蝋人形でロンドンの歴史探訪!マダム・タッソーの館

2021-12-31

IMG_0895

△今年の十大ニュースといえば、エリザベス女王にバッキンガム・パレスでのアフタヌーンティに招かれたこと・・・!? 

IMG_0780

△ロシアではプーチン大統領との密会を新聞に撮られてしまった私でしたが(ロシアならではのトリックアート!インスタ映え⁉︎イリュージョン・ミュージアムへ)、イギリスではジョンソン首相とも仲良くなりました。

IMG_5936

(2021.08)観光客が少ないこの夏がチャンス!?とばかりに、長蛇の行列を横目に見ていたマダム・タッソーの館(Madame Tussauds)を初めて訪れました。本物そっくりの蝋人形には、歴史上の人物や映画スターに人気ミュージシャン、世界の政治家やなどもいて、アイディア豊かなポーズや夢のシチュエーションの一部となって面白い1枚を撮影できる楽しみはもちろん、蝋人形になっている歴史上の人物とともにロンドンの歴史を冒険できるアトラクションや、実在したマダム・タッソーが、どうして、どのように、蝋人形を作っていたかを見ることができる場所もありました。

IMG_0698

IMG_0699

入口はレッドカーペッドがイメージされ、映画スター気分で到着!

IMG_0704

IMG_0723 IMG_0730

△ジョニー・デップ主演の映画『チャーリーとチョコレート工場』を観て、モデルになったキャドバリーの工場を訪れました(☆【イギリス国内旅】『チャーリーとチョコレート工場』の甘い誘惑!キャドバリー・ワールドへ)。映画の人気キャラクターが集まるレスター・スクエアにはチャップリン の銅像も(☆レスター・スクエアで映画の人気キャラクター探し!)。

IMG_0732

IMG_0735 IMG_0736

△007シリーズ公開に合わせて大人気だった俳優ダニエル・クレイグ(【芸術の秋、日本の秋】007新作『No Time to Die』と『JAPAN2021』)。約6年振りの新作は、第21弾「007 カジノ・ロワイヤル」からジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグにとって、最後のボンド役となる作品です。

IMG_0739

△蝋人形、とまではいきませんが、自分の手の立体型を蝋で作ることができるコーナー

IMG_0745

△『ノッティングヒルの恋人』のあの本屋さん!(☆ノッティングヒルの恋人!ポートベローマーケットとはじめてのサンデーロースト

IMG_0756

△スポーツ選手のコーナーには、クリケットにテニス、そしてサッカーでは・・・

IMG-6341 IMG-6343 IMG-6344

△ベッカム家の息子になったり、ペレの愛弟子になったり、イングランド代表がワールドカップで優勝した瞬間に立ち会ったり・・・蝋人形は入れ替えがあるようで、この日は日本人の千代の富士関はいませんでした。また、東京のマダム・タッソー蝋人形館にはロシアのマリヤ・シャラポワ選手のフィギュアがいると聞きましたが、ロンドンではロシア関係の偉人は見つけられず。

IMG_0765 IMG_0761

△イギリスらしく王室の一員になれる記念撮影スポット。ロンドンにはダイアナ妃にまつわるスポットもたくさんあります。(☆〜ケンジントン・ガーデンズでダイアナ元妃の記念スポットめぐり〜新しい銅像と記念庭園、記念プレイグラウンド、記念噴水

IMG_0816 IMG_0714

△今年の大きなニュースといえば、ヘンリー王子と元女優のメーガンさん夫妻が王室を離脱してアメリカへ。そしてエディンバラ公フィリップ殿下がお亡くなりになったこと。(☆ロマノフ家の末裔にあたるエディンバラ公フィリップ殿下のご逝去・・・悲しみに包まれるイギリス【英国のなかのロシア】バッキンガム・パレスの庭でピクニック!ロイヤル・コレクションのなかのロシアのティアラの話ロシアナ映画館『ザ・クラウン(The Crown)』【イギリス国内旅】「ザ・クラウン」でも登場するウィルトン・ハウス、絵になる美しさをロシアに再現した女帝エカテリーナ

IMG_0759 IMG_0760

△歴史上の人物のコーナーではヘンリー8世が人気(関連☆ヘンリー8世が愛したエッグタルト「Maids of Honour」

IMG_0772 IMG_0775

△歴史上の人物やイギリスの著名人のコーナーは、息子といっしょに歴史の勉強にも!ウエストミンスター寺院でお墓を見たニュートンや(☆【英国のなかのロシア】エリザヴェータ・フョードロヴナに再会!世界遺産ウェストミンスター寺院)、作家のディケンズ。息子は学校で『オリバー・ツイスト』の劇に挑戦しました。ナイチンゲール博物館でディケンズとのつながりについても発見がありました。(☆“クリミアの天使“フローレンス・ナイチンゲール博物館ともうひとりの天使マリア・シーコール)今度はディケンズ博物館も訪れてみたいです。

IMG_0781

△関連ブログ☆首相官邸 ダウニング街10番地

IMG_0782

△関連ブログ☆【イギリスの学校生活】“ハウス“とチャーチル巡り

IMG_0790 IMG_0812

△人気ミュージシャンのコーナーでは、どの方が蝋人形でどの方がお客様なのか、分からなくなってしまいます・・・!

IMG_0791 IMG_0893

IMG_0804

△ビートルズ(☆ビートルズの聖地!?アビーロードの横断歩道と『Back in the U.S.S.R.』赤の広場野外ライブ

IMG_0884 IMG_0889

△4Dシアターでは、マーベル映画のヒーローたちーが登場するショートストーリーが上映されるほか、映画『スターウォーズ』シリーズの世界が広がります。

IMG_0827

△マダム・タッソーが蝋人形を作っていた頃の世界へ。マリー・タッソー(Marie Tussaud:1761-1850)はフランスで生まれ、母親と共に移り住んだスイスで医者から蝋人形づくりの基礎を学びました。当時フランスでは蝋人形に最新流行の衣装を着せて展示することが人気で、マリーもその技術を買われて王室に仕えヴェルサイユ宮殿で働いていたそうです。

IMG_0823

△フランス革命時には、ギロチン刑を受けたルイ16世やマリー・アントワネットなどの首を蝋人形で作りました。

IMG_0831

△ベイカー・ストリートのスタジオ

IMG_0832

△蝋人形が作られていく過程

IMG_0835

△マダム・タッソー自身の蝋人形とデス・マスク

IMG_0840

△ロンドン・タクシーに乗って、時空を超えロンドンの歴史を探検するアトラクション

IMG_0846

△シェイクスピアの時代へ(☆【イギリス国内旅】ストラトフォード=アポン=エイヴォンへシェイクスピア巡礼の旅!そして名物ジャイアント・スコーン

IMG_0850

△1666年のロンドン大火とセントポール寺院の再建、そして産業革命へ

IMG_0866

IMG_0859 IMG_0867

IMG_0870 IMG_0874

ロンドンの街で見たもの聞いたこと、食べた味や旅した場所など今年の思い出が、蝋人形とともに鮮やかに浮かび上がってきます。今年もたくさんのイギリスをコレクションすることができました。

 

大英図書館で『くまのパディントン』展

(2021.07)夏の始まり!大英図書館で開催されている『くまのパディントン展』でのアルバム。

IMG_7713

IMG_7772

IMG_7771

IMG_7716

IMG_7717

IMG_7763

IMG_7720

IMG_7721

IMG_7722

IMG_7735

IMG_7726

IMG_7727

IMG_7736

IMG_7737

IMG_7739

IMG_7740

IMG_7742

IMG_7748

IMG_7752 

IMG_7754

IMG_7756

IMG_7762

IMG_7764

IMG_7766

IMG_7767

IMG_7768

IMG_7769

 

ロシアの国立図書館についてはこちらのブログをどうぞ

可愛らしい原画にキュンときたあなたにお勧め!イギリスでは『くまのパディントン』、ではロシアでは・・・『霧のなかのはりねずみ』はいかがでしょう?

【“英”印良品】幸せが溢れ出す!ホット・チョコレート・ボム

2021-12-30

イギリスの冬にはホット・チョコレートがよく合います。お散歩の途中、冷えてくると恋しくなるあの湯気、あの香り・・・!

IMG_5907

△ロンドンで初めて出逢ったホット・チョコレート・ボム!いろんな商品があってこの時期のちょっとしたプレゼントにもぴったり。

IMG_5908

△こちらは飾っても可愛いツリー型

IMG_5909

IMG_5911

△ボムをホットミルクに浮かべてスプーンでくるくる混ぜていると、次第にチョコレートが溶けて・・・

IMG_5914

△なかからマシュマロが!美味しいホットチョコレートの完成です。この冬の牛乳の大量消費にもぴったり!?マグカップは、冬休みに訪れた食器の町ストーク・オン・トレントで購入したエマ・ブリッジウォーターのものです。(関連☆イギリス陶器の町ストーク=オン=トレント日帰り旅【英国のなかのロシア】【イギリス国内旅】

IMG_5336 IMG_5337

△イギリスでは、よくキャドバリーのホットチョコレートをみかけます。(関連☆【イギリス国内旅】『チャーリーとチョコレート工場』の甘い誘惑!キャドバリー・ワールドへ【英国のなかのロシア】隠れマトリョーシカを探せ!イギリスの冬恒例のウィンター・ワンダーランド

 

プレイデイトのお誘いも、「サッカーとホットチョコレート」が定番です。お庭や公園でたっぷり遊んだ後、「ホット・チョコレートが出来たわよー」と呼ばれて家に戻る幸せの瞬間。なんだか私まで子供時代に戻ったような甘やかなひととき。湯気の向こうに、おばあちゃんがてりがでるまでよくカカオを練って淹れてくれたあの味と笑顔を思い出します。

unnamed-3

△ロシアでは、この『クラースヌィ・オクチャーブリ』のカカオを使っていました。

関連【モスクワ通信】ロシアの顔!アリョンカ・チョコレートとバレンタインデー