【英国のお気に入り】デヴォン式?コーンウォール式?クロテッドクリームとスクール・トリップ

2022-06-20

5日間のレジデンシャル・トリップから元気いっぱいに帰宅した息子。真っ黒に日焼けして、また少し大きくなったかな?

大きなコーチに乗って、みんなお揃いにしたパーカーを着て出かけますが、行き帰りのドライブスルーと遊園地ではお小遣いの10ポンドで自由にお買い物ができます。「ドライブスルーでお菓子を買って、遊園地でスラッシュを飲んで(関連☆イギリスでかき氷はじめました!ロシア人は常温がお好き?)、あとはマグネットを買ったよ!」ロシアでもイギリスでも、旅先ではお気に入りのマグネットを購入してコレクションしている息子。

△昨年Y5のときは、地図の右デヴォンの森へアスレチックやアーチェリー、キャンプ・ファイヤーの5日間で、今年Y6ではコーンウォールの海でマリン・スポーツの5日間。デヴォンとコーンウォールといえば・・・クロテッドクリーム!

△クリームティーの焼き立てスコーンに添えられたクロテッドクリームとジャム。このクロテッドクリームの町として有名なのがデヴォンとコーンウォールなのです。イギリス南西部、海辺に豊かな牧草地が広がるこのふたつの町では、それぞれデヴォンシャー・クリーム、コーニッシュ・クリームと呼んで自慢のクロテッド・クリームを作っているのですが・・・

△クロテッドクリームを先にのせてその上にジャムがデヴォン式。一方、先にジャムをのせてその上にクロテッドクリームがコーンウォール式なのだそう!スコーンの熱でクロテッドクリームがとろりと溶けるのがすきで私はデヴォン派ですが、たっぷりクロテッドクリームをのせられるコーンウォール式も捨てがたい!

そんなおしゃべりですっかり盛り上がり、肝心の仕事の話は後回し・・・

△クリームティーが美味しいカフェThe English Rose Café and Tea Shop

英国の花バラの食器や壁紙につつまれて。関連☆英国の花バラ、満開!リージェンツ・パークのバラ園〜イギリスとロシアの好きなところ〜

関連ブログ

イギリスはクロテッドクリーム!ロシアは生クリーム⁉︎イギリスとロシアのアイスクリーム事情 2

【英国のなかの日本】ロイヤル・オペラ・ハウスで『蝶々夫人』

2022-06-19

ロイヤル・オペラ・ハウス(ROH)ではプッチーニのオペラ『蝶々夫人(マダム・バタフライ Madama Butterfly)』上演中!

ロシアの劇場ではメインキャストはロシアが育てたロシア人芸術家が多い印象ですが、こちら英国では外国人も大活躍しており、たとえばロイヤル・バレエでは熊川哲也さんや吉田都さんなども有名です。今回のオペラ『蝶々夫人』では日本人ソプラノのさんが中村恵理さんが!ちょうどマンチェスター旅行で、『蝶々夫人』を演じられる劇場ポスターを拝見したところでした。

 

△劇場ロビーホールには、時代別にロイヤルオペラハウスの当時の様子を見ることができました。(左 1804年、右 1847年)

もともとは、ボリショイ劇場で活躍しているロシア人のディアナ・アリエワ(Diana Alieva)が飾る初日の公演を予約していたのですが、visaの関係で渡航が難しくなり、アルメニア人のリアンナ・ハロトゥニアン(Lianna Haroutounian)が蝶々夫人を演じました。

世界中で上演されてきた名作オペラ、♪さくらさくらなど日本の旋律も叙情豊かに響く音楽はもちろん素晴らしいですが、外国人の目からみた日本の美にいつもとても興味があります。でも、すべてを捧げた愛が報われない悲劇のラストはいつも涙が止まらず・・・

長崎を舞台に実話がもとになっていると言われていますが、見目麗しいピンカートンのモデルは実はロシア人だったという説もあります・・・

△日が長く、遅くまで明るいこの時期のイギリスは、テラスが気持ちいい!

△なかには素敵なレストランも。

日本人ソプラノ歌手の三浦環さんは、1915年に日本人初の蝶々夫人役としてロイヤル・オペラ・ハウスで演じました。一方、ロシアのボリショイ劇場で日本人初の蝶々夫人を演じたのは、1978年のことで、歌手の東敦子さんだそうです。

終演後はすっかり暗くなり、ライトアップ!

△夜のコヴェント・ガーデン。ロイヤル・オペラ・ハウスから終演後にたくさんの人が出てきて、馬車が行き交い、花売り娘が・・・『マイ・フェア・レディ』が始まりそう。(☆【ロシアナ映画館】舞台はロンドン!モデルはジェーン・バーデン!?『マイ・フェア・レディ』

関連ブログ

【ロシア文化フェスBlog 】モスクワ通信『改装後のボリショイ劇場本館』をご紹介!

【ボリショイ劇場】元バレリーナの山本萌生さんがご案内!日本語のバックステージツアー

【ボリショイ劇場】仲間入り!Камерная сцена им. Б.А. Покровского

【モスクワのレストラン】ボリショイ劇場の後はレストラン・ボリショイへ!

 

“ロシア版マクドナルド”フクースナ・イ・トーチカ 、オープン

2022-06-18

6月12日はロシアでは建国記念日「ロシアの日(День России)」、2022年のロシアの日、ロシア版のマクドナルド『Вкусно и точка』がオープンしました。(お写真はすべて公式サイトとВикипедияより)

△ロゴは・・・ちょっぴりモスバーガー風!?

△初日には大勢の人が詰めかけ行列が。建物の外壁には、“呼び方は変わる、でも愛はのこる” の文字が見えます。そう、この店舗は、ソ連時代に、マクドナルド1号店がオープンしたプーシキン広場の店舗です。かつての行列と比較して報じるメディアも。

関連ブログ

Макдоналдс(マクドナルド@モスクワ)2009 

【モスクワのファーストフード事情】2017 〜Макдоналдс マクドナルド〜

関連(ロシアのマクドナルド)

【オーロラ・スポット!北極圏ムルマンスク】街歩き①憲法広場と世界最北のマクドナルド

今年2022年2月に起きたロシアとウクライナとの戦争により、マクドナルドはロシアからの撤退を表明しました。ロシアの店舗では営業が続けられ、マクドナルドのロゴをもじった「ヴァーニャおじさん」なども話題になっていました。

△ロシアのインターネット上で話題になっていた外国人気ブランドをもじったロシア版ブランド。

4ヶ月が経ち、いまだに停戦が見えません。

 

「ロシアの日」関連ブログ

6月12日 День России(ロシアの日)☆(2009年当時の様子)

【モスクワの街角】祝日の旗はどんなふうに?

これまで「ロシアの日」をどんなふうに過ごしてきたかしら・・・と振り返ってみたら、2014年「ロシアの日」には、ウクライナの歌姫ヴィクトリア・ルキアネッツさんのコンサートの司会を、

【今日のロシア】ヴィクトリア•ルキアネッツさん、平和を願い

日ロ交流年2018年の「ロシアの日」には、モスクワ・ボリショイ劇場につづき、東京・サントリーホールにて『ロシアにおける日本年』&『日本におけるロシア年』のオープニング行事の司会を、

『日本におけるロシア年』&【日露交流年2018】【ロシア文化フェスティバル IN JAPAN】2018オープニング司会!舞台は夢のボリショイ劇場!

2019年、コロナ禍の2020年は、「ロシアの日」をロシアで過ごしていました。

食べ放題!天空のアイスクリーム工場がある展望台PANORAMA360【ロシアのアイスクリーム】【子どもと楽しい!】

【モスクワの墓地】まるで彫刻の森美術館!著名人の眠るノヴォデヴィチ墓地