【ロシアの飲み物】昔ながらの味、コンポートとキセーリ

2020-07-01

フルーツの美味しい季節!今日はロシアの昔ながらの飲み物をいただきました。

IMG_9116

△アゼルバイジャンのКизил(セイヨウサンシュユ)というベリーのコンポート。

IMG_9117 IMG_2942

以前、グルジア料理屋さんでお茶と一緒にいただいたヴァレーニエは、梅干しのような酸味がありました。ご一緒したロシア人の方曰く、ロシアではなくコーカサスでよく採れるフルーツだそうで、生では頂かず、ヴァレーニエやコンポートなどお砂糖と一緒に煮て甘くしていただくのが一般的なんだとか。ミネラルたっぷりで身体に良いそうです。

IMG_58121-600x450

自家製コンポートはもちろん最高に美味しいですし、スーパーや食堂でも、さまざまなフルーツのコンポートを見かけます。(関連☆【ロシアの食】ジャム<ヴァレーニエ<コンポート

 

IMG_8039

IMG_6991 

△そしてこちらも昔ながらの飲み物、Кисель(キセーリ)。デンプン(片栗粉)が入っていて、口当たりはとろりとしています。冷たい葛湯みたい!手作りする時は、片栗粉の量によって、ゼリー風のデザートにも、ジュース風にもなります。スーパーでも、いろんなベリーの種類が売られています。

 

【モスクワ噴水さんぽ】劇場広場と革命広場

9月からはじまり6月までがロシアの劇場シーズン!夏は閉鎖されて、夏休みをとったり、海外公演へ出かけたりします。そんな夏の間も、ボリショイ劇場前では美しい噴水を楽しむことが出来ます。(【ボリショイ劇場】元バレリーナがご案内!日本語のバックステージツアー

IMG_9142

また、劇場の通りを挟んで向かい側には、マルクス像のある革命広場ですが(【モスクワの街角】朝焼けの革命広場とマルクス像)、ここにも美しい噴水を見ることが出来ます。

IMG_9135

IMG_9136-2

△Фонтан Витали ヴィタリの噴水 この噴水の作者である彫刻家ヴィタリ( И. П. Витали)の名前がついています。

関連ブログ

【モスクワのホテル】老舗«Метрополь»(メトロポール)でロシア式アフタヌーンティー

【モスクワ噴水さんぽ】マネージ広場とアレクサンドロフスキー庭園の噴水アンサンブル

クレムリンと赤の広場からトヴェルスカヤ通りへ向かう場所にあるマネージ広場。マネージというのは馬の調教場のことで、現在は巨大な展示会場として利用されています。

IMG_9150

△噴水に覆われたガラスのドームの下には、ショッピングモールのオホートニィ・リャドがあり、天井を見上げるとガラス屋根から空が見え、夏はきらめく水が涼しげな、素敵な仕掛けになっています。(冬支度〜デザイナー市マトリョーシカで探す冬コート〜【モスクワのファッション】【モスクワのショッピングモール】

IMG_9145

IMG_9146

△主役はこちらの世界時計の噴水

IMG_9147

△てっぺんには、モスクワの市章にも描かれている聖ゲオルギー。モスクワも見えますね。

IMG_9151

そしてマネージ広場らしく美しい4頭の馬が走る噴水Фонтан «Четыре времени года»四季の噴水は、巨大彫刻といえばこの方!ズラフ・ツェレテリの作品群です。

IMG_9155

IMG_9162

△噴水の小道を通り抜けることが出来ます。

IMG_9164

もともとここに流れていたネグリンナヤ川をイメージした小川にロシアのおとぎ話の世界が広がります。

IMG_9165

IMG_9166

IMG_9167

IMG_9169

IMG_9170

IMG_9171

IMG_9172

IMG_9173

IMG_9175

ちなみに、噴水の止まってしまう冬の間も、雪が降るまでは、カラフルなタイルで水とお魚が描かれています。

IMG_9959

 

IMG_9961

△冬の4頭馬

IMG_9962

IMG_9964