンドンを旅したと気には、シャーロック・ホームズ博物館でマトリョーシカに出会いました!

関連

【モスクワで出逢う偉人シリーズ】〜まとめ〜