【グム百貨店】もはや定番土産に!?ロシア偉人の愛したパスチラ

2019-04-11

ロシアの昔ながらのお菓子パスチラ。りんごのピューレをつかった素朴なお味と美しいパッケージに魅了されて、コロムナやトゥーラまで行ってまいりました。

 ☆【ロシアのお菓子】パスチラ(пастила)

IMG_8532

IMG_5821-600x450

最近では人気のお土産となり、赤の広場前の国営グム百貨店の食料品店(ガストロノム・ノーメル・アジン Гастроном № 1)にも常設コーナーが出来ています。定番シリーズから四季折々の限定ものまでお求め頂けます。

IMG_8534

IMG_4504

△グム百貨店の定番人気、ティータイム好きだったロシアの偉人シリーズ。エカテリーナ2世、文豪トルストイとドストエフスキーのお箱です。

IMG_4503

IMG_4502

箱をあけると、それぞれの偉人たちがどんなパスチラを好んで食べていたのかが一目でお分かり頂けます。ロシア語と英語で解説もついているので、お土産にもぴったり!こちらはリンゴのピューレに卵白を加えてふんわりとさせたケーキ状のタイプ。

IMG_4387

IMG_4388

△そしてこちらは、りんごのピューレをそのまま固めたゼリー状のタイプ。

IMG_3682

IMG_3681

△大の甘党だった文豪ドストエフスキーは、本棚にお菓子箱を隠していて、執筆の間につまんでいたそうです。子どもの頃にコロムナに住んでいたドストエフスキーはベリーのパスチラがお気に入りで、お菓子箱のなかにはいつも常備していたのだそうです。

グム百貨店 Гастроном № 1 https://gum.ru/gastronom-1/

【ロシアのお菓子】パスチラ(пастила)

パスチラ(пастила)は、ロシアの小さな青い小林檎のピューレとお砂糖や蜂蜜、卵白などナチュラルな素材だけで作られたシンプルで素朴なお菓子です。今も昔ながらのレシピで作られています。

a4d81f4c872ee3dbbdee9fc81c459ee34 603ac51a4f8713ebe700cff9a2a4c60a-600x451

△モスクワのカザン駅から南東へ、列車でおよそ3時間。郊外のちいさな街コロムナには、2つのパスチラ博物館があります。

 ☆モスクワ郊外・コロムナのパスチラ工場博物館

 ☆モスクワ郊外・コロムナのパスチラ博物館

 

IMG_0371-600x450 

△モスクワにはアンテナショップもあります。

 ☆夢の世界へようこそ!モスクワで味わえるコロムナのパスチラ

 

IMG_21821-450x600 IMG_0622

 ☆サモワールの街トゥーラ〜ベリョフのパスチラとクレムリン〜

最近は赤の広場に面したグム百貨店のなかの1階食料品店でも常設コーナーが設けられています。

パスチラはスーパーなどでも売られており、なかにはなんだか甘すぎるマシュマロやメレンゲみたいなものも多いため、ロシアと長くお付き合いしていらっしゃる方のなかには「以前試してみていまいちだったのよね・・・」という方も多いのですが、そんな方にこそお試し頂きたい伝統レシピ!最近では、伝統レシピから展開して、ベリーや桃などの果汁を固めたものをヘルシーなお菓子パスチラとして販売している商品も見かけるようになりました。

美しいパッケージのロシア土産、チョコレート以外にもないかしら?という方にもおすすめです。

【モスクワの交通】モスクワ〜サンクト・ペテルブルク間

ロシア旅行では、2大都市のモスクワとサンクト・ペテルブルクを観光するツアーが多いようです。モスクワ〜サンクトペテルブルク間は、飛行機(約1.5時間)以外にも、日本の新幹線のような高速鉄道サプサン号(約4時間)を利用することも出来ますし、クラシックな寝台列車に揺られながら旅を楽しむことも出来ますし(約12時間)。

【モスクワの鉄道駅】レニングラード駅から寝台特急レッド・アロー号!(モスクワ〜サンクトペテルブルク)

【モスクワの鉄道駅】レニングラード駅へ高速鉄道サプサン号!(サンクトペテルブルク〜モスクワ)

IMG_2791

△車内で販売・サービスされている記念のチョコレート