【イギリス国内旅】まとめ

2022-07-24

大都会ロンドンからほんの少し足を伸ばすと、魅力的なカントリーサイドを楽しむことが出来る島国イギリス。海辺の町や川下り、お城や教会のステンドグラス、世界遺産のストーンヘンジにローマン・バス、歴史的な可愛らしいや四季の美しさを誇るイングリッシュガーデン、映画のロケ地めぐりにアフタヌーン・ティ・・・

バース

【イギリス国内旅】世界遺産!温泉の街バース 〜まとめ〜

レイコック

【イギリス国内旅】写真のはじまった窓と『ハリーポッター』ロケ地 レイコック 〜まとめ〜

ニューフォレスト

【イギリス国内旅】野生の馬に出会えるニューフォレストへ

【イギリス国内旅】不思議の国のアリスのモデルが眠る!ニューフォレストの古き良き田舎町リンドハスト

ドーヴァー、ディール、サンドイッチ・ベイ

【イギリス国内旅】『007 ロシアより愛をこめて』イアン・フレミングはロイター通信ソ連支局長!ドーヴァーからディール、サンドイッチ・ベイへサイクリング

【イギリス国内旅】ドーヴァー城、灯台、ホワイトクリフ!

カンタベリー

【イギリス国内旅】“リトル・ヴェニス”で川下り、世界遺産!英国国教会の総本山カンタベリー大聖堂

ストーンヘンジ

【イギリス国内旅】世界遺産ストーンヘンジ、実はロシア版も!?

ソールズベリ

【イギリス国内旅】最も高い尖塔を持つ美しいソールズベリ大聖堂とあの事件・・・

【イギリス国内旅】ソールズベリを愛した首相&指揮者!エドワード・ヒース

【イギリス国内旅】「ザ・クラウン」でも登場するウィルトン・ハウス、絵になる美しさをロシアに再現した女帝エカテリーナ

ボンヴィル

【イギリス国内旅】『チャーリーとチョコレート工場』の甘い誘惑!キャドバリー・ワールドへ

バーミンガム

【イギリス国内旅】運河とスチームエンジン!産業革命で発展したバーミンガム、図書館とシェイクスピア急行

ストラトフォード=アポン=エイヴォン

【イギリス国内旅】ストラトフォード=アポン=エイヴォンへシェイクスピア巡礼の旅!そして名物ジャイアント・スコーン

ストーク=オン=トレント

ワールド・オブ・ウェッジウッドで工場見学&アフタヌーンティー【英国のなかのロシア】【イギリス国内旅】

イギリス陶器の町ストーク=オン=トレント日帰り旅【英国のなかのロシア】【イギリス国内旅】

オックスフォード

アリス、ハリーポッター、そしてあの人物も!大学の町オックスフォード旅 前編【英国のなかのロシア】

アリス、ハリーポッター、そしてあの人物も!大学の町オックスフォード旅 後編【英国のなかのロシア】

ライ

【イギリス国内旅】海賊と人魚の町 Rye(ライ)

ウスター

作曲家エルガーの生家で、エルガー先生のピアノを弾く!【国内旅】

コッツウォルズ

【イギリス国内旅】蒸気機関車で春のコッツウォルズ モリスの天空風呂!ブロードウェー・タワー

チャートウェル

【英国のなかのロシア】【イギリス国内旅】チャーチル元首相が晩年を過ごした邸宅、絵になるチャートウェル

ワイト島

【英国のなかのロシア】【イギリス国内旅】ホバークラフトでワイト島!ヴィクトリア女王の愛の離宮オズボーンハウスへ。

マンチェスター 

【英国のなかのロシア】はたらき蜂と産業革命!マンU vs マンC⁉︎ マンチェスター観光のおすすめ

リヴァプール

【英国のなかのロシア】ビートルズもマトリョーシカに⁉︎実はロシアとも縁の深いリヴァプールのおすすめ観光スポット

湖水地方

ギルフォード

【英国のなかのロシア】鏡の国のアリス像!ルイス・キャロルが眠るギルフォード

【英国のなかのロシア】〜まとめ〜 

ロシア生活の間に見つけたモスクワのなかのイギリスをご紹介しましたが(【モスクワ通信】新たな一面を発見!モスクワのなかのイギリスをピックアップ)、今度は2020年〜のイギリス生活で見つけたロシアをご紹介していきます!

食べ物

【英国のなかのロシア】ここはモスクワ?ロンドン?ロシア料理Мари Vanna (マリ・ヴァンナ)のロンドン店

【英国のなかのロシア】キャビア・ハウスで出会った!ニコライ2世も認めたスモーク・サーモンとロシアの宝石デザイナー

【英国のなかのロシア】1月はVeganuary!キエフ風カツレツも七変化!?

【ロンドンのなかのロシア】ロシア食材店 берёзка (べリョースカ)

【英国のなかのロシア】ロシア&バルト食材店 MAMA NASHA

【英国のなかのロシア】ロシア皇女マリヤに捧ぐ!マリービスケットは英国生まれ!ビスケット&ブレッド・スティック

【英国のなかのロシア】蜂蜜ケーキにナポレオン、ヴァトルーシュカ!?美味しい手土産を探して・・・セルフリッジズのフードモール

【英国のなかのロシア】ロシア帝国から大英帝国へ、ベーカリー「グロジンスキー」を追え!

【英国のなかのロシア】昔と今が交錯するユニークなロシア料理レストラン「ZIMA」

【英国のなかのロシア】おすすめレストラン!マルクスが『資本論』を書いた場所でうなぎサンドイッチ!

 

場所

【ピョートル大帝】

【英国のなかのロシア】イギリスにお忍びでピョートル大帝がやってきた!長身のピョートル大帝像

【英国のなかのロシア】ピョートル大帝が植えたマルベリーの木と皇帝通り(Czar Street)

【アンナ・パヴロワ】

【英国のなかのロシア】劇場で踊りつづけるバレリーナ!黄金のアンナ・パブロワ像

【英国のなかのロシア】アンナ・パヴロワの暮らした家 Ivy House in Golders Green

【英国のなかのロシア】永遠に白鳥を舞う・・・アンナ・パヴロワの骨壺がある火葬場

【レーニン、ゲルツェン】

【英国のなかのロシア】レーニンの暮らした家、滞在していた部屋、ゲルツェンのロシア・プレス、そしてベルヴィン・コート

【イギリスのなかのロシア】ロシアの哲学者ゲルツェンの暮らした家

 

【英国のなかのロシア】エリザヴェータ・フョードロヴナに再会!ウェストミンスター寺院

【英国のなかのロシア】はじまりはロシア人のコレクション!英国が誇る西洋絵画の殿堂ナショナル・ギャラリー

【英国のなかのロシア】ロンドンにもある!宇宙飛行士ユーリー・ガガーリン像

【英国のなかのロシア】世界標準時!グリニッジ天文台

【英国のなかのロシア】西にマルクス、東にリトビネンコ!彫刻庭園のようなハイゲート墓地

【英国のなかのロシア】ロシアから贈られたペリカン!水鳥たちの楽園 St. James’s Park

【英国のなかのロシア】桜と孔雀!京都庭園&福島庭園のあるHolland parkと聖ウラジーミル像

【英国のなかのロシア】V&Aミュージアムの前 Twelve Responses to Tragedy

【英国のなかのロシア】ALEXANDRA ROADと住居棟 Alexandra & Ainsworth Estate

【英国のなかのロシア】マズウェル・ヒルのアレクサンドラ・パレス

【英国のなかのロシア】アレクサンドラ・ゲートとアレクサンドラ・ゲート・ロッジ

【英国のなかのロシア】プーシキン ・ハウス!

【ロンドンのなかのロシア】Welliington Arch

【イギリスのなかのロシア】ロンドンのモスクワ・ロード?サンクトペテルブルク馬車道?

【イギリス国内旅】「ザ・クラウン」でも登場するウィルトン・ハウス、実はロシアとの縁も・・・!

レゴで出来た聖ワシーリー寺院も!イギリスのレゴランド ウィンザー(LEGOLAND WIDSOR)

【英国のなかのロシア】娘マーガレットはロシアへ嫁ぎ・・・秋のフェントン・ハウス

【英国のなかのロシア】鳥を夢見たロシア人と日本人!サイエンス・ミュージアムでワクチン接種

【英国のなかのロシア】ロシア大使の名がついたヴォロンツォフ・ロード

【英国のなかのロシア】タワーブリッジで開運祈願!海運でロシアから届いたものは?

【英国のなかのロシア】ロンドンの、ロンドンによる、ロンドンを知るための、ロンドン博物館!あるベーカリーを追う

ヴィクトリア女王の少女時代から戴冠式までをたどるケンジントン宮殿【英国のなかのロシア】

【英国のなかのロシア】英国の紳士クラブ「The Reform Club」

アリス、ハリーポッター、そしてあの人物も!大学の町オックスフォード旅 後編【英国のなかのロシア】

【英国のなかのロシア】サッカーの聖地!ウェンブリー・スタジアム・ツアーに行ってきました

【英国のなかのロシア】防空壕に潜入!チャーチル博物館・内閣戦時執務室CWR

【英国のなかのロシア】日帰り旅 英国女王が週末をすごす世界最大最古のウィンザー城でみつけたロシア

【英国のなかのロシア】【イギリス国内旅】ホバークラフトでワイト島!ヴィクトリア女王の愛の離宮オズボーンハウスへ。

【英国のなかのロシア】すべての窓がシャガールのステンドグラスで彩られたAll Saint’s Church

【英国のなかのロシア】東インド会社のよりも前にあった、モスクワ(ロシア)会社の名残り、貿易の礎ムスコヴィ通り

【英国のなかのロシア】金融街シティ・オブ・ロンドン

【英国のなかのロシア】Orme Square

 

もの・こと・話題

【イギリスのなかのロシア】老舗高級百貨店ハロッズのなかでナチュラシベリカ発見!

【英国のなかのロシア】JOHN LEWIS & CO.で見つけたマトリョーシカ !

【英国のなかのロシア】コンラン卿の逝去とコンラン・ショップで見つけたマトリョーシカ

【英国のなかのロシア】シークレットサンタ2020!Flying Tiger Copenhagenで見つけたマトリョーシカ!

ロマノフ家の末裔にあたるエディンバラ公フィリップ殿下のご逝去・・・悲しみに包まれるイギリス

☆実はロシア支局長!007シリーズの小説家イアン・フレミング【イギリス国内旅】ドーヴァーの海!ディールのお城!サンドイッチ・ベイ!

【イギリス国内旅】世界遺産ストーンヘンジ、実はロシア版も!?

【イギリス国内旅】最も高い尖塔を持つ美しいソールズベリ大聖堂とあの事件・・・

☆ストラヴェンスキーやショスタコーヴィチの写真【イギリス国内旅】ソールズベリを愛した首相&指揮者!エドワード・ヒース

【英国のなかのロシア】バッキンガム・パレスの夏ガーデンとロイヤル・コレクションのなかのロシアのティアラの話

【英国のなかのロシア】サザビーズに潜入!① 11月はロシア・スペシャル!

【英国のなかのロシア】サザビーズに潜入!② ロシア傑作絵画オークション当日

【英国のお気に入り】思いやる英国とチャリティーショップ、マトリョーシカ!

【英国のなかのロシア】隠れマトリョーシカを探せ!イギリスの冬恒例のウィンター・ワンダーランド

【英国のなかのロシア】Happy new year 2022! リバティ・ロンドンで見つけたマトリョーシカ

【英国のなかのロシア】シャーロック・ホームズ博物館の名探偵マトリョーシカ

ワールド・オブ・ウェッジウッドで工場見学&アフタヌーンティー【英国のなかのロシア】【イギリス国内旅】

アリス、ハリーポッター、そしてあの人物も!大学の町オックスフォード旅 前編【英国のなかのロシア】

【英国のなかのロシア】鏡の国のアリス像!ルイス・キャロルが眠るギルフォード

【英国のなかのロシア】デザイン・ミュージアムへの社会見学と高級デザイナーズ・マンション

【英国のなかのロシア】マトリョーシカ ・キャンドルも人気!オリガ・ヴィルシェンコ

【英国のなかのロシア&日本】マレーヴィチと楽吉左衛門のコラボ!黒の宇宙

【英国のなかのロシア】Rory Hutton×Pushkin Houseコラボの絵葉書&ノート

【英国のなかのロシア】図書館で味わうモダン・インド料理

【英国のなかのロシア】世界唯一の支店はロンドンにあり!ロンドンでロシアのファベルジェ展!

【英国のなかのロシア】【イギリス国内旅】チャーチル元首相が晩年を過ごした邸宅、絵になるチャートウェル

【英国のなかのロシア】ハロッズで出逢う『ウェッジウッド・パークランド』

【英国のなかのロシア】すべての窓がシャガールのステンドグラスで彩られたAll Saint’s Church

英国のなかのロシア】ビートルズもマトリョーシカに⁉︎実はロシアとも縁の深いリヴァプールのおすすめ観光スポット

【英国のなかのロシア】はたらき蜂と産業革命!マンU vs マンC⁉︎ マンチェスター観光のおすすめ

 

2019年旅行☆【イギリスのなかのロシア】〜まとめ〜

イギリスのなかのロシア〜アエロフロート、ウェンブリー・スタジアム〜

イギリスのなかのロシア〜ロンドン〜シャーロックホームズ博物館、パディントン駅、本屋Waterstones〜

イギリスのなかのロシア〜皇室御用達フォートナム&メイソンのロシアン・キャラバン、Higgins〜

イギリスのなかのロシア〜ロンドンのロシア食材店カリンカ〜

イギリスのなかのロシア〜ヴィクトリア&アルバート博物館とウィリアム・モリス〜

【英国のなかのロシア】ビートルズもマトリョーシカに⁉︎実はロシアとも縁の深いリヴァプールのおすすめ観光スポット

イギリス国内の人気旅行先のひとつ、リヴァプール。ロンドンから北へ列車でおよそ2時間半の港町なので日帰り観光も可能です。サッカー、ビートルズ、そして実は・・・知られざるロシアとも縁の深い都市です。お馴染みの観光地についてはお写真をメインにさらっと、ロシアナが見つけたロシアなリヴァプールを中心にご紹介します。

【チャンピオンズ・リーグ決勝開催地、ロシアから変更・・・】

この日はなんとチャンピオンズ・リーグ決勝でリヴァプールとレアル・マドリードが対戦する日。

ロンドンからの列車も駅前もパブも、地元リヴァプールのサポーターがいっぱい!日本人の南野拓実選手も所属していました。

 

実は、開催地は、ロシアのサンクトペトペテルブルクにあるゼニト・サンクトペテルブルクのホームスタジアムで開催される予定でしたが、ロシアのウクライナ侵攻によりフランス・パリでの開催になりました。

関連ブログ

☆モスクワでゼニトの試合を観戦!→【スポーツ】ロシア国内プレミア・リーグ観戦!ロコモチフ・モスクワ VS ゼニト・サンクトペテルブルク

☆モスクワでチャンピオンズリーグ決勝を観戦!→【スポーツ】ルジニキ・スタジアムでUEFAチャンピオンズ・リーグ観戦

 

【ビートルズ・マトリョーシカを探せ!】ビートルズの博物館はもちろん、街はビートルズでいっぱい!

△ジョン・レノンの眼鏡や愛用の楽器など、貴重な私物コレクションが並びます。もちろん館内にはビートルズの曲が流れていて、ちょうど現地校のハウス・カラー(黄色)にかけてハウス ・ソングに選ばれた『イエロー・サブマリン』を口づさむ息子。

 

ビートルズを輩出したリヴァプールならでは!バンドのはじまりから今日までをたどります。ビートルズが初ライブを成功させたカスバ・コーヒークラブについても。

 

△来日に関する展示もあれば・・・

△ビートルズ・マトリョーシカも!冷戦時、西側プロパガンダと見なされていたビートルズの楽曲は、ソ連国内で自由に聞くことができませんでした。しかし人々は、禁じられていた西側のジャズやロックなどの音源を、使用済みのレントゲンフィルムに焼き付けて製作された”ろっ骨レコード“で聴いていました。私の勤務していたロシア国営国際ラジオ局『ロシアの声』(現在の『ラジオ・スプートニク』、旧『モスクワ放送』)日本語課のDJ西野肇さんが、担当していた音楽番組でビートルズを流してしまった武勇伝は今も語り継がれています・・・(☆ビートルズの聖地!?アビーロードの横断歩道と『Back in the U.S.S.R.』赤の広場野外ライブ

△博物館のそばには、まだ駆け出しの頃にビートルズがライブを重ねたキャバン・クラブ!実際に入り、ライブを楽しむことができます。

 

△The Beatles Pier Head

 

【リヴァプール博物館でも・・・マトリョーシカ ⁉︎】ユネスコの世界遺産に登録されていた海商都市リヴァプールでしたが、港には近代的な建物が増えて・・・なんと取り消しに!?

 

ランチは、ミュージアム・カフェにて、リヴァプールのお袋の味の羊肉シチュー「スカウス(Scouse)」を試食!

時代やテーマに分けて、リヴァプールの歴史を学ぶことができる博物館。

 

△大人気だった無料カラオケ・スタジオ!みんな大音量でビートルズをかけてノリノリで歌っています♪ミュージアムショップには、またしてもビートルズ・マトリョーシカ !?

さまざまな国との貿易についての企画展も。リヴァプール市内には世界の都市にちなんだ名前も多く残っています。「Russian Avenue」「Moscow Drive」「Kremli Drive」など地図にはロシアに関係する通りもいくつかありました!ロシア食材店「Baltika」

 

 

【建築探訪・・・ロシア風玉ねぎ屋根と時計塔、ロシア正教会】

かもめの鳴き声をききアイスクリームを食べながら、青い空と青い海に挟まれて、ロンドンとはまた全く違う雰囲気の建物を眺めながら海沿いを歩くてだけでも楽しい町歩き。

 

△緑色の玉ねぎ屋根はロシアの教会屋根に影響を受けた建物は、かつてAdelphi Bankでしたが、現在はCafe Nero(Castle Street)

 

 

ロシア正教会(Church Of St Elisabeth The New Martyr) Wallasey CH45 5DR

△Queen Victoria Monument

△The Dockers Clock at Salisbury Dock ヴィクトリアン・ゴシックの6角柱の時計塔についている6つの時計は、どの方位からも見ることができ、このような時計は、世界にたった2つ、リヴァプールとロシアにしかないのだそうです。

【タイタニック】レオナルド・ディカプリオ主演の映画『タイタニック』で有名なタイタニック号は、ここリヴァプールから出航しました。1912年4月14日深夜、氷山に衝突して浸水、乗客の心を慰めるためヴァイオリンで賛美歌の演奏が続くなか大西洋沖に沈んでいった悲劇の豪華客船・・・沈没船の撮影のためにはロシアの調査船や深海探査艇ミールが使用されました。

△タバコの倉庫が廃墟に・・・!?と思った壊れかけの赤煉瓦の建物、なんとタイタニック・ホテル(Titanic Hotel Liverpool)

ほかにも、この旅では見つけられませんでしたが、ロシアから製法が伝えられた『リヴァプール・ウォッカ』や『Liverpool Organic Imperial Russian Stout』などもあるそうです。

参考:10 places in Liverpool and Merseyside that are linked to Russia – Liverpool Echo