日常のなかで日本を再発見!

2022-08-26

幼稚園の年長さんにあがって間もなくロシア→イギリスで暮らした息子(11歳)の目線は、ちょっと外国人のこともあって、日常のなかで日本を再発見させてくれます。

たとえば、こんな日々の小さなこと・・・

【生活】

・エアコンがどの家にもある

・ToToのトイレがすごい!(これはよく聞きますね。息子も動画を撮って親友にシェア)

・ガリガリくんソーダアイスなど食べたことのないアイスのバリエーション!

・手土産をあげすぎる。

・日本の家電がすごい

・オーブンがなくて魚焼きグリルのあるキッチン

・牛乳パックの開け方←日本独特!?

・ウィークエンド感あまりない(と感じるらしい)

・100円ショップが安くて何でもあるけど、美術館や博物館の入館料が高い

 

【街のなかで】

・まちにゴミ箱すくない

・エスカレーター左側に立つ(モスクワは大阪と同じ右側です)

・自転車が歩道を走れる、キックボードは車道を走れない

・自動販売機が多すぎる!!!

・マクドナルドにてりやきバーガーがある

・日本人はなんで前側にリュックをもっているの?(確かに・・・以前より増えた気が。なんでですか?)

・「はんゾもん前」←半蔵門前など、地名をアルファベットから読むため、聞き慣れない地名を創造。

 

【学校生活】

・これは何の音だ!?(夏の校庭の蝉の声を聞いて)

・これは何だ!?(秋の校庭の空にいっぱい飛ぶトンボを見て)

・名前でなく苗字で呼ばれる

・ふくらはぎってどこ?改めて知らない日本語も。

・「振り向く」と言いたくて「顔をそむける」(英語だと同じでも日本語では違うニュアンス)

・イギリスはどこでもHi!Bye!敬語なし。敬語や挨拶チョイスのバリエーションが豊富

・英語ならアルファベットさえ読めれば何でも読めるのに、日本は漢字が多過ぎて・・・!

・小学生が遠くから子どもだけで学校に通っていてすごい。買い食いしている子がいない!寄り道がダメなので、プレイデイトやスリープオーバーが少ない

 

【ロシアナの推しごと】二木屋ナレーション収録と東北Quest.

2022-08-19

国登録有形文化財の日本家屋で、世界からの収集品に彩られた四季折々の室礼と懐石料理が味わえる二木屋さんのナレーション収録でした。

今回も、薪能、クリスマス、ひなまつり、端午の節句、七夕・・・日本の美に浸るひととき。ディレクターさん、二木屋の女将さん、そして私は、なんとロシアつながりでもあり、

収録後には、代々木の大人の隠れ家カフェ「cafe nook」さんに場所をうつして、名物の香り高い薔薇のコーヒーをいただきながら、モスクワ写真部を創設した中村正樹さんの写真展『東北Quest.』を楽しみました。

  

【今日のマトリョーシカ】英国から日本への機内にて、映画『The Intern』

2022-07-30

(7月29日)

コロナの前には、ロシアから日本へ定期的に年に2回ほどお仕事で呼んでいただいていたのですが、コロナ禍でロシアから英国へお引っ越ししてから、一度も国外に出ることなく過ごしてきたので、久しぶりの空港、久しぶりの飛行機です。

日本でもいいことが待っていそうな素敵な気分に。

いつもとは違うルートでの帰国・・・日本上空では、窓から富士山が綺麗に見えました。

△そして、いつもよりも長いルートでの帰国・・・JALの機内、映画のなかでも発見!今日のマトリョーシカは、ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイの『The Intern』より。子供部屋のシーンです。

新生活のはじまり、この夏は忙しくなりそうです。