ミリタリーカラーの教会!?新たに誕生した軍主聖堂【ロシアのなかの日本】

2020-07-26

2020年の戦勝記念日に合わせて、モスクワ郊外のパトリオット(愛国者)公園には祖国防衛者を称え追悼するためのロシア正教会の「ロシア軍主聖堂(Главный храм Вооруженных Сил России)」が完成しました。

IMG_2367

金色に光る聖堂の屋根に向かって進みます。駐車場やバス停、アイスクリーム・スタンドなど、どこもかしこもすべてミリタリー調にデコレーションされていて、さすが“軍事ディズニーランド”なんて呼ばれているだけのことはあります。

IMG_2376

△階段を登ると、さっそくビューポイント!正面には軍主聖堂、そして広大なパーク全体を見渡すことが出来ます。

IMG_2375

IMG_2382

IMG_2383 IMG_2379

IMG_2385

unnamed-6

△世界にひとつだけ!?ミリタリーカラーの聖堂!鐘楼の高さは戦勝75年と同じく75メートルに、円屋根の直径は終戦を迎えた1945年にちなんで19.45mに設計されています。

IMG_2389

unnamed-4

IMG_2401 IMG_2403

IMG_2404

IMG_2412

IMG_2410

IMG_2414

unnamed-3

聖堂の正面へ廻り、内部へ・・・

IMG_2598

IMG_2597

IMG_2514 IMG_2516

IMG_2511

IMG_2509 IMG_2508

IMG_2519

IMG_2520

unnamed-2

IMG-2576

△聖堂内には陸軍や海軍、航空宇宙軍などの守護聖人のイコンがあり、ソ連とロシアの軍人に贈呈される勲章の模様などがステンドグラスのモチーフになっています。

IMG_2525 IMG_2522

IMG_2530 IMG_2528

IMG_2535

IMG_2534

IMG_2538

IMG_2542

IMG_2540

IMG_2548

IMG_2550

IMG_2555

IMG_2558

IMG_2578

IMG_2562

IMG_2571

IMG_2573

IMG_2576

IMG_2579

IMG_2582

IMG_2593

モザイクのなかには軍国主義日本の壊滅も。哀悼と戦勝が混在する何ともいえない不思議な空間でした。

unnamed-1

unnamed

主聖堂ではプーチン大統領が描かれたモザイク画も飾られるという計画があったようですが、プーチン大統領自身がこれを辞退したことがニュースになっていました。

IMG_2430

IMG_2435

IMG_2444

IMG_2445

IMG_2446

IMG_2448

IMG_2449

IMG_2451

IMG_2452

IMG_2453

IMG_2455

IMG_2461

IMG_2457

IMG_2464

IMG_2465

IMG_2466

IMG_2472

IMG_2483

IMG_2484

IMG_2490

IMG_2491

IMG_2492

IMG_2440

 IMG_2505

IMG_2388 IMG_2390

unnamed-7

△戦勝者の母たちに捧げられた銅像(Матерям победителей)は、聖堂に向かい頭を下げて両手で顔を覆い静かに涙を流しているように見えます。

IMG_2710 IMG_2705

IMG_2595

広大な敷地には、戦争が続いた1418日を辿っていく大型博物館複合施設が完成しているほか(☆1418歩・・・勝利への足跡!パトリオット(愛国者)公園のミュージアム)、まだまだ建設中の施設も多く、これからロシア連邦軍をテーマにした一大テーマパークとして充実していきそうです。

軍楽祭はもちろん、戦勝記念日や軍主聖堂からも、日本とは役割が違う軍事国家ロシアの一面を感じられます。

関連☆モスクワ通信『毎年恒例!ロシア国際軍楽祭と戦勝記念日、そして新たに誕生した軍主聖堂』