【英国のお気に入り】ロンドンのなかのモーツァルト

2021-02-08

1月27日は作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Вольфганг Амадей Моцарт)のお誕生日でした。35年の短い生涯のなかで600曲以上もの美しい音楽を作曲し、今も世界中で愛されています。そんなモーツァルトがロンドンを訪れていたのはご存知でしょうか?モーツァルトを聴きながらモーツァルトゆかりの地を訪ねてみました。

IMG_2682

Victoria Railway Stationから徒歩数分の場所にあるOrange Squareは、かつてマーケットとして開かれた場所だったようですが、現在も毎週土曜朝にはthe farmers marketが開かれています。ここに可愛らしいモーツァルトの銅像があります。

4歳から作曲を始め神童と呼ばれたモーツァルトを連れて、その才能を披露してお金を稼ぐために父親レオポルトは世界ツアーを企画します。ザルツブルグ、ウィーン、ミュンヘン、ブリュッセル、パリ、ロンドン・・・17都市を巡ったそうです。ロンドンはそのツアーの最後を飾った都市で、1764年4月、モーツァルト8歳の時のことでした。

IMG_2680

IMG_2679  

はじめはキングススクエアにある宮廷音楽師アーベルの屋敷で暮らしていましたが、都会の空気が合わなかった父親はこの田舎の雰囲気の残るPimlicoへ移りました。暮らしていた家には、blue plaqueがついており、ここでモーツァルトが最初の交響曲を作曲したことが記されています。

IMG_2678

ちょうどロックダウン中にモーツァルトの伝記を読んだ息子によると、ロンドンではクリスチャン・バッハに出会っており、すでに教師を見つけることが難しかったモーツァルトにピアノの演奏はもちろんたくさんの音楽的なインスピレーションを与えたと言います。また、ソプラノ歌手マンツォーリの歌声と劇場で観たオペラに感激し、いつか自分もオペラを作曲したいと夢見るシーンもありました。ロンドン滞在中には、世界最古のロンドン動物園で象やロバなどの珍しい動物を見て楽しんだり、美味しい英国の紅茶やスコーンも楽しんだようです。

IMG_2661

△まるでВДНХ公園の建物みたい!?(☆【モスクワ噴水さんぽ】ВДНХ リニューアルしてピカピカな“石の花の噴水”と旧ソ連の国々をぐるり一周の“民族友好の噴水”

IMG_2665

 

IMG_2677

IMG_2673 IMG_2674

高級住宅街としても人気のエリアでおしゃれなお店も多く、街歩きの楽しいエリアです。 

残念ながらロシアを訪れることはなかったモーツァルトですが、ロシアの作曲家たちにも大きな影響を与えました。例えば、チャイコフスキーの家の本棚にもモーツァルト!(☆【モスクワ郊外クリン】 チャイコフスキーの家博物館)モスクワで聴いた心に残るモーツァルトはこちら(☆藤田真央&ゲルギエフ!チャイコフスキー・コンクールの感動ふたたび!!【コンサートホール】【新名所ザリャージエ】

【英国のお気に入り】英国のTV番組『The Great British Bake Off』

2021-02-06

プレミアリーグをはじめとするサッカー中継のSky Sportsに占領されてしまいがちなTVですが、私のお気に入りのひとつはThe Great British Bake Off(ザ ブリティッシュ ベイク オフ)日本でも放送されている人気TV番組です。ベイキングをこよなく愛するアマチュアベイカーたちが集まり、ナンバー1を競います。2010年にBBCでスタートし、シリーズを重ねながら国民的超人気番組に成長を続け、コロナ禍にも負けずシーズン11を終えました。BBCから番組が移るときには新聞記事にも大きく取り上げられたそうで、出演者などリニューアルして現在はChannel 4でオンエアされています。挑戦者たちは数週間かけてファイナル進出までSignature Challenge、Technical Challenge、Showstopper Challengeのチャレンジをこなしていきます。

モスクワもそうですが、ロンドンも多民族国家なので、老若男女、肌や目や髪の色も出身も宗教も・・・それぞれのバックグラウンドを持つオリジナリティー溢れる挑戦者たちがオーブンから取り出すイマジネーション豊かなお菓子やパンの世界も楽しいですし、名物の特設テント内で繰り広げる人間ドラマにも引き込まれます。

IMG_2582 IMG_2583

△回を重ねて少し特色あるテーマも加わるようになり、シーズン6ではなんと日本がテーマの週 (Japanese Week)もありました。オープニングから司会者の二人は、漫画の?柄のセーターと、漫画ならぬマンゴーの被り物姿で登場。内容もオリジナリティ溢れる中華まんレシピを披露したり(日本でなく中華ですが)、レシピを元に抹茶のミルクレープを作ったり、日本の“カワイイ”からインスパイアされるケーキを披露したり・・・と盛り沢山!桜の木や芸者など、日本のモチーフも!

IMG_2587

△司会のNoel FieldingとMatt Lucas、審査&コメンテーターのPrue LeithとPaul Hollywood

IMG_2584

△自身も柴犬を飼っているというDaveの“カワイイ”柴犬ケーキ。なかも日本らしいフレーバーを加えたスポンジが重なっていてとても綺麗でした。モスクワでは、秋田犬が人気でした!プーチン大統領にも贈呈され、フィギュアスケート選手ザギトワ選手もオリンピック金メダルのご褒美に秋田犬の“マサル”を家族に迎えました。(☆【モスクワの流行】秋田犬、人気!

スクリーンショット 2021-02-05 12.38.42

△シーズン10のHenry作『A WHITE RUSSIAN』ロシアを思わせるケーキも。

2021年の新シーズンのエントリーは昨年2020年12月ですでに締め切られており、順調にいけば夏4月から8月の間に数週間かけて収録が行われ、ファンは秋のオンエアを心待ちにしています。これまでのシリーズはアーカイブからもご覧いただけますし、Junior Bake Offなどのスピンオフ企画も。サイトでは写真やレシピも楽しめますし、エリザベス女王の90歳のバースデーケーキを献上したNadiya Hussainのようにこの番組から羽ばたいて現在はプロとしてマスコミで活躍しているベイカーもいます。

さて来週は、息子の学校でもベイクオフ選手権があるのだそう。Zoom審査にみんなどんなお菓子を作ってくるのかな?

ロシアのTVでも子どもたちの歌のコンクールを楽しみに見ていました♪

 ☆【ロシアの音楽】子ども版Новая волна(ニューウェーブ)

 ☆【ロシアの音楽】Junior Eurovision(ジュニア・ユーロヴィジョン) 2019のロシア代表は・・・?

ロシアで出会ったカワイイ焼き菓子についてはこちら

 ☆【ロシアのお菓子】パスチラ(пастила)の世界へようこそ!

 ☆【黄金の輪スーズダリでキュウリ祭り】一目惚れ♡動物たちの“12ヶ月”クッキー

 ☆【モスクワのカフェ】リボン・クッキーもオススメ!ママの手作り風ТИРОЛЬСКИЕ ПИРОГИ(チロルのケーキ)

 ☆【ロシアのお菓子】本物そっくり!?胡桃クッキー

 ☆【ロシアのお菓子】伝統菓子プリャニク(пряник)の世界へようこそ!

【英国のお気に入り】つけあわせに欠かせない!芽キャベツ(Brussels sprouts)

2021-02-05

日本でもロシアでも見かける芽キャベツですが・・・スーパーでこんな芽キャベツに出会えるのは英国が初めて!

IMG_2037

△Brussels Sprouts Stalksは、自宅でミニ収穫体験!?すでに芽を摘んだ状態で袋に入っているものや、量り売りで買えるものなども。

一般的なキャベツよりも4倍もビタミンが豊富だという芽キャベツは、冬の日照時間が少ない英国やロシアではとてもありがたい野菜です。

IMG_2600

似ても焼いても美味しい芽キャベツ!英国ではメイン料理のつけあわせに欠かせない存在のよう。特に、伝統的なクリスマスディナーでは、詰め物をした七面鳥の丸焼き(Roast Turkey)、ブランケットにつつまれた豚ソーセージ(Pigs in Blankets)、ヨークシャープディング(Yorkshire Pudding)とともに、ローストしたポテトと芽キャベツをお皿に盛り合わせて、おふくろの味グレービーソース(Gravy)をたっぷりかけていただくのが最高なんですって。

IMG_2604

△一昨年2019年には英国の人気クリスプWALKERSから、クリスマス限定のBrussels sprouts味も出たのだそう!芽キャベツのクリスマスツリーのパッケージも可愛らしいこのクリスプ、昨年2020年クリスマス時期にはスーパーに足を運ぶたびにあちこち見てみましたが、残念ながら見つけられませんでした。

IMG_2868

△ロシアではキャベツはとても白くて固かったのでスープが主流ですが、とんがりキャベツや春キャベツが売られる時期には柔らかい葉っぱのものが出て、生キャベツの千切りが楽しめました。(☆【モスクワのスーパーマーケット探検】 野菜編)英国でも、白いキャベツ(White Cabbage)はもちろん、とんがりキャベツ(Pointed Cabbage)や、ちりめんキャベツ(Savoy Cabbage)、赤キャベツ(Red Cabbage)、春キャベツ(Spring Cabbage)も見かけます。

さて、ロシアでつけあわせの定番といえば・・・まずは、英国と同じくじゃがいもです。マッシュポテトの“Пюре(ピュレ)”やフライドポテト、ニンニクやハーブ類、きのこなどと一緒に揚げ焼きしたものなど。そして、蕎麦の実のカーシャ、お米もつけあわせ野菜の位置づけで人気があります。では主食はというと、やっぱりパンです。メインのお肉や魚につけあわせの野菜(お米も含む)を食べつつ、パンを食べるというわけです。ピロシキの具材としても野菜のお米は定番です。

関連ブログ

とにかくお野菜にこだわりたいあなたへ!GreenGo

 

【モスクワのスーパーマーケット探検】〜フルーツ編〜 量り売りの青果コーナー

【モスクワで日本食材】ロシアで美味しいお米は・・・?