【ロンドンのなかのロシア】ロシア皇女マリヤに捧ぐ!マリービスケットは英国生まれ!ビスケット&ブレッド・スティック

2021-01-08

お弁当ではなく給食スタイルでランチのある息子の学校。フィッシュ&チップスなどイギリスらしいメニューもあり、毎日美味しそう!さまざまな民族・宗教のクラスメートがいるので、いくつかから選択できるようになっています。

IMG_6951

“ベジタリアン”も英国から始まったのだそうですが、こちらでは、どこのレストランでもスーパーでもベジタリアン&ヴィーガンのコーナーが充実しています(☆【英国のなかのロシア】1月はVeganuary!キエフ風カツレツも七変化!?)。毎日Pudding(デザート)がついているのも、なんとなく英国っぽい!?

日本では午前4時間授業で早めにランチを食べるイメージですが、息子の学校では3レッスン後にスナックの時間があり、その後2レッスンでランチになります。おやつが気になる私、放課後に一緒にM&Sに立ち寄って買い物しながら、どんなものを食べたのか聞いてみました。

IMG_7130

△英国McVitiesビスケットのRich Tea ClassicとBread Sticksだったそう。Rich Teaは、日本でもロシアでも、世界的にも知られているマリービスケットと似fています。このマリービスケットも実は英国生まれ。ロンドンのベーカリーPeek Freansが、ロシアのマリヤ・アレクサンドロヴナとエディンバラ公爵Alfredとの結婚の記念に作られたものです。

IMG_7131

△McVitiesビスケットといえばDIGESTIVESも美味しい!英国はお紅茶に相性の良いビスケット類がとっても豊富です。

IMG_7030

△ブレッドスティックも人気で、レストランのキッズミールにもついてきました。

 

さて、同じくお紅茶の美味しい国ロシアで、ロシアらしいお茶菓子のビスケットといえば・・・

①ロシア版ジンジャーブレッド!?

【ロシアのお菓子】伝統菓子プリャニク(пряник)の世界へようこそ!

【ロシアのお菓子】ロシア各地のプリャニキ

モスクワ通信『サモワールとプリャニキの街トゥーラ(1)ロシアのお茶文化を訪ねて』

②あるいは、コンデンスミルク味のこちらでしょうか!

【ロシアの食】コンデンスミルクはキャラメル色!?実験してみた

【ロシアのお菓子】Большевик ボリシェヴィク

【ロシアのお菓子】本物そっくり!?胡桃クッキー

③ブレッドスティックのようなお茶菓子スーシキもあります。

トップページの検索バーから“スーシキ”でご覧ください♪