【ロシアの鉄道駅】ヨーロッパへの窓!キエフ駅 【モスクワ噴水さんぽ】ヨーロッパ広場

2020-07-04

モスクワからウクライナのキエフへ向かう列車が出発するキエフ駅。ロシアでは、行き先の主要地が駅名になっているため、モスクワにあるのにキエフ駅なのです。

IMG_9365

IMG_9375

IMG_9370 IMG_9373

△写真左は、レーニンがここを訪れたことを記す記念碑。モスクワのあちらこちらで出逢うことができます。

IMG_9376 IMG_9384

IMG_9378

△旅の無事を願って、鉄道駅にはロシア正教の小さな教会もあります。イコンや十字架のネックレスなど教会のお店も。

IMG_9387

IMG_9388

IMG_9389

IMG_9390

IMG_9392

IMG_9394

IMG_9393

IMG_9426

IMG_9424

ちょうど7月1日の憲法改正のための投票所も駅の一角に設けられていました。

IMG_9372

IMG_9374

IMG_9429

地下鉄キエフスカや駅も隣接していますが・・・その入り口に注目です!

IMG_9420

△アールヌーヴォー風のお洒落な入り口。よく見ると、Метро(ロシア語のメトロ)でなくメトロポリタンと書いてあります。そう、実はこちらは2006年にモスクワとパリの友好を記念してフランス地下鉄から贈られたものなのです。

IMG_4941-600x450 IMG_2352-450x600

△一方、モスクワ地下鉄からもロシアの民話をテーマにした素晴らしいステンドグラスが贈られています。(写真左・【フランスのなかのロシア】〜パリ・マドレーヌ駅にロシア民話のステンドグラス!〜)(写真右・建築家エクトール・ギマールのデザインしたボルト・ドーフィ駅 【フランスのなかのロシア】〜レーニンも!パリ老舗カフェのラ・ロトンド〜

IMG_9433

フランスとの縁がある駅であるだけでなく、このキエフ駅に隣接してショッピングモール“エヴロペイスキー(ヨーロッパ)”があります。以前はここに、EUマークの銅像もありました。

IMG_9360

△ヨーロッパ諸国の旗がたなびくヨーロッパ広場もあります。中央には噴水“エウロペの略奪(Похищение Европы)”。ヨーロッパという言葉のもとになったギリシア神話のエウロペをテーマにしているそうです。モスクワ散歩のバイブル『路上のミュージアム』で知りました。

IMG_9439 IMG_9443

△そしてこちらも同じ本で知りましたが、ヨーロッパ広場横の小さな公園には、ロシアとウクライナの統一300周年を記念したモニュメントが建てられる予定のモニュメントもあります。なんだかややこしいですが、仮の碑のまま、ずっと忘れられており、今は、工事現場の柵の奥にぽつんと立っています。