【モスクワ通信】市民投票で選ばれたモスクワ・ケーキにマトリョーシカ・ケーキ⁉︎ロシアの最新人気ケーキも一挙ご紹介! 〜後編〜

2021-09-26

(ロシア文化フェスティバルblogより)

甘党のあなたにぴったりのロシアの人気定番ケーキをご紹介した前編につづき、後半はロシア通が喜ぶ⁉︎少し珍しいケーキや注目のケーキをいくつかご紹介していきます。

【生粋のロシアっ子、モスクワ・ケーキ】

d9dd934b23b91978d5a6002b9ad087d3 IMG_E7143

△(写真左)首都モスクワの名が冠されたТорт  «Москва»(モスクワ・ケーキ)は、2017年、モスクワを代表するケーキを作ろう!という呼びかけのもと、20万人以上の市民による投票で誕生しました。パイ生地とクリーム(ナッツとコンデンスミルク風味)を何層にも重ねた素朴なケーキで、ずっしりとした甘さが特徴です。まわりは木いちごの赤のアイシングで輝くように美しくコーティングされています。今や、どこのスーパーやケーキ屋さんのショーケースでも威風堂々と鎮座しています。(写真右)ちなみに、ロシア人のコンデンスミルク好きは筋金入りで、特にコンデンスミルク缶を茹でて生キャラメル状にしたものは、さまざまなお菓子に愛用されています。そんなロシア人のコンデンスミルク愛を形にしてしまったユニークなケーキはПирожное Банка сгущёнки(コンデンスミルク缶ケーキ)。ソ連時代からお馴染みのコンデンスミルク缶の形&デザインをそのままケーキに。愛する娘たちが喜びそうな、そして安心安全なスイーツを!という優しい親心から誕生したというケーキショップ『Любовь и сладости(Love & Sweets)』にて。

 

【外国生まれのロシアなケーキ、パヴロワ】

△ロシアのバレリーナ、アンナ・パヴロワの名がついたケーキТорт «Павлова»(パヴロワ)をいただいたのは、在モスクワ日本国大使館からも近いレストラン『Food Embassy』。女優で料理研究家のユリヤ・ヴィソツカヤがプロデュースするお店です。実はこのケーキは、ロシアではなくオーストラリア?ニュージーランド?で考案されたと言われているスイーツです。真っ白いクリームが、白鳥を踊る衣装のチュチュのように繊細で愛らしいこのケーキは、ロシアでいただくときは卵白を焼いたものとスメタナのクリームでデコレーションされています。ロシア人はスメタナが大好きで、ボルシチなどのスープにもビーフストロガノフにもペリメニにもスメタナを落としていただきますが、スメタナを使ったケーキも大好き。ロシアで白いクリームをみかけたら、スメタナのクリームあるいはバタークリームで、日本のショートケーキのようなシンプルな生クリームを泡だてたホイップクリームを使用するケーキにはお目にかかったことがありません。 

IMG_6846

△ベリーの種類が豊富なロシアならではの野いちご(Земляника)のケーキ。ストロベリーやブルーベリーはよくみかけても、野いちごがこんなにたっぷりのケーキはなかなか日本ではお目にかかれませんね。

 

【出会えたらラッキー!?旬を味わう!チェリョームハのケーキ】

IMG_3387 IMG_6638

△さて、こちらは春を味わうチェリョームハのケーキ。以前、モスクワの日本庭園の桜をご紹介しましたが(☆モスクワ通信『日本庭園の桜、満開!』)、ロシアでも春になると桜の一種、Черёмуха(チェリョームハ)が咲きます。4月下旬〜5月上旬にかけて、白い可憐な花がふんわりと咲きほこる美しさは、若草の草原に映えてなんとも爽やかです。そんなチェリョームハのケーキ、昔はよく家庭で作られていたそうで、友人は“ソ連時代の懐かしいおばあちゃんの家の味”と話していました。最近は都心のケーキ屋さんではほとんど見かけません。茶色のスポンジ生地には混ぜ込まれたチェリョームハのぷつぷつとした食感があり、まわりは桜の花のような真っ白なクリームに覆われています。

 

【お誕生日にはオーダー・ケーキ!?】

IMG_7060 IMG_2833

さて、ケーキといえばお誕生日。ロシアでは、お誕生日を迎える本人がケーキを用意して、たとえば職場ではお世話になっている同僚の皆にふるまうのですが、子どもたちのお誕生日は格別!年に一度のお誕生日をスペシャルなものにしてあげようと気合を入れて用意するご家庭が多く、レストランやエンターテインメント施設ではお誕生日プランが用意されています。例えば、お友達を呼んでトランポリンセンターやキッザニアで、マジシャンや好きなキャラクターを呼んでレストランでなどなど・・・!そして、お楽しみのケーキもオリジナル・オーダーが人気!ケーキ屋さんでは「オリジナル・オーダー承ります」の案内をよく見かけます。お写真は、ロシアの音楽学校の卒業記念パーティでのオリジナル・ケーキと特製のレインボー・バースデー・ケーキ

 

【ロシアの流行!エクレアと抹茶、そしてマトリョーシカ・ケーキ】

IMG_5001-450x600 unnamed

IMG_5975 05a01051-f924-4b9f-b58a-e0a2fb266c1c

△この10年のロシアの変化についてもいくつかのトピックに分けてご紹介しましたが(☆【モスクワ通信】新生ロシア連邦の誕生から30年・・・モスクワの10年をプレイバック!)、ロシアのケーキ界ではエクレアと抹茶が2大ブームでした。宝石のような美しいエクレアが並ぶエクレア専門店を見かけたり、これまで日本人シェフの働くお店でしか味わえなかった抹茶ラテや抹茶スイーツが、ロシアの一般的なカフェに仲間入りしていたり。日本人気も健在で、大手スーパーマーケット『Азбука Вкуса(アズブカ・フクーサ)』では、日本人パティシエ森川英喜氏が製菓部門の顔となっています。フード・テーマパークへと変身を遂げた市場でも、エクレアと抹茶の人気は健在でした。デポをはじめ、話題の市場へ足を運べば、きっとロシアのケーキの今に出会えるでしょう!(☆【モスクワ通信】あなたはどっち派!?昔ながらの市場から食のテーマパークへ

IMG_5016 IMG_5032

△一方、昔ながらの味を守り、今でも地元のロシア人に愛されているケーキ屋さんとしてお勧めしたいお店のひとつは1855年創業のВенский цех(ウィーン・ファクトリー)』です。可愛らしい赤煉瓦づくりのお菓子工場『Большевик (ボリシェヴィク)』の一部でしたが、工場移転後の現在もその敷地内にあります。工場跡はイギリスの建築会社主導のもとで、モダンな文化スペースとして改装されています。同じ敷地内のロシア印象派美術館を訪れたあとにいかがでしょうか。

最後に、私が注目していたマトリョーシカ・ケーキ

IMG_7154 IMG_7155

△フランス・パリの老舗パティスリー『Ladurée ラデュレ』のモスクワ店では、ロシアではなかなかお目にかかれない栗のケーキ“モンブラン”を秋限定で販売して話題を集めたり、ロシア正教のイースターであるパスハ(復活祭)に販売されるケーキのクリーチ(左)や、マトリョーシカのケーキ(右)など斬新なセンスで、ロシアのケーキ業界に新しい風を感じさせてくれます。(写真は公式Instagramより)

2021-09-23 14.06.19 IMG_2744-600x450

△こちらは以前ブログでもご紹介した『カフェ・プーシキン』のマトリョーシカ・ケーキ!薔薇の花のような帽子がなんともおしゃれ。国民的詩人プーシキンらしく、本の形の名物ケーキ Сказки Пушкина(プーシキンのおはなし)もありますが、日本人にとってはプーシキンの詩を暗唱するのと同じくらい、この甘さを完食するの大変かも・・・!?(関連ブログ☆モスクワ通信『フランスにも!? カフェ・プーシキン』

IMG_2351

△こちらはロシア料理レストラン『マトリョーシカ』のマトリョーシカ・ケーキ!頭にはロシアの民族衣装で女性が身につける頭飾りのココーシニク(кокошник)をつけています。薄いマトリョーシカ型のチョコレートの中には、フレッシュなベリーのムースとソースが入っています。

あなたがもし、ロシアで素敵なマトリョーシカ・ケーキに出会ったらぜひ教えてくださいね。

【モスクワ通信】鳥のミルク?チョコレートのじゃがいも?ロシアの定番人気ケーキを一挙ご紹介!〜前編〜ロシアで味わって欲しいケーキを一挙ご紹介!

2021-09-25

(ロシア文化フェスティバルblogより)

今回は、ロシアへいらしたらぜひ味わっていただきたい人気定番ケーキや、ちょっと珍しい旬の味、モスクワの流行のケーキなどを一挙ご紹介します!Приятного аппетита(どうぞ召し上がれ)!

IMG_5095

△まずはロシアの定番ケーキ3つ、鳥のミルク(手前)、ナポレオン(写真奥左)、蜂蜜ケーキ(写真奥右)からどうぞ。

【鳥のミルク】

“Человек, у которого есть все, может мечтать лишь о птичьем молоке”(すべてを持つ人は、鳥のミルクを夢みることしかできない)という表現もあるそうですが、この世には存在しないはずの“Птичье молоко(鳥のミルク)”というユニークなネーミングは、母乳で赤ちゃんを育てない鳥のミルク、つまりこの世には存在しないほど美味しい!ということで呼ばれるようになったのだとか。ホイップしたメレンゲとコンデンスに寒天をあわせたふわふわスフレの周りをチョコレートでコーティングしてあり、とにかくお砂糖をたっぷり入れるのが贅沢だったソ連時代には甘くて柔らかくて魔法のようなお菓子だったそう。

 scale_1200
△ケーキ版の“鳥のミルク”は、 旧アルバート通りにあった伝説のレストラン Прага(プラハ)のチーフ・パティシエだったウラジーミル・グラリニク(Владимир Михайлович Гуральник)が1978年に考案しました(写真右はこちらの記事より)。原型となったのは、ソ連の食産業大臣がチェコスロバキアで食べたお菓子だったそうです。チョコレートスポンジケーキとふわふわのスフレをチョコレートでコーティングした元祖ケーキ版“鳥のミルク”を、かつてはレストラン内でいただくことができたのですが、現在は残念ながら閉店。ソ連時代にはお祝い事といえば“鳥のミルク”を求めてモスクワっ子たちの長い行列ができたそうです。レストランの名がついたプラーガというチョコレートケーキをはじめ、このレストランからはたくさんの流行が生まれました。

 
△火の鳥が描かれたパッケージも可愛らしいホールケーキやカットされたサイズも。この世には存在しないはずの“鳥のミルク”ですが、ロシアではレストランやスーパーなどいたるところで見つけることができます。

IMG_0211

△お土産用には一口サイズのバージョンが人気です。スフレを作るときの温度に秘訣があるというグラリニク氏考案の元祖“鳥のミルク”以外にも、極東ウラジオストク に工場がある«Приморский кондитер»社の“鳥のミルク”も人気です。こちらは1967年に菓子職人のアンナ・チュマコワさんがレシピを考案しました。

IMG_7377 IMG_7387

△«Приморский кондитер»のモスクワ路面店。他にもユニークな商品がいろいろあります。極東らしくウラジオストク の景色や海、船、アムール虎などのモチーフのパッケージもユニークですが・・・チョコレートには昆布味や帆立味、ウニ味なども!?一体どんなお味なんでしょうか・・・!下の段のチョコレートは、サハリン島、ルースキー島など極東の島や湾の名前が付けられています。

IMG_5408 IMG_7007

△(写真左)アイスクリームの“鳥のミルク”味!ロシアの老舗ブランド«чистая линия»(Pure Line チスタヤ・リニヤ)のものです。(写真右)最近日本でもアイスクリームのコーナーに、ロシアの新感覚スイーツとして冷凍販売されているというスィロークにも、“鳥のミルク”味を見かけます。

【ナポレオンとメドヴィク】

パリでいただくナポレオンは、サクッと軽く香ばしく焼き上げたパイ生地にクリームがサンドされているイメージですが、ロシアのНаполеон(ナポレオン)は、薄いパイ生地とクリームが何層にもサンドされ、周りもクリームと砕いたパイ生地で覆われているため、パイ生地自体もしっとりと柔らかな食感です。ロシアでは、ケーキをオーダーするとデザートフォークでなくスプーンが出てくるのですが、まさにスプーンで掬っていただくのがぴったり。

a7de8c9c12ed700665c6f2a10ad71378 IMG_4830-600x450

2021-09-23 17.12.05

△お店ではこんな風に大きな型で作り、お好みの量をカットしてもらうスタイルも多いです。

ロシア人の蜂蜜好きについては以前このブログでもご紹介しましたが(関連ブログ☆モスクワ通信『美味しい万能薬!カローメンスコエの蜂蜜市』)、もちろん蜂蜜ケーキ Медовик(メドヴィク)も大好物です。こちらも作り方はナポレオンと似ていて、蜂蜜をたっぷり混ぜた生地を薄くのばしてオーブンで焼き、何層にも重ねます。蜂蜜の香りとねっとりとした甘味を生かすために、クリームは少し酸味のあるスメタナ(ロシアのサワークリーム)入りのクリームを挟むことが多く、周りを砕いた生地とナッツでデコレーションすることが多いため、よりずっしりとコクと重量感が感じられます。

【カルトーシュカ】

ソビエト時代から愛されているもっともシンプルなもののひとつが・・・Картошка (カルトーシュカ じゃがいも)

2021-09-23 13.24.522021-09-23 13.25.56

△じゃがいものような不格好さがまた素朴な魅力を醸し出すころんと丸いチョコレートボール。こちらも旧アルバート通りにあったレストラン Прага(プラハ)のパティシエが考案したお菓子のひとつと言われています。ねっとりと濃厚なチョコレートをメインに、そこにサクサクしたウエハースやナッツ、砕いたクッキーを加えてみたりとお店によってレシピは違うのも楽しいです。ソ連時代には、家庭でちょっと残ったお菓子などを混ぜて丸めてつくっていたそうです。また、形を変えて細長くまとめて“チョコレートのサラミ(Шоколадная колбаса)”として売られていることもあります。ナイフで切ると、確かに断面はまるでサラミのよう!

【蟻塚ケーキ】

2021-09-23 17.55.37

△こちらもロシアの昔懐かしの味、Муравейник(蟻塚ケーキ)。砕いたクッキー生地とスメタナ、コンデンスミルクをまぜて、こんもりと山型に成型します。ブラックチョコレートを細かく削ったものを上からふりかけると・・・まるで蟻塚に群がる蟻のよう!なんだかちょっと食欲のわかないネーミングではありますが、ソ連時代から家庭にあるお馴染みの食材で簡単に作ることができる甘い甘いケーキです。

【ブリヌイ・ケーキ】

IMG_6852

△ロシアのクレープ“ブリヌイ“を重ねてミルクレープ状にしたブリヌイ・ケーキ。ブリヌイは、クレープ生地よりももっちりとしているので食べ応えあり!トッピングはお店や季節によってさまざまなアレンジをお楽しみいただけます。

【その他の懐かしケーキ】

o0400030012406560118 A9FAE9DD-E189-4C41-8343-380E19100CB9

△(左)ベリー以外のフルーツでは、りんごも人気!ロシアのお庭で採れる青い小リンゴをつかったパスチラについては以前ご紹介しましたが、この甘酸っぱいリンゴを煮て生地でくるんだアップルパイのようなケーキ、シャルロットカ(шарлотка)も私のお気に入りです。そうそう、ベリーといえば、ロシアではよく、写真のように黄色いほおずきをデコレーションに使います。アクセントカラーにぴったりで、チーズケーキの上によく乗っています。ロシア料理キーテシュにて。(右)クレムリンや赤の広場からも近い老舗ホテル ナツィオナリ(Националь)1階にあるレストラン Гранд-кафе «Dr. Живаго»ドクトル・ジヴァゴでは、デザートメニューのなかに“レトロ”メニューもあり、ソ連時代からの人気スイーツを味わうことができます。手前は蜂蜜ケーキ、奥はトゥルーバチキ(さくさくのワッフルのなかにコンデンスミルク・クリーム入り)

→後編へつづく

【モスクワ通信】クワス?モルス?白樺ジュース?ロシアで味わってほしい飲み物を一挙ご紹介!

2021-09-24

今回は、ロシアへいらしたらぜひ味わっていただきたい人気定番ジュースや、ちょっと珍しい旬の味、モスクワの流行ドリンクなどを一挙ご紹介します!Приятного аппетита(どうぞ召し上がれ)!
 
57c0cc9087ad85b43119c7f0c7189492
 
△まずは、夏の人気定番ジュースといえば、モルスとクワスからどうぞ!
 

【モルス(Морс)】

ロシアは少し郊外へ足を伸ばすと緑豊かな森があり、ベリー摘みを楽しんだり、郊外の菜園つき別荘ダーチャで収穫したりするのはロシアらしい素敵な夏の味わい方です(☆モスクワ通信『郊外の菜園付きの別荘ダーチャでくつろぐ初夏の一日』)。長い冬の間に不足しがちなビタミンを補うかのように、ベリーの種類が豊富です。

IMG_1395-600x450 スクリーンショット 2017-08-27 15.13.02

△いちご(Клубника)、野いちご(Земляника)、黒いちご(Ежевика)、きいちご(Малина)、ブルーベリー(Черника)、赤すぐり(フサスグリ・レッドカラント Смородина  красная)や白すぐり(Смородина белая)、青すぐり(グーズベリー・西洋すぐり Крыжовник)、黒すぐり(ブラックカラント・カシス Смородина чёрная)、シーバックソーン(Облепиха)など・・・宝石みたいにみずみずしく輝いています。そんなさまざまなベリーを配合したジュースのモルスはロシア定番ジュースのひとつです。

tokuhain.arukikata.co.jp

△ベリーの種類や組み合わせによってこんなに種類が!

IMG_2339-450x600 IMG_5753-450x600

△ちなみに、シーバックソーン(облепиха オブレピーハ)は夏はモルスとしていただきますし、冬はフルーツティーとして大人気!まろやかなコクと酸味があって香りもよく、身体もぽかぽかになります。ロシアでは果実を生でも冷凍でも購入できるのでご自宅でも気軽に作ることができますし、アイスクリームのフレーバーやシャンプーの成分などでも見かける美容の素です。

【クワス(Квас)】

ロシアの夏の風物詩といえば・・・黒パンを発酵させた炭酸飲料クワスでした!

o0400029912406866546 o0400029912406866548

△2007年には、街角でクワス売りのタンクやスタンドをよく見かけました。昼間のビール?ロシア版コカ・コーラ?とも例えられ、とにかくよく飲まれていました。ところが2017年に10年ぶりに訪れたモスクワでは、都心部にはクワス売りをほとんど見かけなくなってしまいました。

IMG_4918 IMG_6552

△(写真左)スーパーマーケットに並ぶクワスのペットボトル。以前より少し肩身が狭そうに、でもしっかりとした存在感で陳列されています。(写真右)モスクワのお洒落なショッピングモールのなかには、レトロなデザインのクワス自動販売機が登場し、ソ連を味わうドリンクは逆に新しい存在に・・・!?

そして、そんなクワスを使った夏の冷製スープも、ロシアの夏を代表する味です。

IMG_8811 IMG_75771-450x600

△オクローシカは、皮ごと茹でたジャガイモやきゅうり、ゆで卵、ハムなどをすべて細かく切り、そこにクワスをかけて(ときにはケフィールをかけて)お好みでハーブやスメタナとともに頂く伝統的な夏の冷たいスープです。6月に入り、すっかり雪が解けたダーチャ(郊外の菜園つき別荘)へ、ロシア人が週末ごとにいそいそと通いだすと、オクローシカの季節の始まりです。日本の夏のかき氷のように、街中でもスーパーでも『オクローシカ、はじめました』の広告をよく見かけます。ロシア人のダーチャに遊びに行き、菜園で収穫したばかりの新鮮な野菜を刻むお手伝いをしてから頂くオクローシカは格別ですし、昔ながらの味を楽しめる食堂はもちろん、お洒落なレストランでもオクローシカを見かけます。

甘酸っぱくてしゅわしゅわする不思議スープ、クワスを入れたオクローシカも、そしてケフィール(飲むヨーグルトのような乳製品)を入れた少し酸味とコクのあるオクローシカも、夏のロシアでぜひ味わっていただきたい一品です。

 

【昔懐かしの味キセーリ、コンポート、白樺ジュース】

IMG_58121-600x4501 IMG_69912-600x450

懐かしの味といえば、コンポート(Компот)やКисель(キセーリ)。Кисель(キセーリ)はデンプン(片栗粉)が入っていて、とろりとした口当たり。冷たい葛湯みたい!手作りする時は、片栗粉の量によって、ゼリー風のデザートにも、ジュース風にもなります。スーパーでも、いくつかのベリーの種類が売られています。

懐かしの瓶入りジュース-thumb ジューススタンド3

△かき氷のシロップ見たいなジュースは、好きな味を選び炭酸で割ってもらいます。緑色のタルフンは、タラゴン(エストラゴン)というロシア〜中央アジアに分布する薬草の風味がついた飲み物。

IMG_4985 IMG_8318-450x600

△白樺ジュースは透明で、うっすらと甘いスポーツドリンクのような味。白樺の美しいロシアの森では、白樺につくきのこチャーガのお茶も免疫を高める効果があるとして、コロナ禍の今、改めて注目されています。(関連ブログ☆【モスクワ通信】新型コロナウイルスで再注目!チャーガ茶で免疫力アップ!?)

 

【流行!自家製レモネード】 

IMG_5744-600x450

△ソフトドリンクの流行!といえば、自家製レモネード(Лимонад さまざまなフルーツやハーブを混ぜたオリジナルのレモネード)。公園にはレモネードの屋台が並んで、レストランのメニューにも自家製レモネードの種類が充実していて驚きます。ちなみに、ロシアのレモネードはレモンとシロップの入った所謂シンプルなレモネードだけでなく、ストロベリーとバジル、りんごとジンジャー、クランベリーとローズマリー、チェリーとミント・・・さまざまなフルーツとハーブなどがオリジナルで配合されています。

D2C48D07-8AD0-4B8D-86B9-A32E3F7574E1 EF4B4EBD-28C5-4F44-929F-E2E9E77FB608 IMG_8119

ちなみに、ロシアでジュースをオーダーすると、「普通の?それともフレッシュ?」と尋ねられます。フレッシュジュースは人気で、オレンジやりんご、グレープフルーツ、人参(ミルクつきが多い)やセロリもよく見かけます。スーパーでは、ペットボトルにフレッシュオレンジジュースを入れるマシンも見かけますし、空港にはフレッシュオレンジジュースの自動販売機も。流行のスムージーバーでは、生のビーツが手軽に入手できるロシアらしくビーツのスムージーも人気です。

 

【ロシアン・コーヒー=ラフ・コーヒー】

紅茶の国ロシアにスターバックスコーヒーが登場し、その後ロシアのコーヒーチェーンが増えていった2007〜2009年。今やすっかり紅茶もコーヒーも美味しいロシアに、ロシア発祥のコーヒーができていました。それがラフ・コーヒー(Раф-кофе)!

unnamed-7

お店によっても違いますが、エスプレッソコーヒーの上にフォームミルクがのっているカプチーノと比べると、ミルクの代わりにフォーム状の生クリームがのっているのがラフ・コーヒー。そして、さまざまなフレーバー&シロップが用意されているのも特徴で、生クリームのコクと甘み+フレーバー&シロップの風味と甘味で・・・ロシア人の大好きな甘いコーヒー“ラフ・コーヒー(Раф-кофе)”になります。こちらの写真は幸せという名のカフェのラフ・コーヒー。コーヒーがちょっと苦手でも、これなら美味しく飲める!という方も。

IMG_26941-600x450 IMG_0006

なお、ロシア・カフェ業界では、2017年頃から抹茶ラテが一大ブームになり、そしてアイスコーヒー&ティーが登場。ロシアでは飲み物を冷やす習慣がなく、かつてはビールもジュースも室温が当たりまえ。アイス・コーヒーやアイス・ティーはありませんでした。近年は、「冷たいものを」とお願いしなくても冷たいビールが出てきたりもしますし、アイス抹茶ラテを置いているカフェも。(写真左)2017年にカフェに新登場した抹茶ラテを3杯オーダー。茶托で泡だてながら店員さんが一言「初めてなので抹茶の分量を間違えちゃった!」

【ロシアの紅茶といえばロシアンティー!?】
 

d175812e709a571f76e17d2494c729e22

さて、紅茶大国ロシアの“ロシアン・ティー”といえば、日本では“ジャム入りの紅茶”を思い浮かべる方が多いのですが、実は本場ロシアではちょっと違っていて、ヴァレーニエを食べながら紅茶をいただきます。ジャムは日本でもお馴染みのように、フルーツをお砂糖と一緒に煮こみ、トーストにも塗りやすいペースト(ゲル)状になったもの。ロシアのスーパーでジャムよりもさらに広めのコーナーが割り当てられているのが、ロシア伝統のヴァレーニエ!同じようにフルーツと砂糖を一緒に煮込みますが、より果実の食感が残っています。

IMG_3025 IMG_4498-450x600

珍しいところでは、松ぼっくりのヴァレーニエ や、きゅうりのヴァレーニエなどもありました。一方、ヨーロッパの国の中では、ロシアンティーといえば、柑橘系のフレーバーの紅茶だったり、レモン・ティーをイメージされる方も多いのだそうです。

スクリーンショット 2015-01-31 1.55.13 スクリーンショット 2015-01-31 1.58.26

△ロシアンティーに欠かせないのは、このロシア式湯沸かし器のサモワール。常にお湯が沸いているサモワールがあれば、いつでも美味しい紅茶がいただけます。上に乗せたポットには濃い目に煮出した紅茶が入っており、それを自分のカップに注いだら、あとは下の注ぎ口からのお湯でお好みの濃さに薄めて飲むことができます。ジャム入り紅茶も柑橘系フレーバー紅茶も美味しいのですが、いつでもいつまでも皆でサモワールを囲んでゆっくりおしゃべりを楽しめるスタイルこそ“ロシアンティー“です。(関連☆モスクワ通信『サモワールとプリャニキの街トゥーラ(1)ロシアのお茶文化を訪ねて』モスクワ通信『サモワールとプリャニキの町トゥーラ(2)クレムリンと街散策』

アルコールについてはまた別の機会にご紹介しますね!