【中世ドイツ、ソ連、そしてロシア!融合の飛び地カリーニングラード】バルト海へ!猫好きにはたまらない保養地ゼレノグラツクで夏を満喫

2020-05-02

燦々と降り注ぐ8月の太陽・・・急に海が見たくなりました!カリーニングラードから鉄道や車で約1時間、国境手前の町ゼレノグラツク(Зеленоградск)へ。

IMG_3584

IMG_3539

△潮の香り、かもめの声、海を目指して一直線!

unnamed

IMG_3540

△そして、ついに、海ーーーーー!!!!! 写真奥はリトアニアとの国境へつづき、ユネスコ世界遺産にも登録されているクルシュー砂州(Куршская коса)になっています。

IMG_3541

IMG_3548 IMG_3546

△海沿いは可愛らしいモニュメントでいっぱい!鳥の餌のガチャガチャも。

IMG_3583

IMG_3581

△潮風を感じながらゴーカートや自転車でサイクリング!

IMG_3573

△夕陽を眺めながらのブランコも素敵!

IMG_3576 IMG_3575

IMG_3580

△Памятник серому балтийскому тюленю (Grey seal monument)

IMG_3566

IMG_3570

IMG_3549

IMG_3556

△子どもたちが遊べる場所もたくさん!ファミリーでこの保養地を訪れ、海に入ったり、砂浜に寝転んだり、海辺のアトラクションで遊んだり、海の家でご飯を食べたりして思い思いに夏を満喫しているようです。

IMG_3537

△ビーチバレーで盛り上がる砂浜のコートは緑豊かな公園とつながっていました。

スクリーンショット 2020-05-01 4.51.05

IMG_3525

IMG_3520

IMG_3524 IMG_3527

 △公園には、きのこのモニュメント&解説が

IMG_3531

△チェーブラーシカとゲーナにも会えました!海が遠いモスクワですが、今年は特に冷夏でなかなか夏らしい気分も味わえずにいたので、ゼレノグラツクで夏を満喫しました。

さて、海でたっぷり遊んだ後は、鉄道駅まで町を探検します!

unnamed-2

IMG_3592 IMG_3614

IMG_3610 IMG_3612

△まるでドイツのような可愛らしい街並み。アートな銅像やモニュメントもたくさん!

IMG_3596

△・・・かと思うと、ここにもレーニン像!

IMG_3585  

△ゼレノグラツクの猫の銅像(Памятник зеленоградским котам) ゼレノゴルスクといえば猫!街中、猫と猫のモチーフでいっぱいです!

IMG_3597

IMG_3608 IMG_3609

IMG_3623

IMG_3624

△いくつ見つけられるかな?あっちにもこっちにも、探せば探すほど猫、猫、猫!

IMG_3600 IMG_3599

△もちろん、通りにもお土産屋さんにもカフェにも、本物の猫ちゃんたちがたくさんいて、猫好きにはたまらない町なのです。猫ちゃんのご飯を売る自動販売機も。

IMG_3602

IMG_3604 IMG_3606

△ゼレノゴルスクのなかの日本!このキャットハウス、尾道市と書いてありました。調べると、猫の博物館(Музей кошек «Мурариум» )もあるとのことでぜひ行ってみたかったのですが、残念ながら閉館時間。白夜なのでこんなに明るいですが、すでに19時です。

IMG_3622  

IMG_3618

IMG_3619 IMG_3616

IMG_3621

△The Museum of Local History of Zelenogradsk

IMG_3626 IMG_3627

△鉄道駅に到着!売店でおやつにポンチキ(ロシアのドーナツ)を買いました。ふんわりもちもち!後ろ髪を惹かれつつ、カリーニングラード市内へ戻ります。

IMG_3630 IMG_3635 

△カリーニングラード最後の夜。町歩きをしていて気になっていたレストランへ。こじんまりとしていますがあっという間に満席になり地元人気の高さを感じます。お料理はどれもこれも絶品でした。見どころの多いカリーニングラード、まだまだ滞在したいところですが、明日の昼すぎには鉄道でリトアニアへ出発します。明日の午前は、南の鉄道駅付近を探検したいと思います。