【モスクワ噴水さんぽ】ВДНХ リニューアルしてピカピカな“石の花の噴水”と旧ソ連の国々をぐるり一周の“民族友好の噴水”

2020-06-29

モスクワの噴水さんぽといえば、旧ソ連の国々をぐるり一周旅行気分が味わえる全ロシア博覧センター(Выставка достижений народного хозяйства 略称ВДНХ)の“石の花の噴水”と“民族友好の噴水”も外せません!2018年に訪れたときは修復中でしたが・・・(【懐ソ連派におすすめ】宇宙飛行士の日の全ロシア展示会場(ВДНХ) 2018)、今は再び、夏の太陽を受けて一斉に水を噴き上げています!

IMG_8431

IMG_8419

△石の花の噴水。孔雀石の原石ような深みのある色合いがなんともいえず素敵だった10年前の姿を思い描いて近づいてみると・・・なんだか修復後は色合いがピカピカ派手になってしまって。(関連☆全ロシア展示会場の休日♪2009年))

IMG_8420 IMG_8421

IMG_8427

それでもやっぱり噴水は大人気!新婚の二人も記念写真。

IMG_8433

9512A5A7-FA5D-46F2-9FC3-ABCE43A9C8EB

△民族友好の噴水。噴水を囲むように12人の女性が建っていますが、それぞれ旧ソ連の構成各国の民族衣装を着て、手にはその国の経済を支える特産物を持っています。

38A888A4-365D-4539-B507-93EB6401A009

 

ロシア、ベラルーシ、ウクライナ、ウズベキスタン、グルジア、リトアニア、ラトヴィア、タジキスタン、トルクメニスタン、カレリア共和国、エストニア、アルメニア、モルドヴァ、キルギス、アゼルバイジャン、カザフスタン。

F7748642-D905-40C6-987E-07DE82BF6297

IMG_8281

平和大通りの先に広がるこの巨大な展示会場は、かつては国民経済達成博覧会と呼ばれていました。正面入り口の凱旋門から、一番奥の宇宙館まで、巨大な敷地が広がっており、その中心エリアに二つの大きな噴水を見ることが出来ます。そしてその噴水を囲むように社会主義ソヴィエトの達成した成果を誇示するたくさんのパヴィリオンが並んでいます。 パヴィリオンの中には、その国の特産品や民芸品などのブースもたくさん!ここでしか購入できない珍しいお菓子や民族衣装をアレンジした一点もののドレスなど掘り出し物もあり、アンテナショップ的な役割も果たしています。建物自体も見応えがありますし、博物館も多いので、ひとつずつ見ていくと一日あっても時間が足りません・・・!

IMG_8403

IMG_8407

IMG_8406

IMG_8410 IMG_8412

IMG_8418

IMG_8415

IMG_8434

△カザフスタン・パビリオン。横にはオスタンキノ・タワーが!

IMG_8409

△ベラルーシ・パビリオン

IMG_8440

△アルメニア・パビリオン

BF4684B5-F849-454C-A011-82A583E0E8D0

89CF4C7B-0B6F-4670-8806-1F2C4A3552CA 

IMG_8408

△ロシア人にも人気のソ連ゲーム博物館。以前は赤の広場近くにありましたが、ВДНХに移設されました。

3E147C2C-5B1B-4955-83B3-28A6F60D27A6

△ソ連を味わう施設には、現在はロシアの新しい水族館モスクワリウムもあります。(モスクワの水族館モスクワリウムへ【親子で楽しい】【ロシアのなかの日本】【ロシアの新型コロナウイルス対策】

IMG_8452

敷地内は、今もあちらこちらでリニューアル工事が進められています。

FBA42E57-253F-414B-ACE0-A46BEEF7E035

敷地奥には、もう一つ、噴水を見ることが出来ます。この池ではボートに乗ることもできます。

ВДНХ https://vdnh.ru

住所: пр-т Мира, 119, Москва

【ロシアの新型コロナ対策 #モスクワ定点観測】ロックダウン解除からの第3段階:6月23日〜

新型コロナウイルス感染対策のためのロックダウン解除から、第1段階(【ロシアの新型コロナ対策 #モスクワ定点観測】ロックダウン解除からの1週間(第1段階:6月9日〜15日))、第2段階(【ロシアの新型コロナ対策 #モスクワ定点観測】ロックダウン解除からの第2段階:6月16日〜22日))を経て、6月23日からの最終週は第3段階へ。

08-06-20-web-0001007

③23日からはフィットネス・クラブやプール、健康施設、スパ&マッサージ・サロン、バーニャ、サウナ、レストランやカフェ、食堂など飲食店、幼稚園や子供用の遊び場、運動場、サッカー場など訪問可。モスクワ川クルーズの再開(【ロシア文化フェスBlog】モスクワ通信『モスクワ川クルーズへご案内!』

IMG_8773

さっそくたくさんのクルーズ船がモスクワ川を行き来しています。

IMG_9735

IMG_9727

IMG_9182

3月後半以来、私も久しぶりに地下鉄やバスなど公共交通機関を利用しました。周りは、マスクも手袋も着用していない人が多いため、なるべく混雑しない時間帯や車両を選んだり、こまめに消毒するなど、自分で自分の身を守る工夫が必要になってきそうです。

A4A21C12-E618-4B57-A53C-467EA41A56BE 

△4月5月6月と、新型コロナウイルスの不安の中のステイホームで、いつもとは違うことばかりが続きましたが、いつもと同じように季節が巡って、いつもと同じ場所に満開に咲く花を見ると、その生命力の強さにパワーをもらいます。(【モスクワの街角】紫陽花、ジャスミン、シャガールの青!矢車菊

また、ロシアでは、極東地域の経済の発展とアジア太平洋地域との国際協力の拡大を目的に2005年から毎年9月に開催されてきた東宝経済フォーラムの中止を発表しています。他にも主要な経済フォーラムや投資フォーラムは相次いで中止に。ロシア文化フェスティバル IN JAPANのイベントも中止になり、皆さまとお目にかかることも難しくなってしまいましたし、日露交流年の大成功を受けて2020年から2021年にかけて実施されることになっていた「日露地域・姉妹都市交流年」(日露地域交流年)の開会式も延期に・・・

 

【世界遺産】古き良きモスクワの風景・・・ノヴォデヴィチ修道院の建築アンサンブル

2020-06-27

数多くのロシアの著名人が眠るノヴォデヴィチ墓地(Новодевичье кладбище)(【モスクワの墓地】まるで彫刻の森美術館!著名人の眠るノヴォデヴィチ墓地)の隣には、世界遺産にもなっているノヴォデヴィチ修道院(Новодевичий монастырь)の建築アンサンブルを見ることが出来ます。

IMG_8506

△チャイコフスキーがバレエ曲『白鳥の湖』のインスピレーションを得たという湖は、若草の春、爽やかな緑の夏、黄金の秋、湖も凍る銀世界の冬・・・どの季節に訪れても美しい!(【モスクワで出逢う偉人シリーズ】作曲家チャイコフスキー

IMG_8505

湖の周りをぐるっと1周お散歩できます。鏡のように湖面に映る修道院を様々な角度から楽しめます。チャイコフスキーもここを歩いたのでしょうか・・・

IMG_8496

IMG_8488

水鳥が遊び、日向ぼっこしたり釣りを楽しんだり、サイクリングしたり・・・思い思いの時間を過ごしています。

IMG_8500

△可愛らしい親子ガモのモニュメント

IMG_8493

△子カモが増えた・・・!?男の子がたくさんの鳩に囲まれながら餌をあげていました。

IMG_8495

△約500年もの長い間変わらぬ古き良きロシアの風景・・・

IMG_7592

△一方、池の反対側からは現代ロシアを象徴する高層ビルのモスクワ・シティが綺麗に見えます。

城壁に囲まれ、長い間修復中だった修道院の敷地内は、教会など一部のみ入ることができるようになっていました。

IMG_8479

△ノヴォデヴィチ修道院のシンボルともいえるスモレンスキー聖堂は修復中。なかは素晴らしいイコノスタスやフレスコ画で彩られているそうです。ムソルグスキーのオペラ『ボリス・ゴドノフ』もこの中庭から始まります。

IMG_8481

IMG_8465

教会の入り口

IMG_8469

IMG_8468

IMG_8470

IMG_8474

 

IMG_8472 IMG_8475

IMG_8476

△ちょうど赤ちゃんの洗礼式をしていました

IMG_8455

IMG_8457IMG_8480IMG_8462

IMG_8461

ノヴォデヴィチ修道院(Новодевичий монастырьhttp://novodev.msk.ru

Адрес: Новодевичий пр-д, 1, Москва

 

関連☆【モスクワのレストラン】画家のアトリエ風!ジョージア(グルジア)料理 ウ・ピロスマニ