【ロシア土産】ロシアの伝説の香り!朝焼けの美しい赤、ノーヴァヤ・ザリャー

2021-10-09

アルバート通りにくるといつも立ち寄ってしまう伝説の香水専門店ノーヴァヤ・ザリャー(Новая Заря  ー Nouvelle Etoile )新しい夜明け。日本ではもちろんあまり知られていませんが、ロシアの香水&化粧品ブランドといえば昔からここ。1864年にフランスの調香師ハインリッヒ・ブロカール(Генрих Брокар)によってモスクワに工場が創設されました。石鹸の生産からはじまり、70年代には急速に成長して香水やオーデコロンも人気を博しました。1917年10月革命後、それまでの”Брокар и Ко”から”Новая Заря”へブランド名を変更。ソ連時代には国内の総香料製品の6割以上をこのブランドの商品が占めていました。モスクワ市内にはもちろんロシア各地に店舗を展開しています。

IMG_1572

テーマカラーはもちろん赤!日本でも紅はおめでたい印象ですが、ロシア語の「赤い(красный)」には、美しい、輝かしいといった意味もあり、モスクワの中心「赤の広場」は「美しい広場」という意味からきているのは有名な話です。ロシアの新しい伝説となる香水、朝焼けの美しい赤・・・!

IMG_1596

△店内も赤!そして大きなバラの花などでとにかく華やかに派手にデコレーションされているこの感じ、なんともロシア人女性が好きそう。もちろん、最近は香水も化粧品も輸入された海外ブランドが増え、デパートではシンプルにセンスよく陳列されていて、おしゃれな若いロシア人女性がショッピングを楽しんでいる姿を見かけますが、このロシアならではの懐かしい雰囲気も今や逆に個性的で新しい!?

IMG_1575

△時代に合わせて化粧箱もおしゃれになり、商品展開も豊富に!

IMG_1577

 

IMG_4059

△1864年からお店の看板商品である香水「Красная москва(美しい、赤い、モスクワ)」

IMG_1579 

△ロシア正教の教会屋根のような香水瓶キャップが可愛い!

IMG_1581

IMG_1584

IMG_1585

IMG_1578

△石鹸

ほかにも、すずらんの香りのシリーズや、ライラックの香りのシリーズなど、ロシア女性を喜ばせるお花のアロマと化粧品シリーズが魅力!

IMG_1586

IMG_1588 

IMG_1589

【ロシアの音楽】ラ♪ラ♪ラ♪ ライラック満開のモスクワ

IMG_4057

 

△コロナ対策商品も!

IMG_4060

Новая заря

住所:ул. Арбат,43 最寄駅Смоленская (Филевская линия)

公式サイト:https://novzar.ru

探せ!あの名画の場所は今・・・?

旧アルバート通りを散策中、前から気になっていた古い本屋さんに立ち寄りました。

IMG_8892

IMG_8891

50年前、ブルガーコフの不朽の名作『巨匠とマルガリータ』はここで、雑誌『モスクワ』のなかで初めて出版された!

IMG_1561 IMG_1556

IMG_1551 IMG_1563 

貴重な古書や楽譜などが山のように積まれていて興味深かったのですが・・・(関連☆)

IMG_5194

△本棚の脇に貼られていたこの絵、ロシアの画家ワシーリー・ポレーノフ(Василий Поленов)の『Московский дворик』と同じ場所が、この本屋から歩いてすぐの場所にありますよ、とメモ書きが。そうです、トレチャコフ美術館を訪れた際にそのことを教えてもらい、いつか行ってみたいと思っていたのでした。さっそく地図をたよりに出発!

IMG_5209

△白いホイップクリームのような美しい教会屋根の場所を目印に歩いてみると、この辺かしら?

Moscow_Courtyard_(Polenov,_1878)_-_Google_Art_Project

IMG_5210

△見比べると時の流れを感じます。私の隣で、名画の場所を検証してい御方がもうひとり・・・と思ったら、プーシキン様でした。

IMG_5206

△こちらのプーシキン像も以前地図で見つけてからずっといつか訪れたいと思っていた場所。点と点がつながりました。

IMG_5208 IMG_5207

△プーシキンコレクションに加えなければ。(【モスクワで出逢う偉人シリーズ】国民的詩人プーシキン

IMG_5199

その時、まるで祝福のように教会の鐘が鳴り始めました。

IMG_5198 IMG_5205

IMG_5203 IMG_5202

IMG_5213 IMG_5211

IMG_5214 IMG_5215

 

IMG_1564 IMG_1567

うっとりと鐘の音を聞いていたら次の予定まで残り時間あと僅か!ほんのすこし教会の周りを歩いて、慌てて近道を通って旧アルバート通りへ戻ります。

IMG_5197

 

IMG_1568

関連☆旧アルバート通りを歩いてみよう!2020

旧アルバート通りを歩いてみよう!2020

IMG_8893

アルバート通りには、旧アルバート通りと新アルバート 通りがあります。久しぶりに旧アルバート通りを散策!クラシックな街並みと劇場や博物館、アーティストたちが暮らした部屋が点在していて、話題のレストランやちょっとひと休みにぴったりのカフェも。モスクワにスターバックスがオープンしたのもここでした。(【モスクワのカフェ】СТАРБАКС КОФЕ スターバックス コーヒー 2017)観光客に人気なので、お土産屋さんが軒を連ね、似顔絵描きや路上ミュージシャンにも出会うことができます。(☆旧アルバート通り 2017

IMG_1521

△ここは、国民的詩人プーシキンが新婚時代に暮らしていた家の博物館(モスクワ通信『プーシキンの部屋記念館』)と小説家・詩人・評論家ベールイの博物館があります。(【モスクワの博物館】アンドレイ・ベールイの家博物館

IMG_8879 IMG_8882

△ベールイ博物館横には、ベールイの名がついたレストランもあり、夏のテラスが出ていました。近くにはハードロックカフェ・モスクワも(【モスクワのレストラン】Hard Rock Cafe ハードロックカフェ・モスクワ)。

IMG_8886

IMG_8887

△ツォイの壁はいつも記念撮影をするファンの姿が。

IMG_8883

△オクジャワ像(☆【モスクワの街角】アルバート通りのオクジャワ像)

IMG_9074 IMG_9075

IMG_1527 IMG_9073

この日はちょっと雰囲気を変えて隠れ家パブUlysses Pubでランチ。オクジャワの言葉が記された淡いブルーの建物が目印です。(☆【モスクワのなかの英国】ロンドン名物の赤い電話BOXがある!チャーチル・パブとモスクワのパブ巡り) 

IMG_8895 IMG_9077

△ほかにもあちらこちらで、アーティストたちの記念碑を見ることができます。

IMG_8890 IMG_9064

△この日は、モスクワの噴水コレクションに加えるべく、ヴァフタンゴフ記念劇場の前にあるФонтан «Принцесса Турандот»トゥーランドット姫の噴水を見に来ました。(モスクワ通信『モスクワの宝石箱!夏空にきらめく噴水コレクション』

IMG_9063 IMG_9067

△Дом актёра

IMG_8884 IMG_8894

IMG_8898 IMG_8900

△訪れるたびに以前はなかった場所に観光客向けの新しいミュージアムやエンタメスポットも増えては消え・・・(ロシアならではのトリックアート!インスタ映え⁉︎イリュージョン・ミュージアムへ

IMG_8903

IMG_8911 IMG_9070

IMG_9072

IMG_1522 IMG_1523

△新しいお土産を探すのも楽しい!(☆【ロシアの流行】巨大マトリョーシカのお土産屋さん

IMG_9019 IMG_1572

△軒を連ねるたくさんのお土産屋さんの中でも、昔から変わらず私のお気に入りは・・・こちらのРусская лавицаと、刺繍製品のお店(☆【ロシア土産】旧アルバート通りの刺繍&レース屋さん)、そして老舗の香水屋さんНовая заря。(☆ロシアの伝説の香り!朝焼けの美しい赤、ノーヴァヤ・ザリャー

IMG_1534

IMG_1546

IMG_8901 IMG_8910

△昔から変わらぬ店構えのグルジア料理レストランゲナツヴァレ(Генацвале на Арбате)とロシア料理バイキングのチェーン店ムームー(【モスクワのカフェ】牛柄が目印のバイキング Кафе «МУ-МУ» ムームー)。

IMG_8907 IMG_8908

△とうもろこしの屋台も出ていました。綿飴と茹でとうもろこしはモスクワのあちらこちらの屋台で見かけます。

IMG_8892 IMG_5194

△このあと、こちらの本屋さんで面白いものを発見します!(☆探せ!あの名画の場所は今・・・?

スターリン建築のロシア外務省から(☆スターリン建築のロシア外務省と外務大臣プリマコフ像)、地下鉄のアルバート駅まで、旧アルバート通りを歩いてみました。