【F&Mパトロール】クリスマス・ティーでクリスマス・ムード!

2020-11-03

 季節はハロウィンが終わり、クリスマスへ・・・今月のF&Mパトロール!

IMG_0061

IMG_0127

△F&Mのアドベントカレンダーが毎年可愛いのですが、建物自体もアドベントカレンダーになっていました!

IMG_1577 IMG_1578

△夜のライトアップもとっても素敵です!(☆ロンドンとモスクワ!街のクリスマス・イルミネーション比較

IMG_0063

△クリスマスティーのデコレーション

IMG_0067

△赤と緑のクリスマスカラーでクリスマスティー登場。贈り物にもぴったり!

IMG_1586

IMG_0071

△サンタクロースと撮影できるフォトスペースも。サンタクロースは、ヨーロッパでは聖ニコラウスのこと。4世紀頃の実在した人物で、夜中にそっと貧しい家庭の窓に金貨を施していました。それが、アメリカを始め世界へ広まっていくうちに、クリスマスの前の晩に子供たちにプレゼントを届けてくれる今のサンタクロースのイメージにつながっているのだそうです。ちなみに、同じキリスト教でもロシア正教のロシアでは、クリスマスは新年のあとの1月7日で、サンタクロースとはやや違うジェド・マロース(寒波おじいさん)とスネグーラチカ(雪娘)がやってきますよ。(☆連想ゲーム!ロシアの新年といえば何?【ロシアの劇場】星型の劇場!ロシア軍劇場(ソヴィエト赤軍中央劇場)で新年ヨールカ祭りの劇

IMG_1582

IMG_1579

IMG_1593

IMG_0072

△一生ものの木製アドベントカレンダー

IMG_0073

△手軽に楽しめる紙製アドベントカレンダー

IMG_0074

△イギリスでよく見かける布製オーナメント。布製はロシアではあまり見かけませんでしたが、イギリスではあちらこちらのお店や観光地などで、さまざまなモチーフのものが一年中販売されています。

IMG_0102

△アフタヌーンティースタンドやティーポット&カップ、F&Mの時計やどれもこれも素敵で目移りしてしまいます。(☆【モスクワ郊外クリン】一年中、ロシアの新年!もみの木のオーナメント博物館

IMG_0076

IMG_0077 IMG_0083

△たくさんのくるみ割り人形!ロシアでも年末年始はくるみ割り人形です!(☆【ボリショイ劇場】ロシアのクリスマスはやっぱり『くるみ割り人形(Щелкунчик)』

IMG_0080 IMG_0081

△イギリス伝統のクリスマス・クラッカー!両端を引っ張るとなかからちいさなプレゼントやメッセージ、クイズや紙で出来た王冠などが出てきます。

IMG_0082

IMG_0084

IMG_0086 IMG_0087

IMG_0089

IMG_0094

IMG_0095

IMG_0096

IMG_0097

IMG_0101

お店のショーウインドーには、これまでのクリスマスポスター☆カタログが立体的に再現されていました。

IMG_0119

IMG_0107 IMG_0108

△1965年

IMG_0109 IMG_0110

△1934年

IMG_0103 IMG_0104

△1936年

IMG_0105 IMG_0122

△1957年 

IMG_0111 IMG_0112

△1930年 

IMG_0114

△2008年

IMG_0116

△2015年

IMG_0117

 

ロンドンの中華街でロシアのコアラのマーチ発見!?

2020-11-01

IMG_1551

ロンドンの中華街

IMG_1553

店頭で湯気を立てる肉まん、ロンドンでも人気!?タピオカドリンク、美味しそうなものが並んでいます。

IMG_1543 IMG_1545

IMG_1557

ロンドンの一般的なスーパーでは見かけないような立派な蓮根や春菊、ニラなどが並ぶ中華食材屋さんで・・・ロシア語表記のコアラのマーチ!?

IMG_1536

モスクワでも中国市場やベトナム市場は食材の宝庫でしたし、中華料理のレストランや火鍋の美味しいレストランも話題でした。ロンドンでも少しずつお気に入りのお店を見つけていきたいです。

スクリーンショット 2020-12-31 16.52.51

△大きな揚げパンの油条を購入したので、香港の朝ご飯の中華粥を思い出して。“お米のポタージュ”になるまで煮込んで、カリフワっと香ばしい油条と一緒にいただくと冷え切った身体が温まりました。

IMG_4295

関連ブログ

【モスクワの街角】モスクワのなかの中国を探してみよう!

【モスクワのレストラン】新感覚が癖になる!中国の蘭州拉麺&刀削麺

【モスクワのレストラン】中華新聞

【モスクワのレストラン】CHINA CLUB

【モスクワの市場】中国市場

【モスクワの美術館】東洋美術館、探検!

【ロシアのなかの日本!?】メイソウ、迷走・・・!?

2030年までに電気自動車化をめざすイギリス!街がクリーンなのはロシア!?

2020-10-29

イギリス車といえば、ロールス・ロイス(Rolls-Royce)やベントレー(Bentley)、ランドローバー、 MINI – ミニなど。

IMG-1679

モスクワでもロンドンでも日本車は大人気ですが、ロンドンではロシア車は見かけません。モスクワでわ、タクシーにも使用されよく見かけていた韓国車(Hundai、KIA)や、日本車の Toyota Camryもロンドンではほとんど見かけません。ロシアよりもよく見かける車は・・・電気自動車!

IMG_8530

△充電している車もよく見かけます。イギリスでは2030年までにガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止して、気候変動対策として電気自動車にしていく計画を発表しています。

【モスクワの交通事情】車につけるマークと駐車システム

【モスクワの交通事情】ただいま充電中!電気自動車のカーシェア

IMG_6916

△電動のレンタルサイクルや電動バイクも。

【モスクワの交通事情】快適シティサイクル!モスクワ自転車事情 2018

モスクワ通信『モスクワ散歩の進化系!?街中で人気の乗り物』

 

ヴィーガン発祥の国として多くのレストランやスーパーにヴィーガン表示を見かけたり、街にはたくさんのチャリティーチョップやリサイクル回収BOX・・・イギリスは世界に先駆けてエコ・フレンドリーに取り組んでいます。ただ、先進国イギリスへきて唯一気になったのは、街中のポイ捨てが多く、あちらこちらにゴミがあること・・・!

意外に思われるかもしれませんが、モスクワは街中がとても綺麗に清掃されていて、モスクワ観光に訪れた両親はゴミひとつない地下鉄や建物の外壁の美しさに驚いていました。(☆【モスクワの街角】夏にみかける散水車&清掃車、そして噴水車!?【モスクワの街角】街の手入れ)清掃員の方もたくさん見かけますし、フードコートではちょっと目を離すと食べ終わる前のトレイをてきぱきとお片付けされてしまい「あれ、消えた!?」なんていうことも。(関連☆【ロシアのファーストフード事情】 2017 〜まとめ〜)ロシアでは2017年〜2020年の間にゴミの分別はようやく広がっていっているという印象ですが、(【モスクワの住環境】2017年、ゴミの分別は・・・?)電気バスも走るようになり(☆【モスクワの交通事情】エレクトロブス(電気バス)Электробус!)、エコの文字を見かける機会が増えています。(【モスクワの流行】エコ 2019)エコバッグなども流行してきました。(【モスクワの流行】〜健康志向とオーガニック、そしてエコへ〜