【今日のロシア】ショディエフ氏と久保田一竹の世界

2011-11-03

室町時代の染め物を20年もの歳月をかけて
60歳のときに独自の「一竹辻が花」として完成させた久保田一竹

富士山や日本の四季があでやかに染められた着物に魅せられ、
ご夫妻で何度も足を運んでいたロシアの大富豪ショディエフ氏王冠
財政的な危機に陥っていた久保田一竹美術館を守っていくことに

久保田一竹の世界を世に広めるための展覧会開催を記念した
パーティに行ってきました

久保田一竹の着物で囲まれた会場は、
まるで美しい日本画のなかに迷い込んだかのよう・・・
撮影禁止だったのがとても残念

詳しくは11月8日の「ロシアの声」でレポートします

左から、実行委員長のパノフ元駐日大使と
ショディエフ財団会長(お二人は大学時代に一緒に日本語を学んでいたそう鉛筆)、
乾杯の挨拶をされた鳩山元総理ご夫妻

パノフ元大使と

 

ショディエフご夫妻と

 

会場では、あのウェディングドレスデザイナーの桂由美さんも発見

 「ロシアの声」にコメントもいただきました