ロシア→英国後の隔離生活中、イワン雷帝に会う!?

2020-08-27

無事ロンドンへ到着しました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、どの国も外国人の入国に制限が設けられています。19日の時点で、英国へ入国する日本人は原則として隔離の対象ではなかったのですが、ロシアのように特に感染者の多い国から入国する場合には2週間の隔離が必要とのことで、入国早々、アパートメントホテルでの隔離生活(карантин, quarantine)が始まりました。

81c1d210-da49-4f3d-a0dc-1743e67e9738 IMG_6921

建物、街路樹、草花や鳥、通りを行き交う車・・・窓から見える景色が全く違います!なんだかロシアよりも肌寒く感じる今年のロンドンの夏。3年前の2017年5月末にモスクワへ引っ越し、アパートメントホテル生活をしていた6月も、こんなふうに何もかもが新鮮だったっけ。

IMG_6829 IMG_6978

オーブントースターではなくポップアップ式のトースターにティーポット!アパートメントホテルの備え付けの食器や電化製品にも、英国らしさを感じます。電圧やコンセントの形は、日本ともロシアとも違うのでプラグ変換グッズが必要です。

unnamed-5

ホテルのなかでまだ実感がわきませんが、ボリュームたっぷりのイングリッシュブレックファーストや濃いミルクティーと、クロテッドクリームをつけたスコーンに英国を感じます。 

IMG_7798

ロシアのお友達や日本の家族に無事の到着を知らせたり、オンラインで家探しや買い物をしたり、せっかくなので英国が舞台の映画を観てみたり・・・コロナ禍のステイホームでも隔離生活でも、相変わらずインターネットがライフラインの毎日です。『ハリーポッター』シリーズ、『パディントン』シリーズ、そして『ナイト・ミュージアム』シリーズの2には、ナポレオンとアル・カポネと共にロシアのイワン雷帝も登場!隔離が終わったらぜひロケ地なども訪れてみたいです。

関連ブログ

【モスクワで家探し】〜その1不動産屋さんの便利サイト〜

【モスクワで家探し】〜その2 内覧〜

スクリーンショット 2020-12-29 21.01.24

△隔離期間中には、息子の9歳の誕生日もお祝いしましたが、その日はちょうど新しい音楽学校のオンライン入学試験でした。グランドピアノの前に座っていた面接官の先生が、即興でハッピーバースデーを弾いてくださいました♪

英国ではロックダウン中も、健康を維持するための屋外での運動がある程度認められており、ロシアでもロックダウン中も必要最低限の買い物は認められていましたので、2週間1歩も外出できないのはなかなか大変・・・!まずは引っ越しの疲れを癒しつつ、9月からの新学期と新生活に備えてゆっくり過ごしたいと思います。

【英国のお気に入り】サッカー・カード ADRENALYN&ロシアのW杯記念アズブカ ・フクーサおまけ

2020-08-25

長いホテル隔離生活の間に、9歳のお誕生日を迎えた息子。ホテルでも楽しめるように・・・とサッカーカードをもらいました。

IMG_0633

ADRENALYN(アドレナリン)というイギリス・プレミアリーグの選手たちのカードで、アルバムにコレクションしたり、カードやオンラインゲームで理想のチームを作ったり試合を楽しんだり出来ます。

IMG_0636

ちなみに、モスクワでは、2018年にロシア初開催のFIFAワールドカップを記念して、スーパーマーケットのアズブカ ・フクーサでお買い物すると無料でもらえるカードを集めていました!ワールドカップ のスター選手たちがロシア語で表記されています。(【FIFAワールドカップ2018モスクワ】スーパーで集めるスター選手カード

unnamed

ワールドカップがきっかけでロシアでサッカーに目覚めた息子。大好きな選手がいるサッカーの本場イギリスでプレーできるのを今から楽しみにしているようです。 

関連ブログ☆【W杯2018モスクワ】〜まとめ〜

ロシアから英国へ・・・!

2020-08-19

IMG_6583

モスクワのドモジェドヴォ空港からロンドンのヒースロー空港へ向かいます。久しぶりのBritish Airwaysで久しぶりの英国へ・・・!赤、青、白の同じ3色でも違う国旗です。

関連ブログ

【モスクワの交通事情】翼をください!飛行機&空港の関連ブログまとめ 2019

【モスクワの街角】祝日の旗はどんなふうに?

IMG_6577

2020年は世界が新型コロナウイルスの脅威にさらされ、いつものようには暮らせない毎日が続きました。空港はラウンジもお店もほとんど閉まっていました。いまだに終息が見えず不安ななかでの引越しになりました。

関連ブログ

【ロシアの新型コロナウイルス対策 #モスクワ定点観測】まとめ

ありがとうロシア、また会う日まで!До свидания!日本とロシアで暮らして、“日本のなかのロシア”と“ロシアの今”をお届けしてきましたが、これからは日本でもロシアでもない新しい国から、新鮮な目でロシアを見つめていきたいなと思っています。