美味しい手土産を探して・・・WA CAFE ロンドンとロシアの芋・栗・かぼちゃ

2021-11-30

秋はやっぱりモンブラン!美味しい手土産を探してWA CAFEへ。

IMG_7420

IMG_7416

△日本が誇る王道ショートケーキ、抹茶ロールに・・・モンブラン!

IMG_7418  

△メロンパンなど日本の菓子パンも大集合!

IMG_7417

IMG_7419

IMG_4304 IMG_4306

モスクワではなかなか秋の味覚の芋・栗・かぼちゃが入手しにくかったのですが・・・ロンドンではどうでしょうか?(☆【ロシアの食】秋はほくほく・・・いも、くり、かぼちゃ!

IMG_4087 IMG_4866

△まず、オレンジ色のスイートポテトがよく売られています。(☆【英国のお気に入り】イギリス料理といえばオーブン料理⁉︎)モスクワでもときどきスーパーで、またハンバーガーショップでこのスイートポテトを使ったフライドポテトも注文できました。(☆【モスクワの流行〜国産牛〜】皇帝バーガーも登場!?Burger Heroes (バーガー・ヒーローズ)イギリスの人気ネットスーパーocadoでは、甘みがあってお菓子作りにもぴったりな紫芋が出ることがありますし、ロシアでも中国市場で購入できました。

IMG_4862

△かぼちゃも日本のような濃い緑色の皮のほくほく食感のものは珍しいものの、バターナッツかぼちゃ(英語:Butternut squash ロシア語:Баттернат сквош)をスーパーで購入できます。

IMG_4864

△栗も旬の時期には八百屋さんの店先で見かけますし、モンブランに使いやすい甘栗も購入できました。

ご褒美スイーツ!ザ・コンノート・パティスリーのコンノーティー・ハウンド

2021-11-29

スイーツ男子が集うロンドン最高峰のパティスリーといえば・・・ザ・コンノート・パティスリー(The Connaught Patisserie)。フランスらしいニュアンスのあるピンク色がテーマカラーの店内には、なぜかいつもスイーツに目を輝かせる素敵な男性でいっぱい!?

IMG_3787

IMG_4675

△こちらがお店の名前がついたコンノーティー・ハウンド。イートイン16£(テイクアウェイ14£)の高級スイーツですが、自分へのご褒美に、大切なあの方へ、一度は食べてみたい!ご褒美スイーツにぴったりです。両手を揃えてスフィンクスのように座るしなやかな猟犬のシルエットにきゅんとしてしまいます。

IMG_4678

IMG_4680

IMG_4681 IMG_4679

IMG_4694

IMG_4695 

△焼き立てマドレーヌやフィナンシェ、スコーン!クロワッサンやパン・オ・ショコラ、デニッシュなども美味しそう。

店内にはちいさなイートインスペースもあります。カトラリーはクリストフル!コノート・ハウンドとモンブランを頼んでみました。

IMG_4690

△スイーツ好きが集うせいか、席の感覚が近いせいなのか、両脇の人とおしゃべり。右隣の男性は「わぁ、この犬のケーキ、写真撮ってもいいですか?」から会話が始まり・・・左隣の男性は「すみません、あなたがこの犬のケーキを切るところを動画で撮ってもいいでしょうか?」とのお申し出あり。

IMG_4691 IMG_4692

△あんまり可愛らしくて、どこから食べて良いやら迷いに迷った末、まあるいお尻からナイフを入れました。周りをコーティングするチョコレートは薄くて、なかのムースまでスーっと吸い込まれるようにナイフが入ります。台座のヘーゼルナッツ&チョコレートガナッシュ部分も硬すぎず柔らかすぎずムースを引き立てる絶妙な硬さ。一口食べるごとにちょっぴり心が痛みますが、とろける甘さに終始うっとり。大きいのでシェアするのもいいかもしれません。

IMG_3790

5つ星のザ・コノート・ホテルの脇にパティスリーの入り口があります。街並みの美しいメイフェア界隈のマウント・ストリート(Mount street)。

IMG_4699 IMG_4700

△ホテル前のツリーの台座はライトで文字が浮き上がっているのですが・・・

IMG_4701

△中央やや左上部分に「メリークリスマス」、一番下部分にロシア語の「С Рождеством見えるでしょうか?

【ヴァイオリン備忘録】2点は落第点・・・!?

2021-11-28

Year6の息子は、日本の中学受験にあたるセカンダリースクールへの試験がつづく今年の秋冬。(☆【ロシアナの本棚】イギリスとロシアの小学生 〜学校生活まとめ〜)さらには昨年コロナ禍で中止になった分を取り戻そうとするかのように、学期末へ向けて学校行事ラッシュ!学校の教会クリスマスコンサートでは、先生に頼まれてオーケストラとカルテットを、音楽学校でも個人と弦楽アンサンブルの両方で演奏を披露することになった息子は、今日のレッスンで個人曲の練習に手抜きがあったよう・・・

ヴァイオリンの先生から、夜にメッセージもなくたった1枚送られてきた絵。

2021-11-29 13.18.59 

△『Опять двойка』またもや2点(落第点・・・)と題されたこの絵は、ロシアのトレチャコフ美術館所蔵のФёдор Решетниковの作品です。

この少年の表情!お母さんと弟の顔!!そして無邪気にしっぽを振って喜ぶ犬・・・!!!思わず笑ってしまいます。「こんな絵が送られてきたよ」と告げると、この少年みたいな顔になった息子が一言。「ああ、前回のレッスンから全く上達してない!2点だ!!ロシアでは2点は落第点で、有名な絵もあるのよ!!知ってる!?」と聞かれて「知らない」と答えたのだそう。

笑顔が引きつる私たち。先生、怖い・・・!今日から心を入れ替えてがんばります。

ちなみに、学校の音楽の先生は偶然ロシア人で、オーケストラで子どもたちが騒いでいると「静かに!どうして私の指示が聞けないの!?私はロシア語でなく英語を話しているのよ!!!」と叫んでいたそう。そして、せっかくロシアで身につけたロシア語とロシアの音楽教育を少しでも継続できたら・・・とロンドンで探したヴァイオリンの先生もロシア人。他の子には英語で教えているので、なんとなく少し言葉すくなに控えめに進むレッスンも、息子のときにはロシア語で思う存分エネルギッシュに展開するので、とにかく迫力あります。ロシア人気質なのか、ロシア流指導なのか、はたまた偶然なのか、ロシアでのロシア人の先生も、ロンドンのロシア人の先生も、自分の子どもくらいの心の距離で接し、怒ってもくれます。

その魂の熱血指導は横にいる私の方が震え上がるほど。でも不思議なことに愛は伝わっているのか、どんなに怒られてもどんなに家での練習は面倒でも、今まで一度もレッスンは辞めたくないし休みたくない息子です。

関連

【ヴァイオリン備忘録】ロシアの音楽教育と音楽学校