モスクワ通信『60周年を迎えたルビャンカの中央子どもデパート』

2018-03-09

60周年を迎えるルビャンカの中央子どもデパート«Центральный детский магазин на Лубянке»。1957年に«Де́тский мир»として開店し、大改装工事を経てリニューアルオープンしました。昔も今も、ここには子どもたちの夢が詰まっています。

スクリーンショット 2017-08-04 21.55.11

△1階は、メインアトリウム。正面の大時計が歴史を刻みます。1階と2階の間部分にはぐるりと線路が敷かれ、季節折々のデコレーションで楽しませてくれます。

 

スクリーンショット 2018-05-09 16.05.20

 

スクリーンショット 2018-05-09 16.10.31 スクリーンショット 2018-05-09 16.05.08

△玩具売り場では、レゴブロックで出来たモスクワのパノラマや宇宙飛行士、ロケットにも注目!豊富な品揃えの玩具はもちろん、子供用の衣類や靴、雑貨、お土産やさん、映画館や体験型エンターテイメント施設も充実。 授乳室やトイレも完備されているのでゆっくり快適に過ごせます。

スクリーンショット 2017-08-03 6.41.17

△ロシアを描いた素晴らしいステンドグラスに彩られた天井や宇宙をテーマにしたキッズスペースのあるフードコート。その一角から非常階段を登って行くと、«Музей Детства»(子ども時代ミュージアム)もあります。

ちいさな展示室には主にソ連時代の貴重なおもちゃがたくさん展示されています。

スクリーンショット 2017-08-04 11.58.26

スクリーンショット 2017-08-04 11.52.48 スクリーンショット 2017-08-04 11.59.22

ソ連版のくまのプーさんや1980モスクワ五輪マスコットのくまのミーシャグッズ、今も人気のチェブラーシカ、ソ連ミニカーや戦闘機、おきあがりこぼしのコレクションなどなど。

スクリーンショット 2017-08-04 11.55.16

△「この熊のぬいぐるみは1938年製。ニコライ君の4歳のお誕生日に、両親がモスクワで購入してプレゼントしました。熊は、都心のтрубная улицаで家族と一緒に暮らしていました。3年後に戦争がはじまりましたが、ニコライ少年とママは家を離れずにこの厳しい時期を耐え抜きました・・・ニコライ少年は今やすっかり80歳のおじいさんになりましたが、今も家族とともにモスクワに住んでいます。・・・娘と孫、そして2人の曾孫(アルチョム君7歳とアリサちゃん2歳)に恵まれました。みんなこの熊のぬいぐるみのことを愛しています。(意訳)」おもちゃには、家族の歴史や思い出がつまっているんですね。

スクリーンショット 2017-08-04 11.57.26

△ソ連時代の子供部屋を再現した展示では、学生かばんの中身をご紹介!文房具にゲーム機・・・左端の薄いノートは今も使われています。

どれもこれも興味深くて時間を忘れてしまいます。おしゃべり好きな係員さんが「こういうおもちゃは日本にもあるのかい?」「これを見てご覧よ、ああ懐かしい!これはね・・・」と教えてくれます。多くの商品が、かつてこの場所で売られていたのだと思うと、タイムスリップしたような気分も味わえます。

スクリーンショット 2017-08-03 5.38.37

△さらに、その上は展望台«Смотровая Площадка»になっています。

スクリーンショット 2017-08-03 5.41.46 スクリーンショット 2017-08-03 5.42.17

△これまでのДетский мирの歴史の1ページが飾られた階段を登っていき、扉をあけると・・・モスクワを一望!

スクリーンショット 2017-08-03 5.44.44

たくさんの方が快い風に吹かれながら夕暮れ時の美しい空を楽しんでいました。

スクリーンショット 2017-08-03 5.45.13

知る人ぞ知る展望スポットです。

«Центральный детский магазин на Лубянке» http://cdm-moscow.ru/school/#/

モスクワ通信『美味しい万能薬!カローメンスコエの蜂蜜市』

2018-02-27

(ロシア文化フェスティバルblogより)

春と秋、毎年恒例の蜂蜜市が開催されるカローメンスコエ。

蜂蜜の大好きなロシア人は、美容に、風邪の予防や治療に・・・と、いつも蜂蜜をお薦めしてくれます。そして、毎年春と秋の蜂蜜市が開催される時期になると、大きなカートを引いて、いそいそとお気に入りの蜂蜜を買いに出かけます。(2018年春は1月19日〜3月18日)

スクリーンショット 2017-10-28 4.10.59 スクリーンショット 2017-10-28 4.08.26

△甘い蜂蜜の香りに包まれた巨大テントのなかは、向こう側が見えないほど、そして何列も、数えきれないほどのブースが並びます。

同じ種類の蜂蜜でも、お店によってずいぶん味が違います。こちらのお店では“栗”の蜂蜜を購入。栗独特の風味が口一杯に広がります。お店の方とのおしゃべりも楽しみのひとつ。おしゃべりと味見がはじまると、なかなか次へ進むことができません。

スクリーンショット 2017-10-28 4.10.30

△どこのお店でも、まずは基本のアカシアから薦められ、それから菩提樹やプロポリス、ベリーやりんごなどのフルーツや花など今年のお店のおすすめ蜂蜜、そして蕎麦や栗など癖の強い味へ・・・と進みます。こちらはアルタイ地方のお店です。大きな匙で蜂蜜をすくっては、その自慢の美しい透き通った色ととろみを見せてくれます。

スクリーンショット 2017-10-28 4.09.20

△ロシアのさまざまな地方から出店していて、その地方独特の植物や風景で演出していたり、家族で養蜂業を営んでいる写真を展示していたり、蜂蜜でロシア旅行が出来ます。

スクリーンショット 2017-10-28 4.09.28

△こちらのサハリン産蜂蜜のお店では、珍しい“桜“の蜂蜜を発見。桜餅のような味と香りです。いろんな香りや味を購入するのも楽しいですし、同じ種類で食べ比べをするのもいいですね。

スクリーンショット 2017-10-28 4.08.56

乾燥キノコも風味がよくてとっても美味しい!それぞれのお店がアットホームな温もりのある雰囲気でディスプレイされていて、あちこち眺めながら歩くのはとっても楽しいです。

スクリーンショット 2017-10-28 4.09.43 スクリーンショット 2017-10-28 4.08.03

蜜蝋やプロポリス石鹸なども、蜂や蜂の巣の模様にデザインされていたりします。

最寄り駅はКОЛОМЕНСКАЯ駅(Музей方面の出口を出ます)。中心部から乗り換えなしでそれほど遠くない場所ですが、公園にはいると広々として自然が美しく、世界遺産に登録されている教会などもあって、お散歩にもぴったりです。   公園へは歩いても行けますし、駅前からテント前まで無料の送迎バスもあります。

 

モスクワ通信『ロシアの白パンの最も古く美味しい形!カラチ博物館』

2018-01-11

(ロシア文化フェスティバルblogより)

ロシアといえば黒パンですが、ロシアの白パンの最も古い形として、Калач(カラチ)と呼ばれるパンがあります。

スクリーンショット 2018-04-29 22.34.54

こちらはモスクワ郊外コロムナにあるカラチ博物館。煉瓦作りの可愛らしい博物館では、時間制で体験型の見学会を予約出来ます。この可愛らしい作業場にて、歴史や材料など、このユニークな形を実際に作りながら、そしてお客様も巻き込んで劇場のように展開していきます。

スクリーンショット 2018-05-01 19.19.08 スクリーンショット 2018-05-01 19.20.11

16世紀頃から、タタールのイーストを使わない平たくて丸い白パン レピョーシカ(лепёшка)のレシピから作られるようになったそうです。

スクリーンショット 2018-05-01 19.19.32

さいごには、かごに山盛りの焼きたての香ばしいカラチと熱い紅茶がふるまわれます。バターをたっぷり塗っていただくと、外側はパリッとなかはもっちりとして、最高の美味しさ!

スクリーンショット 2018-05-01 19.21.52

ユニークな鍵穴状の形、そして切れ目を入れた部分がスマイルマークのようで、こちらまでにっこりしてしまいます。

スクリーンショット 2018-05-01 19.19.25 スクリーンショット 2018-05-01 19.55.42

アンティークのピアノやサモワール、ベレスタ(白樺細工)の調味料入れなどロシアならではのキッチン周りのインテリアもとても可愛らしい!

スクリーンショット 2018-05-01 20.05.49 スクリーンショット 2018-05-01 19.15.16

△店先でも、焼きたてのカラチに大行列!プレーンのカラチは50ルーブル。ほかにも、なかにお肉を挟んだカラチ・サンド、トヴァロークというチーズを乗せた昔ながらの菓子パン“バトルーシュカ”、ピロシキなども売っていました。

 

スクリーンショット 2018-05-01 20.42.34

お店の脇から、コロムナのクレムリンへと続いています。教会広場やちいさなミュージアム、飾り窓枠の可愛らしい昔ながらのお家など、散策にもぴったりです。

Музей Калачная

http://kolomna-kreml.ru/museums-view/muzej-kalachnaya/