【モスクワ通信】ジャム<ヴァレーニエ<コンポート

2021-11-16

ロシア文化フェスティバルblogより)

ロシアのスーパーマーケットのジャム売り場。大きな特徴のひとつは、ジャム(Джем)とコンポート(Компот)の間に、ヴァレーニエ(Варенье)のコーナーがあること。ジャムは日本でもお馴染みのように、フルーツをお砂糖と一緒に煮こみ、トーストにも塗りやすいペースト(ゲル)状になったもの。高級な海外ブランドもあればロシアのブランドもあり、ここまでは日本と一緒です。また果実がそのままの形で入った飲み物コンポートは、食堂でもよく見かけます。(関連ブログ☆【モスクワ通信】クワス?モルス?白樺ジュース?ロシアで味わってほしい飲み物を一挙ご紹介!

o0615046112409136180

そして、ロシアのスーパーでジャムよりもコンポートよりもさらに広いコーナーが割り当てられているのが、ロシア伝統のヴァレーニエ!同じようにフルーツと砂糖を一緒に煮込みますが、より果実の食感が残っています。

IMG_3025

△ロシア人のダーチャ(郊外の菜園付き別荘)で、自家製のハーブティー&ヴァレーニエのティータイム(関連ブログ☆モスクワ通信『郊外の菜園付きの別荘ダーチャでくつろぐ初夏の一日』)。ロシアではこんな風に、小皿のヴァレーニエをティースプーンですくって食べながら紅茶を飲むスタイルも昔からよく見られます。これが日本に伝わり、紅茶の中にジャムを入れてしまう“日本風ロシアンティー”に発展していったのでしょうか。

IMG_7209

△クランベリー味、黄桃味、ストロベリー味、ラズベリー味のヴァレーニエ。

IMG_7210 IMG_7023

△さまざまなブランドのヴァレーニエがありますが、レースで有名なヴォログダで作られているこちらは、レース模様のあしらわれた瓶のフタやラベルも可愛い!シーバックソーンや青すぐり(グースベリー) など日本ではあまり見かけないフルーツを使ったものもあります。最近はロシアもヘルシー志向になり“お砂糖控えめ”と書いてありますが、やっぱり紅茶が恋しくなる甘さです。

IMG_0563-600x450

△さらに珍しいものでは、きゅうりのヴァレーニエ(モスクワ通信『黄金の輪スーズダリの国際キュウリ祭り』)や松ぼっくりのヴァレーニエなんていうのも!

IMG_0722 IMG_0719

△きゅうりの青味と蜂蜜の甘みが爽やかなきゅうりのヴァレーニエ。ロシアでは、スイカやメロンだけでなく、夏にはきゅうり入りのレモネードなども見かけます。

IMG_4498-450x600 IMG_2502

△食用の松ぼっくりのヴァレーニエ。シベリア地方で滋養強壮や免疫力アップによいとされていて、まだ若い緑のちいさな松ぼっくりの芽を摘み、砂糖やレモンと一緒に煮ています。試食してみると、口のなかになんともいえない体に良さそうな渋みと皮が残るような感じで、私はちょっぴり苦手かも。ロシアにはこの松ぼっくりのヴァレーニエと同じ味の昔ながらのジュース、バイカル (Байкал)もあります。(関連ブログ☆【モスクワ通信】クワス?モルス?白樺ジュース?ロシアで味わってほしい飲み物を一挙ご紹介!

IMG_6535

△ロシアではヴァレーニエ入りの甘いピロシキも人気で、りんご(Пирожок с яблоком)やさくらんぼのヴァレーニエ(Пирожок с вишней)などが特におすすめです。

20150110-211000 スクリーンショット 2017-07-27 2.04.22

△スメタナ(ロシアのサワークリーム)やトヴォローク(ロシアのカッテージチーズ)と一緒にヴァレーニエ、朝食に人気です。またトヴォロークでつくる丸い焼きチーズケーキのスィルニキも、スメタナとヴァレニキでいただくと絶品。家庭料理ですが、ロシアではスターバックス・コーヒーでも人気フードメニューのひとつになっています。

F8B8FE8E-B3C3-4F7F-80DA-6CBFEF1D21BE

△ベラルーシの水餃子ヴァレニキは、皮が厚手でもちもち!中身は肉類だけでなく、ジャガイモ、きのこ、キャベツ・・・そしてさくらんぼなど甘い果物のヴァレーニエはお子様にも人気。

さて、ロシア人は夏の間、ダーチャで獲れた自然の恵みをたっぷりいただくのですが、同時に果物のヴァレーニエやコンポートや野菜の酢漬け・塩漬けを瓶詰めにして、冬の間の保存食にしています。(関連ブログ☆モスクワ通信『郊外の菜園付きの別荘ダーチャでくつろぐ初夏の一日』

IMG_6081 IMG_6083

△みんな手持ちの瓶を殺菌して利用するため、スーパーやホームセンターでは、さまざまなサイズの瓶のフタもずらり・・・!初めて見たときには驚きました。ロシアの冬を描いた可愛らしい瓶のフタのセットも。

いつも身近にヴァレーニエがあるロシアの食卓なのです。

【ロシアナの本棚】ロシアの小学生

2021-11-15

イギリス生活のいろは The first step in England 〜まとめ〜

2021-11-14

日本からロシアへ、そしてロシアから英国へ。新しい国で暮らすのはいつも“不思議の国のアリス”みたいです。イギリス生活のはじまりについてのブログをまとめてみました。最後には、日本人向けの情報サイトもご参考までに。

【家関連】

今回はイギリスのサイト(Rightmove やZooplaなど)で探して、気になる物件があれば不動産屋さんに連絡し、内見をして・・・という流れでお部屋を借りましたが、日系不動産会社もあります。ロシアでもイギリスでも、家具あり物件も充実しており、アイロンや掃除機など含め基本的な電化製品まで備わっていたり、場合によっては、食器など細かなものまで揃っていて、入居初日から生活を始められそうなお部屋もあります。私は炊飯器とパソコンは、東京→モスクワ→イギリスと持参したものを電圧を変えて使用しています。

ロンドンで家探しとロシアでの家探し、どこが違う・・・?

お家選びは、学校や職場へのアクセス、公共交通機関や自家用車、住んでみたいエリアや、家のタイプが大きな決め手になりそうです。私の場合は息子の学校とブリティッシュ・ガーデンの眺めでした!(☆【英国のお気に入り】ロンドンの鳥とモスクワの鳥!定点観測!ブリティッシュ・ガーデンの四季

 

【家具】

コンラン・ショップやデパートのジョンルイス、IKEAなど家具や生活用品を購入できる場所もありますし、イギリスにたくさんあるチャリティーショップや郊外のアンティークマーケットなどで家具を探す方も多いそうで、昨年はコロナ禍でしたので、私も今年開拓してみたいなと思っております。

【英国のお気に入り】思いやる英国とチャリティーショップ、マトリョーシカ!

【英国のなかのロシア】コンラン卿の逝去とコンラン・ショップで見つけたマトリョーシカ

【英国のなかのロシア】JOHN LEWIS & CO.で見つけたマトリョーシカ !

 

【硬水対策】【ゴミの分別】

テムズ川の水は何色?イギリスとロシアのお水事情

【英国のお気に入り】硬水に効く香水⁉︎英国BAYLIS&HARDINGとTHE BODY SHOP、ロシアのナチュラシベリカ

年末の大掃除!ロンドンとモスクワ、ゴミの分別は・・・?

 

【公共交通機関と車】

ロンドンといえば、真っ赤なダブルデッカー!英国とロシアのバス事情

ロンドンはチューブ!モスクワの地下鉄はメトロ!

ロンドンのタクシーとロシアのタクシーを比較!

“The world is your oyster(世界はあなたの思いのまま)”ロンドンはオイスター!ロシアはトロイカ!

2030年までに電気自動車化をめざすイギリス!街がクリーンなのはロシア!?

 

【学校】

【ロシアナの本棚】イギリスとロシアの小学生 〜学校生活まとめ〜

 

【旅】

私は旅が好きなのでNational Trust(https://www.nationaltrust.org.uk)とEnglish Heritage(https://www.english-heritage.org.uk)の会員になっています。どちらも歴史的な建造物や庭園などを保護する目的で設立されたもので、国内の見所などを網羅したハンドブックも役立ちますし、年会費を払うと郊外のお城や邸宅、四季折々のイングリッシュガーデンなど無料で訪れることができるので、もしご旅行がお好きでしたらおすすめです。

【英国のお気に入り】敬称と郵便番号が英国流!? ナショナルトラスト 2020 ハンドブック

【英国のお気に入り】ナショナル トラスト 2021 ハンドブック

 

【コロナ対策】

虹色のロンドン!英国とロシアの新型コロナウイルス対策

1度目はモスクワで、2度目はロンドンで。ロックダウンとホームスクーリング

 

【英国生活情報サイト】

☆渡英前から役立つ情報として Focusという在イギリス駐在員向けサービスが下のリンクを無料で公開しているそうです。(テーマによっては有料会員向けの公開ですが、様々な内容を扱っているとのことです)Focus https://www.focus-info.org

☆運転される方向けのサイトですが、サイトから購入できるガイドブックが役立ったという方もいらっしゃいました。英国生活ガイドLiB https://www.lib.uk.net

日本語情報誌

☆英国ニュースダイジェスト http://www.news-digest.co.uk/news/(イギリス便利ガイド https://guide.news-digest.co.uk

☆onlineジャーニー  https://www.japanjournals.com 

 

 

「郷にいれば郷に従え」あるいは「住めば都」なんてよく言いますが、初めてロシアへ旅立った2007年、トランクひとつで、しかもその半分は空っぽだったので(ドキドキとワクワクが詰まっていました)、お手伝いのために来てくださった先輩たちに驚かれてしまったのを覚えています。前任の先輩方がすぐに生活を始められるようにと社員寮のお部屋にあらゆる生活用品を置いていてくださったことが大きいのですが、ロシアではなるべくロシアの商品を試し、ロシア人から学んで、ロシア生活を味わいたい!と思っていました。その気持ちはやっぱりイギリス生活でも変わりません。イギリスのお気に入り、たくさん増やしていきたいです。