!島耕作社長、モスクワ出張へ!

2009-06-20

『社長 島耕作』で知られる人気漫画家
弘兼憲史氏がロシア市場視察に!

それに伴い雑誌「クーリエ・ジャポン」5月号(4月10日金曜日発売)では
島耕作社長の視点からとらえた
モスクワ&サンクトペテルブルグ特集が☆
記事の一部はこちらからお読みいただけます。

弘兼氏の取材レポは
知っているようで知らないロシア、今のモスクワを
鋭くかつ分かりやすく伝えています!
そのほかの記事も
「ロシアの億万長者ランキング」
「美しき実力派の女たち」
「ロシアのここが恐ロシア」(!)
・・・などなど興味深いものばかり!
“国際ニュースのセレクトショップ”を謳うこの雑誌では
佐藤優さんの連載「国際ニュース解説室」などもありました。

▲佐藤優さんと
島社長は現在漫画のなかでもロシア進出中!
ロシアビジネスの動きやロシアニュースを、
毎週しかも日本語で知りたいあなたには、
毎週火曜9時代の番組「ビジネス情報」もオススメです!

フレアリング☆

2009-06-19

18日モスクワには、サントリー協賛で
フレアリング世界チャンピオンの公演が行われました!

フレアリングというのは、
バーテンダーがまるでダンスしてるみたいに優雅に、
そしてボトルを投げたりする技を加えながらの、
魅せるカクテル作りだそう☆

▲こちらは今年2月にグランドファイナルが行われた
Putinka Flair Moscow というフレアリング大会で3位の
ロシア人バーテンダーАлександр Штифановのフレアリング!
日本ブームのロシアでは
サントリーのウイスキーも大人気!
18日(木)にはサントリーが協賛している
モスクワ最大のカクテルバーチェーンの経営者、
Dmitry Sokolov氏の店TEMA BARで公演でした。
モスクワのジャパンクラブ事務局の方が送ってくださった詳細(ロシア語)
Справка о Tema Bar.
Первый шоу-бар в центре столицы   это ≪Тема≫. Бар, в котором традиционную подачу коктейлей превращают в феерическое шоу. ≪Тема≫   это не просто бар, это место где после пары-тройки напитков можно переместиться на танц-пол и продолжить ночь зажигательными танцами. Здесь девушки танцуют на барных стойках, а бармены прилюдно изготавливают коктейли, превращая их обычное приготовление в захватывающее зрелище с огненными брызгами и барменскими фокусами. Поэтому в ≪Теме≫ даже такой, казалось бы, обычный коктейль, как ≪Кровавая Мери≫ приобретает особый вкус и вид.
Настоящую атмосферу веселья здесь задает публика, которая в ≪Теме≫ весьма разнообразна. За барной стойкой можно встретить вполне взрослого мужчину, а на танц-поле познакомиться с девушкой-студенткой.
Если вам захочется сменить атмосферу веселья на более спокойную обстановку, спуститесь этажом, ниже и наслаждайтесь теми же коктейлями только на мягких диванах. Двери ≪Темы≫ открыты в круглосуточном режиме.
Адрес: Потаповский пер., д. 5, стр. 2
Телефон: 624 2720
График работы   круглосуточно.

のこぎり演奏家!?ПИЛИСТ☆

2009-06-18

モスクワでは至るところで
路上ミュージシャンの姿を見かけます。

音が響く芸術的な地下鉄のホームで、
つぎつぎと人が入れ替わる地下鉄のワゴン内で、
そしてたくさんの路上で。
それぞれの音楽をそれぞれの楽器で演奏しています。
たとえば、会社の前のピャトニツカヤ通りでは
ロシア民族楽器バヤンを演奏するおばあさん。

トレチャコフ美術館前には、こんな楽器のプレーヤーも!
の・・・のこぎり!?

あたたかみがあって哀愁漂うその音色は
まるでテルミンのような不思議な音。
ぜひ聴いてみてください♪