【ロシアの新型コロナ対策】ロシア・プレミア・リーグ再開!ロストフ・ユースvsソチ・プロチーム!?

2020-06-22

新型コロナウイルス感染対策のため、3月16日の試合を最後に中断していたロシア・プレミア・リーグ。いよいよ6月19日から再開です!クリリヤ・ソヴェトフ(Крылья Советов)vs アフマト・グロズヌィ(Ахмат Грозный)、そしてランキング上位ロストフ(Ростов)vsソチ(Сочи)の対戦。

IMG_8275

もちろん、試合前には選手・関係者を対象に検査が行われますが、ロストフの6名の選手に陽性反応が出たため、全選手が自己隔離となってしまいました。試合延期が選択できなかったロストフの決断は・・・なんとユースチームの出場!気のせいか、ユニフォームのナンバーも大きく2桁台。普段は両チーム並んで入場しますが、ソーシャルディスタンシングのため1チームずつ登場。コーチやベンチの選手はマスク着用。スタジアムの観客は全体の10%以下となっています。

若い選手たちはもちろん、やってやるぞ!という気合いと闘志に満ち溢れていますし、ソチの選手たちはプロの意地にかけて負けられん!という気迫が漲っています。予期せぬ出来事と見たことのない展開に、TVの前の私たちもTV解説者も興奮状態。プロ選手の凄さは知っていますから、ソチのホームスタジアムですが、みんなロストフを応援ムード・・・!

そして始まった試合は、なんと開始47秒で、ロストフのMFロマン・ロマノフ(Роман Романов)選手が1点先取!!!試合は俄然盛り上がります。6分でソチが1点返し1−1。その後も、26分にはPKでロストフGKデニス・ポポフ(Денис Попов)選手のスーパーセーブが光ります。ロストフはディフェンダー陣がなかなかプロに太刀打ちできず苦戦しますが、4対1で前半を終え、後半へ。普段は3人選手交代できますが、現在は5人まで交代できます。

シュートの数はソチ35本、ロストフ2本。ボール支配率はソチ80%、ロストフ20%。結果として10対1という大差で負けてしまったロストフでしたが、ロシア中から若い選手たちへ惜しみない拍手が送られました。

サッカー好きの息子にとって、またロシアとイングランド、時差と戦いながら試合を追いかけるTV観戦の日々が始まりました。(一番応援しているイングランド・プレミア・リーグは17日から一般の観客はなしで試合再開。)そして、最も楽しみにしているのは自分たちのチームの練習再開です・・・!

関連

【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『ロシア国内プレミア・リーグ観戦!ツェスカ・モスクワ VS ロストフ』

【セブン・シスターズ】スターリン建築のレニングラード・ホテル

ヨシフ・スターリン政権のソビエト連邦時代に建てられた建築様式、スターリン建築。空を刺すような左右対象の超高層ビルです。こちらはそんなスターリン建築の中でもセブン・シスターズのひとつに数えられるレニングラード・ホテル。

IMG_8157

IMG_8192

エキゾチックなカザン駅、北の都へ向かうレニングラード駅、そしてウラルやシベリアの民話を思わせるヤロスラヴリ駅と、鉄道駅が3つ集まっているコムソモール広場に面して立っています。そのせいでしょうか、この3つの駅を訪れた後に、レニングラード・ホテルのロビーへ足を踏み入れると、この3つの駅のイメージがここでひとつに溶け合っているような不思議な感覚になりました。

 ☆【モスクワの鉄道駅】ロマンチックな民話の世界!シベリア鉄道の終点ヤロスラヴリ駅

 ☆【モスクワの鉄道駅】モスクワの鉄道の始まり!北へ北へ・・・!レニングラード駅

 ☆【モスクワの鉄道駅】星座の大時計と哀しい伝説のスユンビケ塔!エキゾチックなカザン駅

IMG_8194

IMG_8195

IMG_8197

IMG_8198

IMG_8199

IMG_8200

IMG_8201

IMG_8202

外資ヒルトン・ホテル系列で、宿泊することができます。現在はコロナウイルス治療に貢献してくださっている医療従事者へお部屋を提供しているそうです。

Hilton Moscow Leningradskaya 公式サイトはこちら

【モスクワの鉄道駅】モスクワの鉄道の始まり!北へ北へ・・・!レニングラード駅

カザン駅、レニングラード駅、ヤロスラヴリ駅と、鉄道駅が3つ集まっているコムソモール広場。モスクワ〜サンクトペテルブルグ間をつなぐ寝台特急やサプサンなどを利用できるのがレニングラード駅です。サンクトペテルブルグはかつてレニングラードと呼ばれていました。ロシアでは、行き先の主要地が駅名になっているため、モスクワにあるのにレニングラード駅なのです。

IMG_8154

最も古い鉄道駅で1849年に建設されました。

IMG_8183 

△建築家コンスタンチン・トンの銅像が駅前にあります。

IMG_8186

IMG_8184

△旅の無事を願って・・・教会もあります。

IMG_8187

IMG_8188

△10年前は、鉄道駅など公共の場でカメラを出すと警備員さんに注意されたものですが、今ではオススメの撮影スポットの案内表示や、撮影場所について詳しい解説を読めるアプリがあったり。

このレニングラード駅からは、北の都サンクト・ペテルブルクへ(☆モスクワ通信『あなたはどちら?寝台特急レッド・アロー号それとも高速鉄道サプサン?』)、さらに北の世界遺産に登録された木造建築教会で知られるキジ島へ、さらにさらに北上して北極圏ムルマンスクへ(☆【オーロラ・スポット!北極圏ムルマンスク】まとめ)、国外へはフィンランド(☆【北欧フィンランドのなかのロシア】ヘルシンキの街の真ん中に・・・ロシア皇帝像!?)やエストニア(☆【旧ソ連圏 バルト3国 エストニアのなかのロシア】〜まとめ〜)へも列車でいくことができます。

IMG_8189

△ロシアでよく見かける無料の充電スポット(【モスクワの流行】充電サービス

IMG_8190

△目の前には、カザン駅と2つのスターリン建築の建物が見えます。ひとつはレニングラード・ホテル!レニングラード駅に到着して、レニングラード・ホテルへ宿泊も出来ます。(【スターリン建築】レニングラード・ホテル

関連☆【モスクワの交通事情】【モスクワの鉄道駅】〜まとめ〜