【英国のお気に入り】ビタミンの宝庫!ケールの苦味を飛ばすには?

2021-02-03

12月、いつものように親友の家に遊びに出かけた息子がお夕飯をご馳走になり帰ってきました。「なんだか美味しい海草みたいなものも出たよ!」不思議に思って尋ねてみるとお料理上手の英国人ママ曰く「ケールチップスよ!」とのこと。

IMG_1826 

モスクワではあまり馴染みのなかったケール。日本でも青汁の材料というイメージで、健康に良さそうと思ってもお野菜として食卓に登場したことはありませんでした。冬の日照時間が少ないモスクワやロンドンでは、ビタミン豊富な野菜や果物は積極的に摂取したいところ。

IMG_2592

△まずは、オーブンで焼くだけで簡単かつ美味しいケールチップス。塩を振りかけるだけでもよし、お好みでオイルをスプレーしてもよし(オリーブオイルや胡麻油など)焼けてくるとふわっと海藻のような香りがして、カリカリっとおやつ感覚で食べられます。ふりかけにして白いご飯にのせても、おにぎりに混ぜたりチャーハンの具材にしても美味しいです。

IMG_2596 

さらに、刻んだケールを油揚げや豚の薄切り肉などと一緒に炒めてボリュームたっぷりのお味噌汁にしても!コツは、青菜のようにしんなりしたところではなく、そこからさらにしっかりしっかり炒めていくこと。これでもか!と炒めていくと、やっぱりふわっと海藻のような香りが立ち上る瞬間があって、そこまで炒めると苦味はほとんどなくなり、子供でも大丈夫です。

モスクワでもロンドンでも安くて美味しいマッシュルームとケールを炒めてお味噌汁に。最後に先程のケールチップスをひとつまみ乗せれば、“追いケール”完了。

今年2021年は、なんと124年ぶりに2月2日が節分でした。 鬼とコロナ は外!福は内!ビタミンをたっぷり摂取して元気に春を迎えたいですね。

関連ブログ

【ロシアの食】ロシア土産に“幻のきのこ”チャーガ!ロシアのきのこ事情

【モスクワのスーパーマーケット探検】 野菜編

【モスクワのスーパーマーケット探検】〜フルーツ編〜 量り売りの青果コーナー

勝利を呼ぶスイーツ!?Jaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)

2021-02-02

英国のスーパーマーケットではビスケット売り場の充実度は素晴らしくて、お菓子とは別にビスケットの売り場があるほどです。一杯のミルクティーと美味しいビスケットの組み合わせは至福のひととき。さて、そんなビスケット売り場でも一際目立つのが、Jaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)です。

IMG_2541

英国を代表するビスケットのブランドのマクビティ(McVitie’s)が考案した英国ならではの味なので、ちょっとしたお土産にもぴったり!

IMG_2471

△基本のJaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)は3層構造で、柔らかいビスケットスポンジ生地をベースに、ママレードジャム(オレンジペースト)、そしてビターチョコレートでコーティングしてあります。

実はこのビスケットを知ったのは2018年モスクワで開催されたサッカーのワールドカップの時でした。イングランド代表チームの試合を観に出かける時に読んだ記事の中で、イングランド代表がロシアに持ってきた英国のお気に入りの食品リストの中にこのJaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)があったのです。(他には、ティーバッグ、イングリッシュ・マスタード、ベイクドビーンズなど)

3b166ce0af2f9062ae562469b1989d1a2 5b456de91638ae45d9e7ba0103c4e2ac1-216x240

調べてみると、イングランドプレミアリーグのマンチェスターユナイテッドのかつての名監督アレックス・ファーガソン(Sir Alex Ferguson)がチームの栄養部門のリーダーにTrevor Leaという人物を雇用したところ、カスタードクリームやバーボンやダイジェスティブ・ビスケット(こちらもマクビティ社の代表的な商品)を禁止し、代わりにJaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)を摂取するように強く勧めたのだそうです。実際には、トレーニングの日には5枚、試合日には3枚のJaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)を摂るように言われたそう・・・!

それからチームは16年間、勝利を続けたため、(事実関係はわかりませんが)縁起を担いでJaffa cakes(ジャッファ・ケーキ)は“成功への鍵”とか“勝利の甘い味”なんて言われているそうです。

ロシアでのワールドカップについてはこちらをどうぞ

【W杯2018モスクワ】〜まとめ〜

【英国のお気に入り】F&Mのポット入りスティルトン(potted stilton)

2021-02-01

英国の「スティルトン (Stilton) 」は、フランスの「ロックフォール」、イタリアの「 ゴルゴンゾーラ」と並ぶ世界三大ブルーチーズのひとつ。

IMG-2588

ケンブリッジシャー(Cambridgeshire)州の宿場町スティルトン村から付けられた名前なのですが、現在はダービーシャー州・レスターシャー州・ノッティンガムシャー州の3つの州で生産されたものだけが「スティルトン」と名乗ることができるそうで、スティルトン村ではスティルトンが作られていないそうです。

IMG-2563

△スーパーにもたくさんのスティルトンが並んでいますが、F&Mのスティルトンはまた格別に美味しい!と聞いて長いロックダウンの間の贅沢に。陶器のポットも可愛らしく、蝋の封を開けると独特の香りが広がります。特に、黒いポットのHONEY&TRUFFLESは一瞬強烈な香りにクラクラします味は香りほどきつくなくコクがあってまろやかでチーズ好きの方は癖になるかも。

IMG_2712

△綺麗に青カビが混ざっています。ちょうどサイエンスでカビについて実験スライドを作り、2週間かけて部屋のあちこちに温度や湿度を変えたパンを置いてカビを観察していた息子は「食べれるカビ!?うぇ〜!」と顔をしかめていました。

IMG_2521

「スティルトンは、寝る前に食べると奇妙な夢を見るんですって!」そう聞いてから食べたせいなのか、私は今のところスティルトンを食べると必ず不思議な夢を見ます。普段は眠りが深くてあまり夢を覚えていないのですが、クリアに覚えている長く不思議な夢の余韻に浸りながら「ああスティルトンを食べたからなのね」と目を覚ますのです。

IMG_2522

△F&Mのpotted stiltonはトラス貿易大臣も一押しなのだそう!

さて、一度開封したら賞味期限の短いスティルトンチーズを使って、どんなお料理ができるかしら?とネットサーフィンしていると、日本のレシピ検索サイトのクックパッドのなかに、英国大使館のページを発見!公的機関のなかには、日本の都道府県や学校給食などとともに、アメリカ、イスラエル、ドイツ、イタリアなどなど在日の大使館もエントリーしていて、各国大使館料理長のとっておきメニューの数々を楽しんでしまいました。

IMG_2572

△もちろんスティルトンチーズを使ったレシピもあるので、ぜひ試してみたいです。美味しいお料理が自慢のロシア大使館にもぜひエントリーして欲しいですね。ちなみに、ロシア語版のクックパッドもあります。(☆【ロシアのなかの日本】家庭レシピ検索なら!クックパッドのロシア語

乳製品が充実しているロシアでもたくさんのチーズが売られていましたが、ロシアらしいチーズといえば、やっぱり“トヴォローク”でしょうか。

【日本のなかのロシア】【ロシアのお菓子】スィロークの世界

あなたはトヴォローク派?おすすめの人気ヨーグルト!【ロシアの食】【日本のなかのロシア】

ロシアでのチーズ関連ブログ

【ロシアの食】チーズケーキに・・・ほおずき!?

【モスクワのカフェ】【ロシアのなかの日本】日本のチーズケーキもある!?I LOVE CAKE