実はロシアには存在しない!?ボリショイサーカス

2015-08-10

ロシア文化フェスティバルblogより)

大人から子供まで家族みんなで楽しめるボリショイサーカス、今年の夏も絶賛公演中です!

東京タワーが完成した1958年の初来日以来、ロシアのサーカスは50年以上にわたって日本人に愛されつづけてきました。ボリショイ большойというのはロシア語で“大きい““偉大な”という意味で、ボリショイサーカスつまり大サーカスは、ロシアのサーカスが日本などで外国公演をする際にお客様に分かりやすいようにと長年親しまれてきた呼び方です。そのため、本場ロシアで「ボリショイサーカスをみたい!」と言っても、実は観ることはできません・・・!

スクリーンショット 2015-08-09 10.54.39

さて、サーカス大国ロシアが誇る、モスクワの2大サーカス劇場といえば・・・迫力あるアクロバティックな演目に定評がある「Большой Московский Государственный циркボリショイ・モスクワ国立サーカス」そして古き良き伝統を大切に、ユーモラスな道化師やたくさんの動物たちが登場することで人気の「Московский цирк Никулина на Цветном бульвареツヴェトノイ・ブリバール・モスクワ・ニクーリン・サーカス」が有名です。

△1971年に創立された「Большой Московский Государственный цирк(ボリショイ・モスクワ国立サーカス)」は、ヴェルナツカヴァ通りに面する迫力あるドーム型の建物が目印です。

△劇場の周りには小さな子供用の遊園地もあり、いつも風船やポップコーンを手にした子供たちの笑顔と歓声に溢れています。

スクリーンショット 2015-08-08 23.57.07

△公式サイトをのぞいてみると、9月9日〜20日にかけて『ВСЕМИРНЫЙ ФЕСТИВАЛЬ ЦИРКОВОГО ИСКУССТВА ИДОЛ 2015(サーカス芸術全世界フェスティバルИДОЛ2015)』が開催されることになっています。

スクリーンショット 2015-08-09 11.56.49

一方、1880年に創立された「Московский цирк Никулина на Цветном бульваре(ツヴェトノイ・ブリバール・モスクワ・ニクーリン・サーカス)」はツヴェトノイ・ブリバール通りに面した歴史ある可愛らしい建物です。

入口前には車に乗った創設者ユーリー・ニクーリンの銅像があり、人気の記念写真スポットになっています。

スクリーンショット 2015-08-09 0.11.05

△モスクワ市内にあるノボデヴィチ墓地にあるニクーリン氏のお墓はたくさんの動物に囲まれ、色とりどりの花が捧げられています。

ボリショイサーカスの公式サイトによると、サーカスの語源はラテン語の「円」を意味するそうですが、円形の劇場では、軽快な生演奏とともに演目がスタートし、

△古き良きロシアの伝統を大切に、ユーモラスな道化師やたくさんの動物たちが登場することで人気を集めています。

文化・芸術を愛するロシアには、国立のサーカス学校があり、毎年たくさんのアーティストが国内の各都市に設けられた劇場に入団します。そしてthe Russian National Circus in Russiaロシア連邦サーカス公団という文化省に所属する機関があり、約4,000人ものアーティストとスタッフ、6,000頭以上の動物 、約70ヶ所の常設・仮設劇場をもって、世界最大のサーカス組織として統括しています。日本で大人気のボリショイサーカスはこのロシア連邦サーカス公団によって、ロシアのサーカスを代表するスターたちが集められた夢のような舞台なのです。

なお、2015年のボリショイサーカス公演は、東京体育館7月18日~26日、横浜文化体育館7月29日~8月5日、千葉・幕張メッセイベントホール8月8日~11日、福岡国際センター8月14日~17日、大阪府立体育会館8月21日~24日、愛知県体育館8月27日~31日の6大都市で開催されます。