【英国のお気に入り】虹色のロンドン!英国とロシアの新型コロナウイルス対策

2020-09-01

ロンドンの街は、新型コロナウイルスと戦う医療従事者の皆さまへの感謝に溢れています!

IMG_6976

IMG_7002

IMG_6900

特に感謝の気持ちを込めて虹を飾っている場所が多くて、お店のウインドーにも趣向を凝らした虹のディスプレイを見かけたり、ちょっとした場所に虹のマークを見つけたり。住宅街を歩いていると、窓にお子様の描いた可愛らしい作品もたくさん見かけました。

IMG_7007

IMG_7010

NHS (National Health Service) は英国の国営医療サービスのことです。厳密にいうと外国人の私には関わりがないようにも思えますが、現地校に通う息子は先日、インフルエンザの予防接種をしてもらいましたし(ロンドンでは子供たちは鼻からスプレー式で接種してもらうのだそうです。注射よりも痛みが少なく息子は喜んでいました)、コロナウイルスに立ち向かう医療従事者の皆様には、心からの感謝と尊敬の気持ちです。

IMG_6963

IMG_7296

IMG_8004 スクリーンショット 2020-12-30 2.09.52

IMG_7534 IMG_2033

スクリーンショット 2020-09-12 10.51.30

1日も早い新型コロナウイルスの終息を願って、さっそく息子と絵具で虹を描き自宅の窓にも飾りました。

4c184291-1cf7-4652-969a-9475ade307c4

ロンドンの雨上がりの空に美しい虹がかかりました!

△リージェンツ・パークのサッカーフィールドHubにて。試合中の空にも虹!

△デザイン・ミュージアムにて。医師のユニフォームにも虹デザイン!

△2020年4月のエリザベス女王の特別スピーチでも、子どもたちが描いた虹について触れられています。大切な人思って心温まる、そして希望を胸に勇気が湧く素晴らしいスピーチです。

関連ブログ

【ロシアの新型コロナウイルス対策 #モスクワ定点観測】まとめ

【ロシアの新型コロナ対策】【ボリショイ劇場】今晩17時!豪華出演陣によるコンサートМЫ ВМЕСТЕ生中継

ロシア→英国後の隔離生活中、イワン雷帝に会う!?

2020-08-27

無事ロンドンへ到着しました。「Здравствуйте」から 「こんにちは」、「Спасибо」から「ありがとう」へ。日本との時差も6時間(モスクワー日本)から9時間(ロンドンー日本 ※3月から10月のサマータイム時は8時間)。直行便で約9時間(モスクワー東京)から約12時間(ロンドンー東京)の場所へ。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、どの国も外国人の入国に制限が設けられています。19日の時点で、英国へ入国する日本人は原則として隔離の対象ではなかったのですが、ロシアのように特に感染者の多い国から入国する場合には2週間の隔離が必要とのことで、入国早々、アパートメントホテルでの隔離生活(ロシア語 карантин、英語 quarantine)が始まりました。

81c1d210-da49-4f3d-a0dc-1743e67e9738 IMG_6921

建物、街路樹、草花や鳥、通りを行き交う車・・・窓から見える景色が全く違います!なんだかロシアよりも肌寒く感じる今年のロンドンの夏。3年前の2017年5月末にモスクワへ引っ越し、アパートメントホテル生活をしていた6月も、こんなふうに何もかもが新鮮だったっけ。

IMG_6829 IMG_6978

オーブントースターではなくポップアップ式のトースターにティーポット!アパートメントホテルの備え付けの食器や電化製品にも、英国らしさを感じます。電圧やコンセントの形は、日本ともロシアとも違うのでプラグ変換グッズが必要です。

unnamed-5

ホテルのなかでまだ実感がわきませんが、ボリュームたっぷりのイングリッシュブレックファーストや濃いミルクティーと、クロテッドクリームをつけたスコーンに英国を感じます。 

IMG_7798

ロシアのお友達や日本の家族に無事の到着を知らせたり、オンラインで家探しや買い物をしたり、せっかくなので英国が舞台の映画を観てみたり・・・コロナ禍のステイホームでも隔離生活でも、相変わらずインターネットがライフラインの毎日です。『ハリーポッター』シリーズ、『パディントン』シリーズ、そして『ナイト・ミュージアム』シリーズの2には、ナポレオンとアル・カポネと共にロシアのイワン雷帝も登場!隔離が終わったらぜひロケ地なども訪れてみたいです。

関連ブログ

【モスクワで家探し】〜その1不動産屋さんの便利サイト〜

【モスクワで家探し】〜その2 内覧〜

スクリーンショット 2020-12-29 21.01.24

△隔離期間中には、息子の9歳の誕生日もお祝いしましたが、その日はちょうど新しい音楽学校のオンライン入学試験でした。グランドピアノの前に座っていた面接官の先生が、即興でハッピーバースデーを弾いてくださいました♪

△隔離中のホテルではショートケーキを焼くことができないので・・・M&Sでショートケーキに一番近い⁉︎トライフルをバースデーケーキがわりに。

英国ではロックダウン中も、健康を維持するための屋外での運動がある程度認められており、ロシアでもロックダウン中も必要最低限の買い物は認められていましたので、2週間ものあいだ1歩も外出できないのはなかなか大変・・・!まずは引っ越しの疲れを癒しつつ、9月からの新学期と新生活に備えてゆっくり過ごしたいと思います。

【英国のお気に入り】サッカー・カード対決! イギリスのフットボール・カード『アドレナリン』vs ロシアのアズブカ ・フクーサ限定カード!

2020-08-25

長いホテル隔離生活の間に、9歳のお誕生日を迎えた息子。ホテルでも楽しめるように・・・とフットボール・カードをもらいました。

IMG_0633

ADRENALYN(アドレナリン)というイギリス・プレミアリーグの選手たちのカードで、アルバムにコレクションしたり、カードやオンラインゲームで理想のチームを作ったり試合を楽しんだり出来ます。

IMG_0636

モスクワでは、2018年にロシア初開催のFIFAワールドカップを記念して、スーパーマーケットのアズブカ ・フクーサでお買い物すると無料でもらえるカードを集めていました!ワールドカップ のスター選手たちがロシア語で表記されています。(【FIFAワールドカップ2018モスクワ】スーパーで集めるスター選手カード

unnamed

ワールドカップがきっかけでロシアでサッカーに目覚めた息子。大好きな選手がいるサッカーの本場イギリスでプレーできるのを今から楽しみにしているようです。 

関連ブログ☆【W杯2018モスクワ】〜まとめ〜

ちなみに、日本ではアメリカ式に“サッカー”と呼ぶのが一般的ですが、イギリスではフットボール(football)、ロシアでもфутбол(フドボール)です。