【中世ドイツ、ソ連、そしてロシア!融合の飛び地カリーニングラード】〜まとめ〜

2020-05-04

NVOB94162-600x503

世界最大の国土を持つロシアですが、その最西端に、飛び地の小さな州を持っています。ポーランドとバルト三国(リトアニア、ラトヴィア、エストニア)との間にあるカリーニングラード州です。中世後期から1945年まで東プロイセンの中心都市だったケーニヒスベルク(ドイツ語では“王の山” という意味だそう)は、ソ連に併合されて閉鎖都市カリーニングラードとなり、現在はロシア連邦の飛び地カリーニングラードとしてドイツをはじめ世界中の観光客が訪れることができる街になってきています。

ケーニヒスベルクからソ連、そしてロシアへと歴史が紡がれ、文化が交差する飛び地カリーニングラード の旅をご紹介します!(2019年8月)

【中世ドイツ、ソ連、そしてロシア!融合の飛び地カリーニングラード】【モスクワの交通事情】シェレメチェヴォ空港からロシア航空で カリーニングラード

【中世ドイツ、ソ連、そしてロシア!融合の飛び地カリーニングラード】ケーニヒスベルク城がビジネスセンターに!廃墟“ソヴィエトの家”

【中世ドイツ、ソ連、そしてロシア!融合の飛び地カリーニングラード】理想と現実!廃墟“ソヴィエトの家” を眺めつつお寿司・・・

【中世ドイツ、ソ連、そしてロシア!融合の飛び地カリーニングラード】ロシア唯一の琥珀博物館とドイツの防空壕博物館

【中世ドイツ、ソ連、そしてロシア!融合の飛び地カリーニングラード】バルト海へ!猫好きにはたまらない保養地ゼレノグラツクで夏を満喫

【中世ドイツ、ソ連、そしてロシア!融合の飛び地カリーニングラード】マジパン博物館、カリーニン像、そして鉄道ヤンタリ(琥珀)号でリトアニアへ・・・!

 

【旧ソ連圏 バルト3国リトアニアのなかのロシア】ソ連から独立したリトアニアから、さらに独立宣言!?不思議でアートなウジュピス共和国とロシア正教会

ビリニュス旧市街の東、ヴィルネーレ川の向こうにあるウジュピス共和国。(ウジュピスは川向こうという意味だそう)旧ソ連時代から芸術家たちが住みはじめ、“ウジュピス共和国”として独立宣言!なんとも不思議でアートな場所になっています。

IMG_4077

△ウジュピス共和国への入り口、ウジュピオ橋

IMG_4371

△橋の脇にある建物内では、さまざまなウジュピス土産を購入できるほか、

スクリーンショット 2020-05-03 17.18.54

△入国スタンプも押してもらえます!毎年、ウジュピス共和国の独立記念日である4月1日には、パスポートなしでは入国出来ないのだとか・・・

IMG_3995

IMG_4015

△町のシンボル、天使の像

IMG_4001

IMG_4002

IMG_4021 IMG_4004

IMG_4006

△通りには、各国語で書かれたウジュピス憲法が並びます。

IMG_4012

△日本語もロシア語もありました。ユニークな憲法の一部をご紹介すると・・・

10. 誰にも猫を愛し、世話をする権利がある。
11. 誰にも、犬か人間のどちらかが死ぬまで、犬の世話をする権利がある。

13. 猫には飼い主を愛する義務はないが、必要とされたら飼い主を助けなければいけない。

 
39. 勝つな。
40. やり返すな。
41. でも降参するな。など
 

IMG_4034

IMG_4033 IMG_4053

IMG_4043

IMG_4050

IMG_4059

△朽ちたロシア製のピアノがあちらこちらに置かれています。誰かがぽろろん・・・と奏でると、川の流れとともに今この時しか聴くことのできない音色が響き、まるで巨大なインスタレーション。

IMG_4060

IMG_4056 IMG_4058

IMG_4055

IMG_4064

IMG_4376 IMG_4377

△再び橋を渡って、ウジュピス共和国からビリニュス旧市街へ

IMG_4047

△ウジュピス共和国から見えたロシア正教会へ行ってみることにしました。

IMG_4078

IMG_4069

IMG_4074

IMG_4379

△通りの名前も“ロシア通り”でした!

【旧ソ連圏 バルト3国リトアニアのなかのロシア】駆け足でカウナス!杉原記念館、メトロポリス・ホテル、鉄道駅

首都ビリニュスから第2の都市カウナスへ。ビリニュスがポーランドに占領されていた間、ここカウナスが首都でした。第2次世界大戦中、ナチス・ドイツの迫害により、ポーランドからリトアニアへ逃れてきたユダヤ人は、生き延びるための唯一の手段としてソ連・日本を経由して第三国へと考えていました。そんなユダヤ人に日本の通過ビザを発給して6,000人以上もの命を救った日本人外交官の杉原千畝氏の足跡を辿るため、毎年たくさんの日本人観光客がカウナスを訪れています。杉原千畝氏が領事代理として勤務した旧日本領事館は杉原記念館となっており、また領事館が閉鎖し退去勧告によりカウナスを去る最後の瞬間までビザを発給し続けたという滞在先のメトロポリス・ホテルと鉄道駅を駆け足で回りました。

IMG_4082

IMG_4089 IMG_4099

△工事により直通電車の代わりに、途中駅から振替バスが出ていました。

IMG_4092

IMG_4095

△駅の売店で買ったキビナイ。ビリニュス近郊にある水に浮かぶ美しいトゥラカイ城付近の民族料理だそうです。

IMG_4100

2269105a-8c97-4b49-acf6-4e6d6fe73090

IMG_4101

IMG_4102

△車窓から見えた不思議な建物

IMG_4108

IMG_4112

IMG_4113

△高台の閑静な住宅街の中にあります

IMG_4115 IMG_4116

IMG_4118

△執務室

IMG_4123

IMG_4117

IMG_4120 IMG_4121

△モスクワ日本人学校から贈られた千羽鶴も飾られていました。

IMG_4133

△幸子夫人の部屋には、ケーニヒスベルク時代のことなど、貴重な家族写真とともに紹介されていました。杉原夫妻には4人のお子様がおり、幸子夫人はここカウナスで3男を出産。さらに日本帰国後に誕生した4男となる息子さんは、イスラエル・エルサレムのヘブライ大学を卒業されたそうです。杉原千畝氏はイスラエルから“諸国民の中の正義の人賞”を日本人で唯一受賞しています。(関連☆【イスラエルのなかのロシア】〜まとめ〜

IMG_4128 IMG_4148

IMG_4150

IMG_4161

IMG_4170

△外観リニューアル工事中のメトロポリス・ホテル

IMG_4168

IMG_4165

IMG_4163

IMG_4171

IMG_4175

△派手なラッピングのトロリーで鉄道駅へ向かいます。

IMG_4174

△地元のマダムが大きなバームクーヘンを手に乗り込んできました。お祝いにも食べられるというリトアニアのバームクーヘン“シャコーティス”

IMG_4178

IMG_4183

IMG_4176

IMG_4179

IMG_4107

△駅のお店で、あのバームクーヘン“シャコーティス”を購入!

IMG_4189

△鉄道より速んじゃないかと怖くなるくらいスピードを出す乗合バスに乗って、再びビリニュスへ・・・!

IMG_4350

△ビリニュス新市街にも、杉原千畝氏にまつわる場所があります。スギハラ通りもありますし、

IMG_4352

△ネリス川沿いには“杉原桜公園”と呼ばれる場所があり、杉原千畝氏が学んだ早稲田大学から贈られた記念碑があります。

IMG_4356

IMG_4357

日本では、杉原千畝氏が生まれた岐阜県に『杉原千畝記念館』が、また、“命のビザ”によって命を救われたユダヤ人難民が、その後ソ連を通過し(モスクワからシベリア鉄道でウラジオストク へ)、そこから船で上陸した日本の敦賀港にも「人道の港 敦賀ムゼウム』があるそうです。