【旧ソ連圏 バルト3国 エストニアのなかのロシア】タリン旧市街をさらに

2020-05-08

世界遺産に登録されている城壁に囲まれたタリン旧市街。下町から山の手へ(ヴィル門からラエコヤ広場、アレクサンドル・ネフスキー修道院へ)賑やかなエリアを散策した後は、さらに下町の北エリア、そして旧市街の外へ・・・ロシアナのロシアな旅は続きます。

【旧市街・下町 北エリア】

落ち着いた雰囲気の素敵な路地には、個性的な扉に注目したいパステルカラーの建物が並びます。

IMG_5048

△閑静な職人たちの住宅が並ぶライ通り。かつて旧市街では樹木を植えることが禁じられていたそうですが、29番地の建物には立派な2本の菩提樹があります。ある夏の暑い日にこの通りを訪れたロシアのピョートル大帝が、木陰で休めるようにと木を植えることを命じたのだとか・・・

IMG_5042

△ロシアで3兄弟といえば、ドストエフスキーのカラマーゾフ3兄弟ですが・・・ラトヴィア・リガにも、そしてここエストニア・タリンにも可愛らしいパステルカラーの建物が3つ並んだ“三人兄弟”があります!(道幅が狭いライ通り、なかなか3人で記念撮影するのが難しい)

IMG_5156

IMG_5158

△そしてロシアでは“三人姉妹”といえばチェーホフですが・・・タリンのピック通りには、“三人姉妹”も。15世紀の商人の家です。通りに面したファサードにクレーンがつけられているのが特徴で、屋根裏へ荷物を引きあげるのに使ったそうです。

IMG_5065

IMG_5066  

△同じくピック通りにある“のぞき見トム”の家。実在の人物だったとか。

IMG_5069

IMG_5053

IMG_5052

△タリンのKGB PRISON CELLS。KGB関連では他にも、ソ連時代に外国人が宿泊できる唯一のホテルだったというソコス・ホテル・ヴィルの最上階24階にも(エレベーターは22階まででその上は秘密のフロア)、事前予約制のKGB博物館があり、実際に使用されていた盗聴器など当時のスパイ活動を知ることが出来ます。また、ソ連による占領とエストニアの独立・自由をテーマにした占領博物館もあります。

IMG_5062

△ブラックヘッド・ハウスも扉に目を惹かれますが、どの建物も扉にこだわりを感じます。

IMG_5058 IMG_5055 IMG_5154

IMG_5056  IMG_5059

IMG_4979

△こんなポスターや写真集が出来るほど、楽しい扉めぐり。いくつ見つけられるかな?

そして、トームペアの丘の上のアレクサンドル・ネフスキー聖堂の他にも、旧市街でいくつかのロシア正教会を見かけました。

IMG_5037

△塀の落書きが気になりますが・・・キリスト変容教会(Собор Спаса Преображения)。タリンの教会の中では最も古い鐘があるそうです。

IMG_4886 IMG_4885

△ロシア正教会(Никольская церковь) 

IMG_5072

△近くにはタリン・ロシア博物館(Таллинский русский музей)もありました。 «УРОК-ПЕРЕМЕНА: русское образование в Таллине 1715-1944»展が開催されていて、エストニアにおける1715年から1944年のロシアの教育について紹介されていました。

IMG_5087 

IMG_5086

△当時の学校や先生について、使用していた教材や学用品、テストや成績、遊び・・・

IMG_5085

IMG_5088

IMG_5110

△約100年前の遊びに挑戦!

IMG_5151 2020-05-08 11.58.14

△2階はギャラリーになっていました。ロシア・コストロマ出身でエストニア在住の画家Кузя Зверев (Кузнецов Владислав Юрьевич)さんの展覧会。ロシア語でПОКЕМОН(ポケモン)と書かれた作品も!

IMG_4931

IMG_4936

△人形劇場(NUKU THEATER)

IMG_4999 IMG_4934

 

△併設のミュージアムも楽しいスポット

IMG_5007 2020-05-08 1.08.55 

△タリンのなかの日本!世界の人形コーナーに日本の人形も。

IMG_5006 IMG_5021

IMG_5017

△見て、聞いて、触って、遊びながら学べる体感型ミュージアム。

IMG_4930

△お洒落なレストランばかりで思わず目移りしてしまうタリン旧市街

IMG_5153

△タリンのなかの日本!ラーメン屋さんも。(モスクワでも今、ラーメンがちょっとしたブームです。)

IMG_4856

△ヴィラ門近くのFARM。たっぷり野菜と地元の食材を生かしたモダン・エストニア料理レストラン。

IMG_4868 IMG_4860

IMG_4858 IMG_4866

IMG_4864

IMG_4854

IMG_5160

△旧市街を守るためスール・ランナ門の前に作られた砲塔だった“太っちょマルガレータ”。丘のてっぺんにあるトームペア城が“のっぽのヘルマン”でしたから、なんだか対をなしていてユーモラスなネーミングですね。現在は海洋博物館となっています。

IMG_5161

 

△ここからトラムに乗り、バスターミナルに向かいます。タリンからバルト海沿岸の小さな保養地ハープサルへ。ピョートル大帝や作曲家チャイコフスキーも好んで訪れたという町です。(【旧ソ連圏 バルト3国 エストニアのなかのロシア】海辺のチャイコフスキーのベンチとハープサルの想い出

 

【旧市街の外】

△残念ながら今回は行くことができなかったロシア劇場(VENE THEATER  Русский театр Эстонии)

IMG_5369

△ピョートル大帝の邸宅。ピョートル大帝は妻のエカテリーナ1世のために、海のそばの美しい場所にカドリオルグ公園とカドリオルグ宮殿(現在は美術館)を作りました。そして、建設中にこの小さな邸宅に滞在していたそうです。カドリオルグ公園は噴水や日本庭園もあるそう。海と噴水を好んだピョートル大帝の好みを反映していますね。

IMG_5384

△ピリタ海浜遊歩道のルサルカ像の天使は、手にロシア正教の十字架を掲げています。タリンからヘルシンキへ向かった船ルサルカ号が嵐で沈没してしまい追悼の意を込めて建立されました。

ロシアの飛地カリーニングラードから列車でバルト三国へ。リトアニア、ラトヴィア、エストニアと飛行機で国境を越え旅してきましたが、これから港へ向かい、最後は船でフィンランドへ渡ります!

【旧ソ連圏 バルト3国 エストニアのなかのロシア】ヴィル門からラエコヤ広場、アレクサンドル・ネフスキー修道院へ

ロシアの飛び地カリーニングラードから旧ソ連圏のバルト3国を北上する今回のロシアナ旅。リトアニア、ラトヴィア、そしてエストニアへ!(エストニアは1991年に旧ソ連からの独立を宣言し2004年にEUに加盟しています。エストニア語で通貨はユーロ)世界遺産に登録されている城壁に囲まれた旧市街を、下町から山の手へ散策します。

【旧市街・ヴィル門からラエコヤ広場、アレクサンドル・ネフスキー修道院へ】

IMG_4852

△ヴィル門からラエコヤ通りへ続く旧市街のメインストリートのヴィル通り

IMG_4879

△旧市街を取り囲む城塞は一部登れる場所もあります。

IMG_4882

IMG_4876

△高台の上に建つアレクサンドル・ネフスキー聖堂の玉ねぎ屋根が見えます。下町を散策しながら山の手のあの聖堂まで行ってみよう!

IMG_4897 IMG_4894

△19世紀の逓信局を改築した5つ星ホテル“テレグラフ”1階には、ロシア&フランス料理レストラン“チャイコフスキー”。デザートには伝説のバレリーナの名がついた“アンナ・パブロワ”も。

IMG_4963

IMG_4966 IMG_4965

△5つ星ホテル“サンクト・ペテルブルク”もありました。ロシア料理レストラン“エルミタージュ”が入っています。

IMG_4915 IMG_4899

IMG_4902 IMG_4903

△“職人の中庭”には、タリンの職人さんによる手工芸品の工房が集まっています。隣の指人形のお店では、チェブラーシカ&わにのゲーナを発見!

IMG_4997 IMG_4924

△お土産やさんも多いエリア。もちろんここにもマトリョーシカ !

IMG_4907 IMG_4908

△中庭の雰囲気の素敵なチョコレート・カフェ。古いサモワールを花器にしたアレンジが目を惹きます!

IMG_4912

△イコン博物館 

IMG_4972

△夏はテラス!冬はクリスマスツリーが美しいという観光客で賑わうラエコヤ広場。欧州一の歴史を持つ市議会薬局もあり、ロシアの皇帝たちもここで薬を購入していたと言われています。現在も薬局として営業しながら、ミュージアムも併設しており、当時ユニコーンの角(!)やハリネズミ、カエルや蛇なども薬の成分として処方されていたほか、長寿に効く薬としてワインが、失恋に効く薬としてマジパンが売られているそうです。代々伝わるその成分や製法は秘密なんだとか・・・。

IMG_4974

△ロシア料理トロイカも!

IMG_4973 

△旧市庁舎。尖塔のてっぺんにはタリンの街のシンボル“トーマスおじさん“。市庁舎内はハンザ同盟カラーの柱が鮮やかな『市民の間』や中世が舞台の恋愛がモチーフとなった彫刻の『議会の間』を見学したり塔から街を眺めたりもできます。タリンには、旧市庁舎の他にも美しい尖塔を持つ建物があり(精霊教会、大聖堂、聖ニコラス教会、聖オレフ教会)、広場のある場所から全てを眺めることができるそうです。

IMG_4959

IMG_4961 IMG_4955

△下町から山の手(トームペアと呼ばれる丘)へ城壁に沿って登っていきます。海が近いのでカモメが飛んでいます。

IMG_4962

△アレクサンドル・ネフスキー聖堂の近くの展望台からは聖ニコラス教会が見えました。タリン出身の画家ノトケによる作品『死のダンス』を見ることができます。

IMG_4948

△帝政ロシア時代に建てられたアレクサンドル・ネフスキー聖堂。

IMG_4992

△エストニアのなかのロシアのなかの日本!!聖堂の壁には、日露戦争中の1905年5月に、東郷平八郎司令長官率いる大日本帝国の連合艦隊とジノヴィ・ロジェストヴェンスキー司令長官率いるロシア帝国のバルチック艦隊による日本海海戦(対馬沖海戦)での犠牲者に捧げられた記念碑があります。

IMG_4953 IMG_4958

△記念コイン作りに挑戦!1€と5セント硬貨を入れてハンドルを回すと・・・アレクサンドル・ネフスキー聖堂の記念コインが完成しました!

IMG_4943

IMG_4941

△聖堂の横には、ピョートル1世が滞在したという建物が郵便局になっていました。

アレクサンドル・ネフスキー聖堂の奥には、現在は国会議事堂として使用しているトームペア城(エカテリーナ2世が改築を命じ、優美な宮殿風の建物になっている)とエストニアの国旗がたなびく“のっぽのヘルマン”と呼ばれる塔が残っています。タリンの街を臨むトームペアの最も良い場所にロシア正教会が建っていると言っても過言ではないため、地元の人にとっては複雑な思いもあるようです・・・

IMG_4986

IMG_4988

△眺めの良い屋上テラスでいただくのはエストニアのクワス!夕暮れ時のアレクサンドル・ネフスキー聖堂も綺麗です。

→つづく 【旧ソ連圏 バルト3国 エストニアのなかのロシア】タリン旧市街をさらに