来る6月3日!ロシア文化フェスティバル2013開幕!

2013-05-25

来る6月3日(月)東京・帝国ホテルにおいて、『ロシア文化フェスティバル2013  in JAPAN』オープニングセレモニー&レセプションが開催されます!

 

今年で8年目を迎えるロシア文化フェスティバルを祝して、ロシア側からはミハイル・スリペンチュク露日友好議員連盟会長をはじめとする国会議員代表団が出席。日本側からは、鳩山由紀夫第93代内閣総理大臣(日本組織委員会委員長)、女優の栗原小巻さん(同副委員長)など、日本とロシアの架け橋として活躍されている約400人が招かれることになっています。

さてセレモニーには、マリインスキー劇場ソリストとして人気を誇るロシアオペラ界のスターであり、その美貌からファッションモデルやテレビ司会者としても引っ張りだこ、さらには国会議員としての顔も合わせ持つ、マリア・マクサコワがスペシャルゲストとして登場予定です!では、その歌声を一足先に、マクサコワさんの公式YouTubeチャンネルで拝聴してみましょう!

 

http://www.youtube.com/user/Starmaksakova?feature=watch

また、昨年のクロージングコンサートで大きな感動を呼んだユーリー・シモノフ指揮モスクワ・フィルハーモニー交響楽団が、再演を望むファンからの熱いラブコールに応えて今度はオープニングに登場します!ソリストには7年ぶりの共演となるピアニストのフジコ・ヘミングらを迎え、さらに多くの方に感動をお届けするため6月16日~30日にかけて日本全国で予定していますので、どうぞお見逃しなく!

2006年からスタートし、ソ連&ロシア史上初となるユニークな文化・芸術プログラムを多数世に送り出してきたロシア文化フェスティバルの入場者は、この5月までで999万9750人を記録。これは1970年大阪万博ソ連館以来最高の来場者数だそう!さあ今年2013年、まもなく迎える1000万人目は・・・あなたかもしれません!

♪インタビュー目次♪

2012-09-09

ロシアと日本のために今できること。そのヒントを探るべく、時代のトップランナーたちの声をお届けしているインタビュー番組『ロシアナの声』

フィギュアスケートペアロシア代表 川口悠子さん
バレリーナ 吉田むつきさん

科学・技術
・宇宙飛行士 野口聡一さん


芸能・演劇

脚本家、演出家、映画監督 三谷幸喜さん

・バレエダンサー ボリショイ劇場第一ソリスト 岩田守弘さん
・バレエダンサー ロシアバレエ団 吉田むつきさん

・女優 栗原小巻さん
・女優 夏木マリさん
・オムスク劇場 劇場支配人ユルコワさん、演出家ユモフさん、
・青年劇場支配人
・日ロ演劇会議専務理事

・落語家 三遊亭楽麻呂さん

・ロシア文化フェスティバル日本組織委員会事務局長 長塚英雄さん

音楽
・指揮者 西本智実さん
・指揮者 アレクサンドル・ラザレフさん
・指揮者 ウラル・フィルハーモニー管弦楽団 ドミトリー・リスさん

・ピアニスト 小山実稚恵さん
・ピアニスト ピョートル・ドミトリエフさん
・ピアニスト 宮崎朋奈さん
・ヴァイオリニスト 加登萌々子さん
・チェロ奏者 ドミトリー・フェイギンさん&ピアニスト 新見・フェイギン・浩子さん

・歌手 エカテリーナさん
・歌手 石橋幸さん
・歌手 ボニージャックス

・ソ連・ロシア音楽評論家 メトジカ音楽ルーム 高塚昌彦さん

スポーツ
・フィギュアスケーター ぺアロシア代表 川口悠子さん
・モスクワ柔道教師 安藤真理さん
・自転車 ユーラシア大陸横断成功 栗原直人さん

学術
・ロシア文学者 東京外国語大学学長 亀山郁夫さん
・青山学院大学教授 袴田茂樹さん


ビジネス

・国際関係アナリスト 北野幸伯さん
・アエロフロート・ロシア航空 日本・オーストラリア支社長 セルゲイ・モイセーエフさん
・ビジネスコンサルタント 朝妻幸雄さん
・中国国際放送 謝項宇 東京支局長


日本で活躍するロシア人

・レストラン経営「ベラルーシの家庭料理ミンスクの台所」 ヴィクトリア・バリシュクさん
・ロシア語教師 サブリナ・エレオノーラさん
・ロシア語教師 エフゲーニー・ウジーニンさん
・タチヤナ・ベルーシュキナさん


ロシアの声(モスクワ放送)OB

・俳優 元モスクワ放送アナウンサー 河崎保さん
・チェルノブイリ子供基金 元モスクワ放送アナウンサー 平野進一郎さん

【今日のロシア】日露ビジネスコンサルタント 朝妻幸雄さん

2012-02-09

「ロシアの声」東京特派員レポート最新号は、
日ロのビジネスを活性化する目的ために創設された
ロシアの日本センター所長を務められた
朝妻幸雄さんにお話をうかがいます

 

ビジネス分野では初となる日ロ友好勲章を授与された朝妻さん
いつもお洒落なハット姿にダンディーなお声で、
これからの日本とロシアのビジネスについて、そして、ロシアから日本への“片思いの構図”をどうやって変えていくかについて熱く語ってくださいます。

なんと私にとっては大学の大先輩でもあるのですが、
大学時代にはサークルでコサックダンスを踊っていらしたとか

インタビュー時にはロシア指導者の特徴を表している、こんなジョークも。

シベリアを走っている列車が突然止まってしまいました。
そのとき時の指導者はどうしたでしょうか

●スターリン:直ちに列車運行の責任者を処刑してしまった。

●ブレジネフ:窓を閉めて列車をゆすった。「どうだ、走ってみろ!」

●ゴルバチョフ:窓を開けて外に向かって叫んだ「お~い!この列車はもう修理不能だ。助けて!」

●エリツィン:列車のドアを壊して乗客を外へほうりだした。「君たちは自由だ。もうどこへでもいけばいい!」

●プーチン:乗客をもう一度戻して席につかせていった「この列車はもう大丈夫だ。ガスと石油で走らせよう!」

●メドヴェージェフ:「外国からの近代技術を買って走らせよう」と言って前任者の顔色をうかがった。

ちなみにプーチンとメドヴェージェフの部分は、
朝妻さんが自ら作ってつけたしたのだそう!
朝妻さんに座布団をお願いします!

インタビュー音源はこちら