【英国のなかの日本】JAPAN HOUSE「明」で和風アフタヌーンティー

2022-07-22

アフタヌーンティーの国イギリスには素敵なアフタヌーンティーがたくさん!JAPAN HOUSEの「明」では和風アフタヌーンティーも楽しめます。

△14時30分から16時30分まで楽しめる和風アフタヌーンティー(£28)。お茶は、抹茶と煎茶を注文してみました。

サンドイッチの代わりに美しいお寿司やコロッケ。スコーン&クロテッドクリーム・ジャムの代わりにカステラやどら焼き、抹茶バームクーヘンに抹茶チョコレートソースが添えられていました。そして、季節の桃のゼリーやお餅など和菓子が綺麗に並びます。

イギリスのお友達におすすめの日本食を尋ねられ、よく「明」の弁当BOXをお勧めしました。ゆっくりJAPAN HOUSEを見てから弁当BOXを楽しむコースはいつもとても喜ばれます。なかにはすっかり気に入って「今日は子どもたちと折り紙のワークショップにも参加してきたたわ」なんて連絡をくれるお友達も。(☆ロンドンのジャパン・ハウスと今ならスペシャルオファー!レストラン明のAkira Bento Box

ロンドナーのお友達におすすめのレストランを教えてもらうのはその方のセンスも加わってとっても楽しいのですが、ロシア人にはロシア料理、インド人のお友達にはインド料理・・・というようにその国の方が太鼓判を押すレストランはぜひ足を運んでみたくなります。日本人としておすすめの日本を味わえる場所をいくつかリストアップしておくと、いつも会話が広がります。

また、逆に外国人の方がお勧めしてくださる和食レストランも、シェフのイメージする日本にいつも新しい発見がありとても興味があります。

関連

【英国のなかの日本】イギリス人のオススメ⁉︎お寿司の美味しいレストラン&カフェ その1【Kulu Kulu Sushi】【Maguro】【Nobu】【Hannah】

【英国のなかの日本】イギリス人のオススメ⁉︎抹茶が美味しい和食レストラン その2【Kafe Kitsune】【Tombo】【東京ピザ】

 

【英国のお気に入り】そよ風も小雨も夕暮れ空も舞台!シェイクスピアのグローブ座

2022-07-21

夜の観劇を締めくくるのは、やっぱりここで。シェイクスピアのグローブ座です。この日の演目は『リア王』

△時間まではスワンで。アフタヌーンティも人気です。

屋外なので、飲み物を手にそよ風を感じながら真夏の夜の夢のような時間・・・ときに小雨が降り出したら、皆さっとレインコートを羽織ります。青空が少しずつ夕暮れに、そして宵闇へ・・・刻々と変化する空も舞台の一部です。

日本なら「舞台から1mは離れてください」と注意されてしまいそうですが、1階立ち見席は、舞台にもたれかかって、身を乗り出して舞台に頬杖をついて、かぶりつきで鑑賞しています。観客を巻き込んでのシーンも多いので、一体感がたまりません!

△シェイクスピアの戯曲のなかの名言が書かれたグッズなどお土産も充実!

△息子も学校の社会見学でグローブ座を訪れていて、劇場の歴史などいろいろ教えてもらいました。記念に買ってきたのが、この羽ペンとインク瓶でした。(☆【イギリスの学校生活】校外学習シーズン)

△また、学校のDramaも授業で『ハムレット』を使ったときには、ハムレットに挑戦したのだとか・・・!

△終演後、テムズ川のライトアップが綺麗!(テムズ川からみたグローブ座☆【英国のお気に入り】ホリブル・ヒストリーズで楽しむテムズ川クルーズ

関連☆【イギリス国内旅】ストラトフォード=アポン=エイヴォンへシェイクスピア巡礼の旅!そして名物ジャイアント・スコーン

【英国のなかのロシア】紅茶を最も飲む国は?ポストカード・ティーズでお土産探し

2022-07-20

日本へのお土産を買いに、ポストカード・ティーズ(Postcard Teas)へ。

まろやかで香りの良い冷茶をいただきながら、お茶選び

ポストカード型の可愛らしいお茶箱。ラベルも魅力です!

△ラベルに発見!今日のロシア。1899年から1903年の最も紅茶を飲む国・・・1位英国!2位オランダ、3位アメリカ、4位ロシア、5位ドイツ。箱のなかにはダージリン・ティー

 

△イギリスのお土産にぴったりのイングリッシュ・アフタヌーンティー・ブレンド

△ロンドン ・ロースト。ほかにも緑茶や蕎麦茶など、日本の味も充実していました。

そして、メッセージを書いて、ここから投函も!?

△サモワールのポストカードが並んでいました!(☆モスクワ通信『サモワールとプリャニキの街トゥーラ(1)ロシアのお茶文化を訪ねて』

△地下はギャラリーになっているほか、世界のお茶文化のワークショップなども定期的に開催されているそうです。