【ロシアの食材】パパにも出来る!ソーセージ

2020-01-31

エジプト旅行から戻ってから、ちょっと風邪気味の今日。息子がオムライスを作ってくれるそうです。

IMG_3268

△«ПАПА МОЖЕТ!»(パパは出来る!)という銘柄のユニークなソーセージを購入

IMG_3269

ロシアのソーセージは、パッケージを開けるとさらにソーセージ1本1本がビニールに包まれています。そのビニールを外すと・・・ソーセージにも«ПАПА МОЖЕТ!»の文字が。同じ名前の

ぜひこのソーセージで、将来はお料理上手のパパになってね!

Останкино: Колбаса “Папа может” https://ompk.ru/categories/varenye-kolbasy/papa-mozhet-230

 

関連ブログ☆【モスクワのカフェ】スターリン建築の隠れ家パパパティスリーОлег Ильин(オレグ・イリイン)

【ロシアあるある】プレゼントは中身が大事!?

2020-01-30

今日はバイオリンの先生のお誕生日!今日は花市場まで出かける余裕はなかったので、レッスンの前に息子と近所に新しく出来たお花屋さんへ。

IMG_3395

IMG_3393

△綺麗なお花がたくさん並ぶ保冷室からレジへ。贈り物にぴったりなメッセージカードや小物なども並んでいます。

IMG_3391 

△そして選んだお花はというと・・・フクースビルというスーパーマーケットのレジ袋の中に!?しかも当然のことながらお店の誰かの使い古しです・・・

日本ではお店の名前やロゴ入りのショップ袋は当たり前。「お渡し用の袋はおつけいたしますか?」「こちらの大きな袋におまとめしましょうか?」なんて、ご親切に予備の袋やサイズのあった袋まで無料で付けてくださったりします。ショップ袋はお店の顔として名刺がわりに街中で宣伝にもなりますし、丁寧な包装まで込みで日本の贈り物スタイルです。

ところがロシアでは、もともと包装の習慣がなく、商品をそのままぽん!と渡されることが多いのです。袋は有料で、メッセージカードなどとともにレジ脇などに販売されています。(関連☆【ロシアのお土産】ラッピングと紙袋)当然、お花屋さんなのにお花のサイズに合っていない袋ばかり並んでいることも・・・!特に有料袋を購入しない場合、持ちやすいようにとお店の方が親切に私物の袋(この日なら使い古しのスーパーのレジ袋)に入れてくれたのでした。

ロシアでも自社ブランドの化粧袋を用意しているお店やスーパーが増え、日本同様エコのためにエコバックを推奨しているお店まで増えていますが、小さなお花屋さんなどでは、まだよくこんなことがあります。

unnamed

 

△綺麗なお花に女神の微笑みで両手を広げ息子を抱きしめてキスの嵐を降らせる先生!しかしその数分後、コンクールの課題曲の練習が始まると鬼の形相に変わることをこの時の私たちはまだ知りません・・・!

 

【モスクワの市場】最高品質で最安値!お花ならやっぱり花市場 Рижский рынок

【モスクワの花屋】24時間営業のМосцветторг モスツヴェトルク

【モスクワのスーパー】ロシア国産の優良食品を誇るスーパー ВкусВилл(フクースビル)とИзбё

【ロシアのお土産】世界が注目!ロシアのプラセンタ化粧品

2020-01-29

胎盤から抽出したエキス“プラセンタ”を使った化粧品は世界中でとても人気があり、なかでも高濃度で高品質なロシアのプラセンタは日本でも人気があるようです。あのクレオパトラや楊貴妃、さらにはマリー・アントワネットが美容のために使っていたという伝説も・・・!?そんなプラセンタの研究の先駆者は、ソ連の学者たちだと言われています。そんなプラセンタの化粧品、ロシアではかなりのお手頃価格で購入できるのです。

38C7FEF3-1D97-4A13-AD3B-E91017501ACF

10年前にモスクワでロシアナとして勤務していたときにも一度ご紹介したПлацентольのプラセンタ化粧品を、改めて購入してみました!(インターネットショップで宅配も。)

IMG_3336

△建物の1階で電話して、化粧品を購入したい旨伝えると、ゲートを通してくれます。エレベーターで4階へ。

IMG_3352

△ガラス張りのドアはオフィスへ。化粧品の購入はその向かい側の木のドアです。

IMG_3351  

△こちらのドアをあけると・・・

IMG_3338

顔、身体、髪用など部屋中に商品がずらり。私がこちらの化粧品と出会ったのは、『魔法の鏡Волшебное зеркало 』シリーズでした。オフィスの方にはまだかつてのパッケージデザインのシリーズも飾ってありました。

IMG_3346

△まずは、お店の定番おすすめ商品であるプラセンタを選びます。初めてでどれを購入すべきか相談したいと伝えると、オフィスからツヤツヤ肌のベテラン美容部員マダムが登場して「あなたの肌にはこれ!」と瞬時に判断してくださいます。12mlで約700ルーブル !日本では7000円くらいするプラセンタ化粧品もたくさんありますから、驚きの価格です。

IMG_3343

△毎日使用して良いもの、ピーリング効果があり1週間に1階程度使用するもの、などあります。こちらは美容液のように使用するそうで、朝夕の洗顔後に化粧水で肌を整えた後で、このプラセンタを顔全体に薄く伸ばし、あとはクリームやオイルなどで保湿します。

IMG_3337

△他にもデザインや香りの良い基礎化粧品がラインで揃っています。リフティング、保湿、細胞再生などお悩み別にも選ぶことが出来ます。『魔法の鏡』シリーズもこんなにオシャレに生まれ変わりました。(昔のお母さんの化粧台に並んでいそうなレトロな佇まいも魅力的だったのにな。)«Волшебное зеркало 魔法の鏡» «Русские сезоныロシアン・シーズン» の夜用の栄養クリームも良さそうでしたし、«Белая роза 白いバラ» シリーズの香りにも惹かれました。メイク落とし、洗顔、化粧水、アイクリームなどさまざまなものがあるので、いろいろ試してみて、またお勧め商品をご紹介出来たらと思います。ちなみに5000ルーブル 以上で10%、10000ルーブル 以上で20%・・・と割引率が上がるので、ご家族や友人とまとめ買いできるとお得に購入できます。

IMG_3389

△プラセンタはキャップを開栓するとこのように中央がゴムになっています。

IMG_3354 

薬局で購入した注射器で適量をとり、使用しています。保管は冷蔵庫がおすすめです。

 

Плацентоль http://www.placentol.ru

スクリーンショット 2020-04-09 5.48.31