【イギリスの学校生活】ディスコにDJ、ドレスコードは1920年代!?卒業パーティとセレモニー!

2022-07-11

(2022.07.08)日本ともロシアともまた違う、英国の学校生活の締めくくりは、卒業式!息子が通う現地校では、Y6まで共学で、Y7&Y8は男子校になり、その後はつぎの学校へと進学していきます。そのため、Y6(女子全員+受験して他校へ進学する男子)、Y8(男子全員)が卒業式を迎えます。

卒業パーティ&謝恩会にあたるLeaver’s Galaも、卒業式にあたるLeaver’s Ceremonyとアカデミックイヤーの最後を飾る終業式を兼ねたPrize Dayも、またとってもユニークでした。

【卒業式 Leaver’s Ceremony&終業式 Prize Day】

△プライズ・デー(Prize Day)は、校長先生のお話や生徒会長の挨拶、合唱などは日本と同じですが・・・とにかく明るい!校庭に設置された巨大テントMarqueeのなかに全校生徒と先生、保護者が一堂に会し、中央ステージには華やかなドレスに身を包んだ校長先生(Headmistress)。たくさんの賞がプレゼントされていく形式なので、名前が呼ばれるたびにワァーっと歓声が沸いて、抱き合ったり肩を叩き合ったりして喜び、ステージに登壇して校長と握手し、記念品やカップをもらいます。映画『ハリー・ポッター』でお馴染みですが今年のハウス・ポイントの順位はもちろん、学業面では各学年のアカデミックやミュージック、スポーツ、各教科で受賞する生徒、生活面での成長や学校への貢献などで受賞する生徒も。

△卒業式にあたるLeaver’s Ceremonyでも、ひとりひとりの名前とともに素晴らしさを皆の前で校長が紹介し、ステージに呼び込まれます。英語の響きもありますが、呼び込み方もノリノリで、「(フルネーム)、あなたはいつもどの教科にも積極的な態度で臨み、この一年も学業分野で能力を思う存分に広げました。彼は言わずと知れたイングランドのクリケットのスターで、我が校のチームのキャプテン。正真正銘のジェントルマン、来年からは○○学校へ進学します、Well done, ・・・・(ファーストネーム)!!!!」ヒューヒューと口笛や声援に包まれてにっこりステージへ。がっしり握手をしたら片手でさっと記念品を受け取り席へ戻ります。

△音楽学校に通う同級生が作曲した曲「Journeys」を演奏。それぞれの道に幸あらんことを!

名前を呼ばれたら「はい!」左手、右手の順で両手で卒業証書を受け取り一礼をして、会場はしんと静寂に包まれあちこちらからすすり泣きが聞こえ・・・流れるは感動的な仰げば尊しというあの卒業式とは大きくイメージが違いましたが、私はプライズデーの雰囲気、大好きでした。

ちなみに、壇上で受け取ったのは卒業証書ではなく、ギフト・カード!お祝いのご馳走を囲むレストランで?それともなにか記念に残るものを購入する?

みんなで記念写真を撮り、イヤーブック(卒業アルバム)にサインやメッセージを交換し合って、あとは大好きなハムステッド・ヒースでおともだちと最後の時間を過ごします!

【卒業パーティ Leaver’s Gala】

△卒業パーティにあたるLeaver’s Galaは、19時集合。今年のドレスコードは1920年代!

先生も生徒も保護者も(!)みんな思い思いにドレスアップ!出しものも、歌にマジック、ラップ、スタンドアップコメディ、楽器、先生たちが仮装してのクイズなど・・・大盛り上がり!息子も急遽、一曲披露。

△素敵な小物を身につけている方にどこで購入したのか尋ねると「Amazonよ!」

お庭ではバーベキュー(お肉とヴェーガン用のハロウニチーズが用意されているのがまたイギリスらしい)とサラダ・バーが用意され、乾杯しながら楽しみました。

夜が更けてくると、DJが流す音楽に合わせてダンス!ダンス!ダンス!0時過ぎまでつづきました・・・!

【英国のお気に入り】ウィンブルドン2022ムードを当日券で満喫する裏技!

2022-07-09

「イギリスでやり残したことはないの?」そう尋ねられて、「うーん、イギリスらしい行事では、アスコットも行くことができたし、ヘンリー・レガッタも行ったし、プロムスも楽しんだし・・・ウィンブルドンはまだ行ったことがないけれど。」そう答えたら、「今から行ってきたら?」と友人。「今からでも間に合うの⁉︎」というわけで、16時に学校が終わり16時30分に帰宅した息子と、ふらりと夕方からテニスのウィンブルドン選手権(Wimbledon)へ・・・!

△「最寄駅は、ウィンブルドン駅じゃなくサウスフィールズ駅。まずはここに注意してね!」子どもをテニススクールに通わせている友人のアドバイスで下車すると・・・ホームもウィンブルドン仕様!

17時30分、駅から案内に沿ってウィンブルドン・パーク方面へ

△「当日券のかたはこちら」という案内でパーク内へ。2022年は6月27日から7月10日まで開催される大会のなかの7月7日木曜日。一年に一度、織姫は彦星に会う七夕ですが、一年に一度のウィンブルドンで試合を観れるのでしょうか・・・!?

ウィンブルドンといえば、前売り券はかなりの高額で入手が難しく、前日からテント泊で挑む当日券の行列 The Queueで有名です。そのニュースばかり見ていたので、ふらりと訪れて観戦できるなんて知りませんでした。この日は、17時40分にパークに到着すると、まったく並ぶことなく入場券グラウンド・パス(Groung Pass)のアフター・ファイブ・チケット(5ポンド)を入手できました。(行列が長い時には、途中で飲食やトイレなど一時的に列を離れられるように列に並んでいることを証明するキュー・カードも渡されるそうです)

△アフターファイブのチケットで観戦できるのは、この日はMatch3か4から。プログラムを購入して(10ポンド)地図を確認し・・・まずは、丘の上のリセール・チケット売り場へ。

△丘の上はピクニック・エリアになっていて、大きなスクリーンにはセンターコートとNo.1コートが中継されています。

入場券(グラウンド・チケット)があれば、コート3〜18までの試合を自由に観戦できます。でも、このリセール・チケットがあれば、あのセンター・コートやNo.1コートの試合もお手頃価格で観戦可能なのです。もちろん、注目選手の試合ともなれば、リセール・チケットも難関ですが、この日はセンターコートでのミックス・ダブルス決勝でイギリスの選手が登場する試合を目当てに行ってみたら、並ばずに購入できました。(15ポンド)

△ワァー!と大観戦のあとシーンと水を打ったように静まり、選手の息遣いまで聞こえる緊張感。そして緑の芝に映える黄色のテニス・ボールを打ち合う音、ウィンブルドン規定の真っ白のユニフォーム姿で風のように走る選手たち・・・!

 

△大歓声に包まれて、イギリスのNeal Skupski選手とアメリカのDesirae Krawczwk選手のペアが優勝!

△試合で使用されたUsed ballsは、すぐに売り切れになってしまいますが・・・

△会場内のショップでは、ウィンブルドン記念のさまざまなお土産も。

この時期のロンドンは日が長いので、さまざまなコートの試合を観戦しながらゆっくり夜長を楽しみます。20時でもこの明るさ!

 

カフェやレストランもあり、なんとコートに持ち込んで飲食しながらの観戦も!ウィンブルドン名物のストロベリー&クリームを食べたり、イギリス発祥のピムスを飲んだり・・・

△ちいさなコートでは、選手たちが手に届くほどの近さ!試合後には、気さくにサインや写真撮影にも応じてくれます。日本人選手も大活躍していました!!残念ながら今大会でロシアの選手たちの活躍を見ることはできず・・・。21時まえになりようやくうっすら暗くなってきて帰宅。すっかりテニスに夢中になり、日々BBC iPlayerでお気に入りの選手を追いかけている息子です。

△コートの芝だけでなくどこもかしこも爽やかなグリーンで埋め尽くされ、紫陽花をメインに紫系のお花で彩られていて、緑×紫のウィンブルドンカラーがとっても綺麗でした。

選手たちの白いユニフォーム姿はウィンブルドンの決まりですが、観戦する観客たちは思い思いの服装。英国の女性の夏の定番!カラフルなサマードレス姿も多かったのですが、やっぱりウィンブルドンを意識した白いサマードレスや白シャツに白いスニーカーを合わせた白コーデが映えて素敵でした。

 

【夏の自由研究】ロンドンのアイコンを集めよ!

2022-07-08

ロンドン土産にもぴったり!のエコバック。ロンドンを象徴する建物が描かれています。

もし、日本の学校のように夏休みの自由研究があったらどんなことをしようかな?と話していて、こんなのは面白そう!?ショッピング・バックに描かれているロンドンを象徴する建物を訪れてレポート!

〜夏の自由研究〜 ロンドンのアイコンを集めよ!

ロンドン塔 ☆世界遺産ロンドン塔を満喫!おすすめレストランと夜の鍵のセレモニー

タワー・ブリッジ ☆【英国のなかの日本】タワーブリッジを臨むテムズ川で、練習艦かしまとベルファストが夢の競演!?【英国のなかのロシア】タワーブリッジで開運祈願!海運でロシアから届いたものは?

セント・ポール寺院 ☆鳩に餌を・・・♪桜満開のセント・ポール大聖堂

ビックベン ☆4年ぶりに響くビックベンの鐘!日本は除夜の鐘、ロシアはスパスカヤ塔の鐘

ウエストミンスター寺院 ☆【英国のなかのロシア】エリザヴェータ・フョードロヴナに再会!世界遺産ウェストミンスター寺院

バタシー発電所 ☆寅年のパワースポット!?バタシー・パワー・ステーション

グリニッジ天文台 ☆【英国のなかのロシア】世界標準時!グリニッジ天文台〜世界遺産グリニッジ海事都市〜

カティーサーク ☆世界遺産のグリニッジ海事都市!大英帝国へ中国から紅茶を運んだ世界最速カティーサーク号とロシアの世界初の原子力砕氷船レーニン号

ロイヤル・オペラ・ハウス ☆【英国のなかの日本】ロイヤル・オペラ・ハウスで『蝶々夫人』

ガーキン、シャード、ロンドン・アイ ☆【英国のお気に入り】ホリブル・ヒストリーズで楽しむテムズ川クルーズ

自然史博物館 ☆イギリスの自然史博物館、ロシアにはダーウィン博物館

ナショナル・ギャラリー ☆【英国のなかのロシア】はじまりはロシア人のコレクション!英国が誇る西洋絵画の殿堂ナショナル・ギャラリーひまわりとともに!トラファルガー広場より平和への祈り トラファルガー広場のクリスマスツリーと赤の広場のもみの木

オックスフォード・サーカス

グローブ座

バッキンガム宮殿 ☆【英国のなかのロシア】バッキンガム・パレスの庭でピクニック!ロイヤル・コレクションのなかのロシアのティアラの話 【英国のなかの日本】クイーンズ・ギャラリーで『日本の芸術 JAPAN: Courts and Culture』開催中

△上段右から2つ目の建物、傘をさした人たちの向こうに見える教会?劇場?だけは、何かわかりませんでした。

コロナ禍の英国暮らしのなかで、ロックダウンから解放されていく2020年は、大好きな森ハムステッド・ヒースとロンドン市内の庭園ロイヤル・パークの自然とともに過ごしました。

世界に先駆けて一足早く日常が戻ってきた2021年は、いつもは観光客で溢れるロンドン市内の博物館や美術館が予約制により貸し切り状態!心ゆくまで味わえる時間になりました。外へ外へ、前に前に、もっともっと・・・そんなふうに途切れなく続いてきた日常から、今ここにある大切なものに向き合う時間でもありました。

そして2022年は“2年ぶりに再開!”の文字が踊り、英国の伝統行事が軽やかに華やかに戻ってきて、女王のプラチナ・ジュビリーも加わり喜びに包まれました。