【モスクワの街角】祝日の旗はどんなふうに?

2020-06-12

日本でも祝日の日は、玄関口などに日の丸を掲げる建物が多いですが、ロシアでも建物に旗をさす金具が3個ついていて、祝日にはロシアの旗とモスクワの旗を掲げられるようになっています。

IMG_9348

スクリーンショット 2018-10-06 17.52.12

△モスクワ市旗は1995年に制定されました。モスクワの市章にもなっている絵は、馬上から槍で龍を退治する聖人ゲオルギーが描かれています。これまでもたくさんの絵画に描かれており、なかでもイングランドやグルジア、モスクワでは、守護聖人として硬貨や国章などに用いられているそうです。トレチャコフ美術館のイコン館でもこの絵のイコンを見ることが出来ます。

IMG_9708

さらに、5月9日の戦勝記念日には、旗がもう一本。(【ロシアの祝日】5月9日 戦勝記念日を祝うロシア!記念グッズも大公開!!)3つ目の赤い旗が掲げられます。これは、ドイツの首都ベルリンにある国会議事堂の建物の丸屋根のてっぺんに、1945年に掲げられた旗と同じもので、勝利の、戦勝記念日のシンボルともいえる旗です。

さて、6月12日はロシアの日。祝日の日の交通機関は・・・

IMG_9295

△モスクワ市営バスはロシア国旗とモスクワの旗が動物の耳のように両側に!(【モスクワの交通事情】バス事情 2017

2094C9F2-B0B5-49C8-BE01-C2240D2C1ACC

△トロリーは昆虫の触角のように真ん中に2本(【モスクワの交通事情】トラム&トロリー事情 2017

IMG_3019

△一方、日本の都営バスは、フロントガラスの下に日の丸国旗を2つ交差させています。

【ロシアのお土産】マギーで簡単に本格ボルシチ!

ロシアを代表するスープのボルシチ。普段はレストランでいただく機会が多いので、自宅で作ることは少ないのですが・・・6月12日は祝日のロシアの日、久しぶりに食べたくなって。

IMG_7456

△ロシアのおふくろの味なので家庭ごとにたくさんのレシピがありますが、ロシアのマダムに教わった私のお気に入りは生のビーツをすり下ろし、蒸して作るボルシチ。でも、もっとお手軽に本格的な味を楽しみたい方にオススメなのはこちら!

IMG_6620

Maggi マギーのボルシチの素!

250g分のじゃがいも(約4個)と200g分のキャベツを千切りにして、2Lのブイヨンで煮込み、あとはこのボルシチの素を加えて煮込むだけ。(お肉はお好みで加えますが、野菜のみで充分に美味しい!)とっても簡単で本格的な味に仕上がります。

お土産にもとても喜ばれる逸品です。

 

2B0D3C8C-6049-483F-B359-8EBC2AEA6058

△香味野菜やお肉のうまみを凝縮した洋風だしで日本でもおなじみのMaggiマギーのブイヨン。スイスのユリウス・マギーが設立し世界的食品企業ネスレが販売しています。

IMG_7475

△上にパイ生地を乗せてシチューポットパイ風にしても美味しい!

一緒に作ったビーフストロガノフのレシピも簡単でお気に入り。薄切りした玉ねぎを炒め、スメタナと生クリーム、ブイヨンと煮込みます。薄切りの牛肉も細切りにして小麦粉をまぶし、別のフライパンで炒めておきます。最後に玉ねぎとお肉を合わせて煮込めば完成です。薄切りのお肉が手に入るようになったので、オーブンで煮込む手間が省けて時間短縮です。(【ロシアのなかの日本】薄切り革命ミラトルクに和牛が続々!

ロシアでは、スメタナたっぷりの白いビーフストロガノフが主流です。付け合わせはじゃがいも(マッシュポテトの“ピュレ”や油で炒めたものなど)や蕎麦の実などが多いです。今日は日露競演!?白いご飯を合わせました。

スクリーンショット 2020-06-12 11.00.42

△Doodleもロシアの日!